バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
礼文島速報
20070831101103
愛とロマンの8時間コース中
スポンサーサイト
北海道(稚内)へ
まはなす交流広場のキャンプ場は、人は少なめで静かでよかった。
IMG_9953.jpg

S君とは逆方面なので、出口まで一緒に走って、右と左に曲がってお互いの旅路へ向かった。
さらば(`・ω・´)ノ

今日は稚内までの予定なので150km程で余裕だ。
クッチャロ湖に寄った。
IMG_9958.jpg

ここは秋と春に白鳥が大勢渡って来るらしい(´ー`)
無料の観察センターの資料を見た。
流氷といい白鳥といい、秋冬の北海道も来てみたいなー。

道の駅さるふつ公園に寄って、銭湯に入った。
そしてレストランで昼飯。
ここもまだホタテの産地のようで、ホタテ丼があったので食べた。
img112_m.jpg

三日連続でホタテ(´∀`)
ホタテ人間になりそうだ。

ここから北へ行くのに、国道沿いじゃなくて裏ルートがいいとS君に聞いていたので、そっちに行った。
車通りの少ない眺めのよい牧草地の道。
IMG_9962.jpg

あんまり車がいないから、バイクを真ん中にとめて撮っちゃったよ(´ー`)

そして宗谷岬に到着。
IMG_9968.jpg

最北端記念碑の前ではひっきりなしに、観光客が記念撮影していて撮影できない・・・
展望台の上からサハリンの島影も見えた(`・ω・´)

丘にバイクで登ってウインドファームへ行こうとした。
そしたら途中にトーチカ発見(・∀・)
IMG_9975.jpg

ここの北の地でも終戦真近に戦闘があったみたいで、慰霊碑もある。
こっちまでアメリカの手が伸びてたのは知らなかったな~。
牧場を横切って、牛さんに睨まれながら近づいてみた。
中は二階建てのようだ。
IMG_9980.jpg

ここからなら戦闘機が来たって大丈夫そうだけど、そんなことないよね・・・

ここには57基も風力発電がある(・∀・)
IMG_9991.jpg

風力発電はいろいろ見てきたけど、ここまで多いと圧巻だ。
そして、名無き道を進んでいると、砂利道にでたヽ(´Д`;)ノ
でも、敷き締まったダートだったので、走ってみた。
最近ダートも慣れてきた(´ー`)
もうちょっとで国道じゃないかってところで、下りで深砂利はつらかった・・・
でも、対岸に利尻富士が見えて景色はいい(・∀・)
IMG_9993.jpg

ダートって景色も普段より良く見えるもんだよね~

そして100均やスーパーに寄って稚内森林公園の無料キャンプ場へ。
けっこうライダーがいます。
でも、けっこう広めであまり人の来ないところにテント張ったから交流なしだ(´ー`)
ひさびさに一人でまったりとキャンプを過ごしました。
夜はこのキャンプ場から稚内の夜景と月が見えてキレイっす(`・ω・´)

明日は噂の桃岩荘へ・・・
怖いもの見たさだけど、正直気が思い・・・(´ー`;)
北海道(枝幸)へ
キムアネップは夕日も朝日も見えるキャンプ場だけど、朝起きられず朝日は見れなかった・・・
IMG_9935.jpg

そしてこのキャンプ場には日中に開く休憩所があって、そこには電源も電波もあったから、ブログの更新作業して、9時過ぎにやっとキャンプ場を出た。
三日同じキャンプ場だったF君とは、ここから逆方向のようなので、きっと最後のお別れ(^ー^)ノさらば

キャンプ場を出てサロマ湖の展望台へ向かった。
行くまでダートは数キロ走るけど、昨日聞いた話しだと、オンロードでもぜんぜん大丈夫らしい。
敷き締められたダートでたしかにオンロードでも大丈夫だ!
ダートを走ること5kmほど、展望台に到着。
IMG_9936.jpg

サロマ湖を一望するスポットなのです(´ー`)

