バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道(佐呂間)へ
まだまだ朝の日差しでテントの中は暑くなる季節。
IMG_9885.jpg

もう7時でテントに中に入ってられなくなるので、たまらず撤収作業。
昨日から一緒にキャンプしてる大柄なF君は、またぼくと同じキャンプ場に行く予定のようなので、またキャンプ場で~とお別れ(^ー^)ノ

まずは目をつけていた網走の水産系のドライブインへ。
去年も、おおっ、と思ったけど、時間がなくて断念してたんですよね。
到着したら、駐車場のスペースで地元の人たちが昆布作業をしているΣ(゚Д゚;)
これでは厳しいかなと思ったけど、裏側に活路があった(´∀`)
ここは外観がラブホのような悪趣味で目につく。
IMG_9906.jpg

んんっ、よく見るとこれは男の顔?

中は普通です。
水産系らしく、いけすがありました。
IMG_9904.jpg


そして、天保山に行った。
ここには博物館がいくつか密集してます。
北方民族博物館へ。400円。
ここはアイヌを始め、エスキモーや世界の北国で暮らす民族の資料がたくさんあります。
IMG_9911.jpg

昔の人は、限りある資源を最大限に生かして生活してたんだなー(´ー`)
アザラシの腸で防水着を作ってたなんて・・・Σ(゚Д゚;)

次はオホーツク流氷館へ。
520円
ここはオホーツク海に流れてくる流氷についての施設・・・
というか、冬のオホーツクの施設とかかな。
これはマイナス12°ぐらいを体験できる部屋で、濡れたタオルをグルグル回すと剣になりました(・∀・)
IMG_9913.jpg

あと、水槽に幻想的なクリオネがいる。
なんとクリオネはエサを食べるとき、頭がパックリ二つに割れて、触手を伸ばして、頭でエサを食べるんだってΣ(゚Д゚;)
その映像もあったけど、すごかった・・・
寄生獣かよっ(@×@;)

網走監獄博物館へ。
1050円。
ここは人気の観光地。
昔あった網走監獄を、ここに移設、改築して観光用にしたらしい。
施設は当時の刑務所と同じように敷地も広くて一時間ぐらいかかる。

(´ヘ`)あなた、なんてことしてしまったの
(ノд`)おまえ、つい頭に血が上って・・・すまない・・・
IMG_9916.jpg


いろいろ監獄の資料がたくさんある。
そして一番の見どころはやっぱり牢屋ですかねー。
IMG_9922.jpg

長崎では本物の刑務所の廃墟を見てきたけど、ここも同じ5本の廊下が放射状に伸びた作り。
うーむ、こんなとこに人が満員だったのかー。
1050円と高い入場料だけど、それだけの規模はある季節っすね。

やっと網走を後にして佐呂間のほうへ。
佐呂間はホタテが有名なので昼飯にはホタテが食いたいなと(´ー`)
地図の載ってる道のレストランは、国道沿いにあるかと思ってたけど、見つからない。
まあ、この先の道の駅でもホタテ定食があるらしいので楽しみにして、腹減っても我慢して道の駅についたら、
道の駅が定休日Σ(゚Д゚;)
道の駅が休みなんてありかよっ!
もう3時で腹減ったよー。
さらに先の道の駅の温泉に行く予定だったので、そこで昼飯食べるとこあるだろうと思ったけど、無かった(ノд`)
そこまで行く道にもロクに食べるところなかったし・・・
しょうがないからセイコーマートの弁当になりました・・・

セイコーマートにいたら、隣で一緒にキャンプしていたF君がいた(・∀・)
F君は飯を買ってキャンプ場に戻るようだけど、水産屋でホタテを買って帰るようなので、ぼくのもお願いした。

そしてぼくはかみゆうべつ温泉チューリップの湯でマッタリして、サロマ湖にあるキムアネップ岬キャンプ場へ行った。
ちょうどキャンプ場についたとき、日が落ちてきたけど、あまり赤くならなくて残念。

そして今日もF君と一緒に夕飯を作った。
ぼくは鮭を、F君はホタテとサンマを持ち寄った。
鮭は焼いて、鮭ご飯に。
サンマはフライパンで焼いて、油たっぷり。
ホタテは直火で殻を蒸す。
IMG_9930.jpg

いやー、どれもすごいうまい(≧∀≦)
ホタテなんて一個100円だしね!
ホタテってこんなうまかったんだ。

と二人でうまいうまい飯を食べてたら、近くにいた方たちに、
食べ物余ってるから、こっちに来ないかい?
と声をかけてくれたので、余ってるホタテを土産に4人の輪に加わりました(´ー`)
そっちではジンギスカンをご馳走になって、焚火を見ながら、夜を過ごすのでした。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。