バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
屋久島(縄文杉)へ
朝5時前に自然と目が覚めた。
朝食にお茶漬けを食べて、5時半にライダーハウスを出た。

屋久島にきたからには、まず縄文杉は見ないとね。
縄文杉の登山は往復10時間はかかるようなので、7時には登山口に行くのが掟らしい。
バイクで走って6時半ころに登山口についたら、駐車スペースは車でいっぱいで、なんとかバイクをおくスペースがあった。
バイクはぼく以外にレンタルバイクが一台だけだ。

さて、駐車場にいっぱい人はいるけど、朝食なのかみんな飯を食べている。
入り口はたしか遊歩道じゃなくて、トロッコの線路を歩くんですよね。
でも、誰も入り口に入ってかないから、入っていいのかよくわからない・・・
だって、間違っててトロッコに轢かれたら嫌じゃん・・・
んー、でも、時間がもったいないからトロッコ道に足を進めた。
ちなみに、片道10キロ程です。

線路の道は枕木と歩幅がまったく合わないので歩き辛いヽ('A`;)ノ
CIMG4086.jpg

少し歩くと前のグループに追いついてしまった。
大名行列状態だヽ(´Д`;)ノ
どうやら、ほとんどのグループはガイドつきで、道で止まっては説明をしている。
その隙にぼくは追い抜いて、どんどん進む。
ところで、このグループの最後尾のおじさんは手ぶら。
CIMG4090.jpg


ぼくもモロ私服で人のこと言えないけど、自分の昼飯ぐらい持とうよ・・・
そう、やっぱりほとんどの人は登山の格好しています。
ぼくみたいにジーパンに革靴、ショルダーバックなんて、山をなめてるのかよって・・・
結婚式に私服できたって感じ・・・

そして線路の道は長々と続く・・・
ここなら好きなだけスタンドバイミーができます・・・
線路道だけあって、坂もずっと緩やかでぜんぜん楽勝(・∀・)

ところで、屋久島の森の特徴は太い杉があるのと、その太い杉が倒れた切り株にさらに木が生えるところだ。
CIMG4109.jpg


木の上に木が伸びて、すごい(´∀`)
普通の長さの杉がスラっと伸びてるところは樹海と同じような感じ。
屋久島も木々に囲まれて、昼でも薄暗いけど、樹海のように怖くはない。
やっぱりイメージと人がたくさんいるからかな(´ヘ`?)
まあ、樹海はほんとに居るからね・・・

途中に小学校跡がある。
CIMG4153.jpg


こんなトロッコの線路しかつながってないとこに集落があったらしいΣ(゚Д゚;)
なにやら林業のために集落を作ったらしい。
鉱山集落ならよく知ってるけど、林業で集落作るとは初耳だ!
残念ながら、建物はなにもなくて、コンクリートの土台だけ何かありました。

そして線路道を歩くこと2時間、8kmぐらいで線路道は終点で、ここからが本当の登山。
岩道あり。
CIMG4113.jpg


根っこ道あり。
CIMG4115.jpg


ここから登りになってて執念場だ(・∀・)
さすがに階段の長いところは息は切れるけど、グロッキーまではいきません。
坂もあるけど、少し降りたり、平地もまだ多いので、思ったより楽だ。
これに比べたら、お遍路で登った山のほうが大変だったさ。

少ししてウィルソン切り株という、縄文杉に次ぐ観光ポイントがある。
これは一番古い切り株で、中に人がたくさん入れるぐらいでかい。
中から見上げた画像。
CIMG4136.jpg