そして昨日食いはぐれたホタテの昼飯を今日こそ食べようと道の駅に行ったら今日も休業Σ(゚Д゚;)
なんで今日もやってないんだよーヽ(´Д`;)ノ
クソクソ、愛ランド湧別め。

そして稚内を目指して北上。
紋別に寄った。
高さ7mのカニの手Σ(゚Д゚;)
IMG_9938.jpg

それだけっ。

そろそろ昼飯を食べたいんだけど、道の駅とか施設にロクに店がなかったりやってなかったり・・・
ここら辺は夏場はシーズンオフなのか?
流氷の時期が観光シーズンなのかなー。
途中に大きめなそば屋があったので、そこで昼飯。
そば屋なので丼ものやラーメンも充実している・・・
おおっ、ホタテカレーなるものがあったから、憧れのホタテにした。
ホタテというか貝柱だったけど・・・うまかった(´ー`)

さらに北上すると、地図に北隆鉱山跡ってのが載ってる('-'*)
その道はダートのようだけど、走りやすいダートと書いてるので、これは言って確かめてみないと!
と、またまたダートに突入ヽ(´Д`)ノ
たまに深砂利があるけど、なんとか走れる。
しかし、走っても北隆鉱山跡の看板があるだけで、建物の残骸もキレイさっぱり無い。
IMG_9942.jpg

墓地さえも、キレイさっぱり緑に帰したらしい。
道も少し荒れてきて、もう限界だと思い引き返した・・・
IMG_9943.jpg

というか、人っ子一人いない北海道の林道は、熊がでないかドキドキだ・・・

おおっと、林道を出たらもう四時だ!
30kmほど先のキャンプ場まで急いだ。
はまなす交流広場の無料キャンプ場に到着。
ここはAC電源もあって、まさにオートキャンプなのに無料(´∀`)
後から来たライダーがぼくに、ここって有料ですか?って聞くぐらい、整備されたキャンプ場。
でも、今年から電源は廃止したらしい・・・

ここはキャンピングカー数台と、若者グループのライダーしかきてないので、今日はひさびさに一人でまったりキャンプかなーと思ってたら、ぼくの隣に一人ライダーが来た。
ぼくと歳が近くて、モンキーで日本一周しているS君。
あんまりぼくぐらいの年齢の長期ライダーって見かけないので、歳が近いのはお互い珍しい(´ー`)
だいたい学生か人生一段落って人が多くて、バリバリ働き盛りの20代後半っていないんですよね・・・(´・ω・`;)
お互いの旅の話で夜は更けていく。
しかも、ぼくが沖縄で会ったライダーも、S君は四国であったらしい。
知り合いの知り合いだった(´ー`)

そうそう、今日は皆既月食らしい。
てっきり月が真っ黒で見えなくなると思ってて、二人で変だな~って話してた。
IMG_9950.jpg

そしたら次の日の新聞を読んだら、月が赤くなるだけだったんだΣ(゚Д゚;)
ってことで、写真の右の光が月食だったらしい。
北海道(佐呂間)へ
まだまだ朝の日差しでテントの中は暑くなる季節。
IMG_9885.jpg

もう7時でテントに中に入ってられなくなるので、たまらず撤収作業。
昨日から一緒にキャンプしてる大柄なF君は、またぼくと同じキャンプ場に行く予定のようなので、またキャンプ場で~とお別れ(^ー^)ノ

まずは目をつけていた網走の水産系のドライブインへ。
去年も、おおっ、と思ったけど、時間がなくて断念してたんですよね。
到着したら、駐車場のスペースで地元の人たちが昆布作業をしているΣ(゚Д゚;)
これでは厳しいかなと思ったけど、裏側に活路があった(´∀`)
ここは外観がラブホのような悪趣味で目につく。
IMG_9906.jpg

んんっ、よく見るとこれは男の顔?

中は普通です。
水産系らしく、いけすがありました。
IMG_9904.jpg


そして、天保山に行った。
ここには博物館がいくつか密集してます。
北方民族博物館へ。400円。
ここはアイヌを始め、エスキモーや世界の北国で暮らす民族の資料がたくさんあります。
IMG_9911.jpg

昔の人は、限りある資源を最大限に生かして生活してたんだなー(´ー`)
アザラシの腸で防水着を作ってたなんて・・・Σ(゚Д゚;)

次はオホーツク流氷館へ。
520円
ここはオホーツク海に流れてくる流氷についての施設・・・
というか、冬のオホーツクの施設とかかな。
これはマイナス12°ぐらいを体験できる部屋で、濡れたタオルをグルグル回すと剣になりました(・∀・)
IMG_9913.jpg

あと、水槽に幻想的なクリオネがいる。
なんとクリオネはエサを食べるとき、頭がパックリ二つに割れて、触手を伸ばして、頭でエサを食べるんだってΣ(゚Д゚;)
その映像もあったけど、すごかった・・・
寄生獣かよっ(@×@;)

網走監獄博物館へ。
1050円。
ここは人気の観光地。
昔あった網走監獄を、ここに移設、改築して観光用にしたらしい。
施設は当時の刑務所と同じように敷地も広くて一時間ぐらいかかる。

(´ヘ`)あなた、なんてことしてしまったの
(ノд`)おまえ、つい頭に血が上って・・・すまない・・・
IMG_9916.jpg


いろいろ監獄の資料がたくさんある。
そして一番の見どころはやっぱり牢屋ですかねー。
IMG_9922.jpg

長崎では本物の刑務所の廃墟を見てきたけど、ここも同じ5本の廊下が放射状に伸びた作り。
うーむ、こんなとこに人が満員だったのかー。
1050円と高い入場料だけど、それだけの規模はある季節っすね。

やっと網走を後にして佐呂間のほうへ。
佐呂間はホタテが有名なので昼飯にはホタテが食いたいなと(´ー`)
地図の載ってる道のレストランは、国道沿いにあるかと思ってたけど、見つからない。
まあ、この先の道の駅でもホタテ定食があるらしいので楽しみにして、腹減っても我慢して道の駅についたら、
道の駅が定休日Σ(゚Д゚;)
道の駅が休みなんてありかよっ!
もう3時で腹減ったよー。
さらに先の道の駅の温泉に行く予定だったので、そこで昼飯食べるとこあるだろうと思ったけど、無かった(ノд`)
そこまで行く道にもロクに食べるところなかったし・・・
しょうがないからセイコーマートの弁当になりました・・・

セイコーマートにいたら、隣で一緒にキャンプしていたF君がいた(・∀・)
F君は飯を買ってキャンプ場に戻るようだけど、水産屋でホタテを買って帰るようなので、ぼくのもお願いした。

そしてぼくはかみゆうべつ温泉チューリップの湯でマッタリして、サロマ湖にあるキムアネップ岬キャンプ場へ行った。
ちょうどキャンプ場についたとき、日が落ちてきたけど、あまり赤くならなくて残念。

そして今日もF君と一緒に夕飯を作った。
ぼくは鮭を、F君はホタテとサンマを持ち寄った。
鮭は焼いて、鮭ご飯に。
サンマはフライパンで焼いて、油たっぷり。
ホタテは直火で殻を蒸す。
IMG_9930.jpg

いやー、どれもすごいうまい(≧∀≦)
ホタテなんて一個100円だしね!
ホタテってこんなうまかったんだ。

と二人でうまいうまい飯を食べてたら、近くにいた方たちに、
食べ物余ってるから、こっちに来ないかい?
と声をかけてくれたので、余ってるホタテを土産に4人の輪に加わりました(´ー`)
そっちではジンギスカンをご馳走になって、焚火を見ながら、夜を過ごすのでした。
北海道(網走)へ
そうそう、昨日の開陽台の夜は雲で星は見えなかった。
一昨日の夜は雲一つなく天気がよかったんだけど、月が明るすぎて、満点の星ではなかった。
それでも330°の空の眺めはプラネタニュウムみたいだった(≧∀≦)