写真じゃ伝えられないけど、ここの中は神秘的だった(´ー`)
でも、周りに観光客はいっぱい。

そしてさらにゼーゼーと道を進むこと2時間。
CIMG4124.jpg

とうとう縄文杉についたー。
人いっぱいいるんだろうなー、と思ってたら、誰もいない(・∀・)
どうやらぼくは抜いて抜いて抜きまくって、観光軍団を全部抜き去ったようだ(≧∀≦)
ソロ登山家はまったくみなくて、しかもほとんどがガイドつきのグループだった。
道も迷うはずもないとこなのに、なんでそんなにガイドが流行ってるんだ・・・?
ま、他の人が来るまで5分ぐらい縄文杉を一人締めしました。
丈々しく、荒々しく、そびえ立つ縄文杉。
ここまで他にも太い木はあったけど、縄文杉はケタが違う。
太いというかなんか筋肉モリモリな感じ。
でも、ぼくは意外にもウィルソン切り株の中のほうがよかったかな。

そしてもうちょっと先の山小屋まで行って、昼飯におにぎりを頬張って、本と読みながら休憩。

さあ、元来た道を戻ろう。
下りだから楽だろうと思ったけど、やっぱり長い・・・
おっ、野鹿ちゃんが近づいてくる(・∀・)
CIMG4146.jpg

ここまで野鹿は何匹か見たけど、近づこうとするとすぐに白いおしりをフリフリして逃げていく。
しかし、こいつは木の上にいるサルが落とした実を食べに近づいてくる。
ここが限界の近さだった。
野鹿ちゃんかわいい(*´Д`*)

あと、やっぱり森に蛇がいた・・・Σ(゚Д゚;)
危うく踏みそうになってびびった・・・

もうちょっとでゴールだーって辺りで、後ろから足音が近づいてきた。
まさか獣!って思ったけど、ソロ登山家だった!
ぼくよりもハイペースとは、さてはかなりの手馴れだな(・∀・)
ぼくは車も歩きも煽られるのは嫌いなので道をゆずった。
グングン離されていったけど、その手馴れのおじさんは橋で写真を撮っていたので追いついた。
話してみるとやっぱりよく来てるみたいで、今日は他の登山口にレンタカーできて、こっちからタクシーで戻るみたい。
そっか、それなら元来た道に戻らなくてもいいんだなー。

そしてゴール(≧∀≦)
往復、休憩込みで8時間かかりました。
でも、平地も多くて楽だったので、ちょっと物足りなかった・・・

バイクで帰る途中に、道端でサルがたくさん毛繕いをしているΣ(゚Д゚;)
しかも近寄っても逃げない。
CIMG4165.jpg

君はなんて目でこっちを見てるんだ!
でも、サルはあまりかわいくないな・・・

スーパーで買いだししてライダーハウスに戻った。

明日はもっときつい山に登ろうかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わ~懐かしいなぁ♪縄文杉までの道、マイナスイオン出まくりでか、髪がちょ~サラサラにならなかった?私はかなりサラサラになって、ある意味縄文杉を見た時より感動した!(笑)
ライダーハウス泊まってるなら、太忠岳ってのを教えてもらっては?結構面白かったよ♪伝説の巨石がある山なの。
太忠岳行った後に、太鼓岩(もののけの森のさらに上)行くと、そこから太忠岳が見えて、またさらに景色を楽しめたよ♪
2007/06/09(土) 22:18:22 | URL | ちはる #-[ 編集]
おお!これが縄文杉ですか!
そうそう実はウィルソン株もとても気になっているのです。
神秘的だなあ~もののけ姫の「こだま」達が出てきそう。
そしてこんなにも野生動物が近くにいても逃げないってとこにも感動を覚えます。
ヘビは怖いけど~(u_u;
2007/06/10(日) 00:00:41 | URL | バッシー #-[ 編集]
・ちはるさん
そうそう!なぜかサラサラヘアーいになりました(´ー`)あれは屋久島の魔力ですか!?太忠岳に太鼓岩、どっちに行こうか迷ってます(´~`)

・バッシーさん
ウィルソン切り株はよかったですよ。ライダーハウスのおねえさん曰く、縄文杉はとりあえず押さえておいて、もっといい場所はたくさんあるらしいですが。通称もののけの森も他のコースにあるんで、きっとそっちにコダマもいますよー(´∀`)
2007/06/10(日) 05:56:00 | URL | ばんそう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。