キャンプの夜は寒いけど、それでも朝の日差しが出ると暑い(´ヘ`;)
ダラダラ撤収作業して、昨日の仲間に挨拶して、キャンプ場を出発。

オホーツク側の海沿いの道にでて知床を目指した。
海岸線にでると風が冷たい。
革ジャンだけでは寒いので、やっぱり長袖も着ようと止まったら、たまたまドライブイン系の廃墟があった。
比較的新しい設備だったので、まだ味はでていない。
屋上はカモメの楽園になっていた(´ー`)
IMG_9836.jpg


羅臼まで到着。
このまえホクレンで募金してゲットした右手のグローブの反対側はこっちのホクレンにある。
がっ、もうLLサイズしかないんだって・・・
右手がLで左手がLLになってしまった・・・
ところで、バイク乗りにおなじみのフラッグは、ぼくはまだ一枚も取ってない。
たまにホクレンに行っても、すでに品切れだったり。
今年でフラッグが終了するって噂は本当なのかな。

羅臼の行き止まりにある相泊の無料露天風呂へ。
入ろうとしたら、すでに来ている人もまだ入れないぐらいの熱湯で・・・Σ(゚Д゚;)
足入れて5秒が限界。
まさに天然の熱湯コマーシャル((;゚Д゚))
蛇口から水をずっと入れて、みんな冷たくなるのを待ってるみたい。
ぼくはあまり時間に余裕がないので、お先に失礼した。

知床の途中にある、こっちも無料露天風呂の熊の湯に行った。
こっちもけっこう熱めヽ('A`;)ノ
サウナを我慢するように1分がんばった(´ヘ`)
img110.jpg

それでも体はすっきり気持ちいい。
ちなみに、体は無料風呂には入ってるものの、頭はもう三日ぐらい洗っていない・・・
明日はちゃんとした銭湯に行こう(´ー`)

知床峠。
IMG_9847.jpg

羅臼岳を望む(´∀`)
知床は去年も来たんだけど、峠は曇ってて見えなかった。
今年は峠も天気がよくて、見渡せたんだけど、それほどすごい眺めかな・・・
知床は世界遺産の大自然が売りだけど、峠からの眺めだけじゃ、ぜんぜん知床の良さわからないと思うが・・・
それでも観光客とかはすごいすごい連呼している・・・
まあ、ぼくは感情が薄い人間ですから・・・
昨日見たトドワラ、摩周湖、硫黄山は、ほんとによかったっすよ(´∀`)

知床五湖へ。
お盆が過ぎても駐車場は車の待ち行列で観光客いっぱいだ。
湖は景色が映りこんでキレイだ。
IMG_9858.jpg

五湖まで歩いた(`・ω・´)
まあ、五湖まで見たところで、違いはないんだけどね・・・
IMG_9862.jpg


知床の道路を通ってると野生の鹿が道路の脇にいた(・∀・)
IMG_9868.jpg

屋久島の鹿は一目散に逃げたけど、知床の鹿は逃げないな~。

ウトロ。
この前教えてもらったゴジラ岩。
IMG_9870.jpg

アレな名前につけられなくてよかったね・・・(´ー`)

ウトロ漁港婦人部食堂という有名なところで昼飯を食べた。
サケ親子丼1600円
IMG_9873.jpg

この旅始まって以来の、大奮発(*´Д`*)
うまい~・・・たぶん・・・
グルメじゃないぼくは、スーパーの寿司のいくらとの違いがたいしてわからない(ノд`)

そして網走まで走って、網走湖にある呼人浦キャンプ場へ。
ここは人気の無料キャンプ場。
夕日は雲で見えなかったけど、空がピンクになってとてもキレイだった(´∀`)
IMG_9884.jpg

しかし、聞いた通り蚊が多い・・・
というか、ぼくはそんな蚊が多いところで去年はテントなしで寝てたんだな・・・(´~`)

キャンプ場には、昨日のキャンプ場で一緒に夕飯を食べた一人が来ていた(・∀・)
大柄な若者である。
彼はとても料理が得意のようで、鶏肉をさばいて味付けしたのを分けてもらった(´∀`)
二人で夕飯を食べながら、旅を語って夜は更けていった。
北海道(中標津)滞在
開陽台は朝から天気がよかった。
IMG_9774.jpg

日の出の時間には起きれませんでしたが・・・
今日は開陽台を連泊して、近くを周ろうと思います。

まずは昨日見れなかった野付半島へ。
8時ころについたら、誰もいないし、霧がかってる・・・
でも、霧のほうがトドワラは雰囲気でるかな(´ー`)
遊歩道を歩くこと30分、トドワラの地域へ。
IMG_9791.jpg

ここは昔、木が生えてたけど、浜が侵食されて枯れてしまったらしい。
とても幻想的な世界。
日本にこんなところがあったとは(・∀・)
IMG_9789.jpg

とても雰囲気のあるところだ。
20XX年の地球か(゚Д゚;)

そして中標津の街中を抜けて、摩周湖へ。
それにしても今日はとてもいい天気。
空ってこんなにキレイだったっけ(≧∀≦?)
IMG_9802.jpg

地球は青かった。

摩周湖の第一展望台の駐車台は有料なので第三展望台へ。
IMG_9808.jpg

湖ってこんな青いもんだっけ(´∀`)
いままで湖はいろいろみたけど、ここはとてもきれいな青だった。

摩周湖の山を降りて、硫黄山。
おおっと、ここの駐車代と摩周湖の駐車代はセットのようで、摩周湖の有料駐車場も行けばよかった・・・
硫黄山。ここも、すごい(≧∀≦)
IMG_9809.jpg

この荒れ果てた大地は、まるで戦場のようだ。
硫黄の温泉街とかはいろいろ見てきたけど、ここの広大な大地はすごい!
煙がブシューッと吹き出てるところも真近で見えるし。

弟子屈湖へ。
砂湯というのがあって、砂地からお湯が沸くみたい。
IMG_9815.jpg

入ってみたけど、たしかにお湯が出るんだけど、すぐ泥で足が汚れるので気持ちいいもんではないな・・・
おもしろいけど・・・

コタンの無料露天風呂に入ろうと思ったら、水着で入ってる人多い・・・ヽ(´Д`;)ノ
カップルなのか女の子もいるし・・・
そんなところにタオル一枚で入ってけない・・・
温泉に水着で入るなネタで昨日の夜のも盛り上がってたよな・・・

和琴にはもう一つ、無料露天風呂があって、そっちに行ってみた。
和琴半島にある、和琴の湯。
こっちは今ハ人がいない!チャンス(・∀・)
とタオル一枚で入ってたら、湖で遊んでた子供たちが水着のまま温泉で遊びだした・・・
IMG_9817.jpg

しかも、近くでママさんたちが様子みてるし・・・
この温泉すごい熱いし・・・
あー、でも昨日風呂入ってないし、やっぱり露天は気持ちいいね(・∀・)

そしてキャンプ場に戻った。
昨日一緒に呑んで、連泊する一人が今日は焚火台を出すから肉とか買ってきてくれということで、
スーパーで肉を買って帰った。
キャンプ場に6時頃着いたら、昨日よりたくさん人が来てるΣ(゚Д゚;)
しかも、新しく来た人たちは、すでに仲良くなってグループになってる・・・
しかも、焚火台を出すって言った彼がまだ帰ってきてないじゃん・・・
どうすんだよ、飯・・・(@×@;)
肉800gもあるから一人じゃ多いし・・・
もう7時過ぎで暗くなってきた・・・
ぼくのテントの後ろの人は、まだ一人っぽいから、声かけて一緒に肉食べることにしました(´∀`)
そして、8時頃になってやっと一緒に連泊してる彼が戻ってきた。
さらに隣にテントを張っていた地元人も加わって、4人で食べて呑んだのでした(´ー`)
IMG_9826.jpg

それにしても、バイクで焚火台やらタープやらかなり装備が充実してる彼なのである。
夜が更けると、やっぱり今日もガクブルで寒かった・・・
北海道(根室)ヘ
霧多布キャンプ場は朝から天気は最高でテントの中も暑い。
キャンプ場からの眺めも最高だし、無料キャンプとは思えない。
いつものように撤収して、霧多布の岬を見に行った。
IMG_9723.jpg

正直、岬って何度も見たから、飽きてきてますが・・・
でも、景色はいいね(´ー`)

近くになぎさドライブウェイという海岸の道がある。
砂地が固くて、車で走ってもいいみたい。
おおう、ダートのちょっと深砂利みたいだけど、十分走れる。

旅人よ、後ろには、出来たばかりの道がある♪
IMG_9742.jpg

 旅人 by ブルーハーツ

この曲が、ぼくの旅のテーマソングである(`・ω・´)

一路、根室方面へ。
相変わらず海岸近くの道で、車通りは少なくて気持ちいい!

根室岬に到着。
ここは本土最東端(`・ω・´)
ここには北方領土の資料館があって、返せ北方領土と洗脳する資料やら絵本やらいっぱい。
街中には看板たくさんあるし。
IMG_9749.jpg

かわいいアザラシを利用しちゃって・・・
ぼくは詳しいことはわからないけど、たしかに土地を奪われた住民はかわいそうだけど、
それをロシアのせいにするんじゃなくて、日本政府のせいじゃないの?
戦争して負けたのが、そもそものきっかけなんだし。
それに戦争当初は、日本の領土拡大して、日本中が沸いてたくせに・・・

これは、そんな北方領土のモニュメントらしい。
IMG_9747.jpg

うーん、芸術・・・?

根室の街に戻って昼飯。
ここにはエロスカップ・・・じゃなくてエスカロップという名物があるみたい。
バラーライスにトンカツ、デミグラスソースがかけてるみたい。
街中のレストランならどこでもあるって地図に書いてるけど、レストランぜんぜん見つからない・・・
しょうがないからスーパーの弁当のエスカロップで我慢した。
img106_m.jpg

しかし、そこのスーパーは電子レンジなくて冷えた弁当を食べるハメに・・・
味は、悪くはないっすね・・・

海沿いに北に進んで、野付半島へ。
ここにはトドワラという木が侵食された場所があるらしい。
ぼくも昨日地図を見て初めて知って、とても興味がでた(*´Д`*)
駐車場についたけど、遊歩道の散策に1時間ほどかかるらしい。
んー、キャンプ場に行くのが遅くなるから、また明日来ることにした。

野付半島を出て走ってたら、緑の生い茂った倉庫を発見(・∀・)
IMG_9757.jpg

ここもトドワラのように侵食された場所なのか!
IMG_9764.jpg

なかなかすごい廃壊具合でグッド(´∀`)

そして開陽台のキャンプ場に行った。
ここは北海道のライダーの聖地らしい。
開陽台についたけど、キャンプ場がよくわからない?(゚Д゚≡゚Д゚)?
IMG_9772.jpg

展望台の眺めはすばらしい。
近くのライダーにキャンプ場のことを聞いたら、横にある細い砂利道を上っていくらしい。
有名キャンプ場だけど、こんなアクセス悪いのか・・・
深砂利をフラフラしながら上ってキャンプサイトに到着。
そしたら連泊の一人が、こっちの砂利道じゃなくて、ほんとうはもっと細い道からこないとダメということを教えてくれた。
とりあえず荷物だけおろして、バイクは下の駐車場に移動した(´・ω・`)
というか、連泊組が4人ぐらい固まってるんだけど、なんか悪ノリみたいな雰囲気がな・・・
一人が亀田兄弟のようにこっちをにらんでるように見てたような気がするし(ノд`)
あー、ここも閉鎖的な日本の空間か・・・

テントを張ってたら、少しづつ新規のライダーがテント張りだして、そのうちのよくしゃべるおじさんライダーがみんなで呑もうとまとめてくれた(´∀`)
新規4人で酒の席を設け、夜呑みました。
おじさんライダーは、経験豊富でオーストラリアをバイクで周った話しとかおもしろかった。
高台の場所なんで夜はすごく冷えてガクブルでしたが((;゚Д゚))

北海道(釧路)へ
一緒にキャンプしたA君とは逆方向なので、キャンプ場でお別れ。
IMG_9655.jpg

日本一周中また会えるかな(^ー^)ノ

ところでキャンプ場にはカップルライダーが3組と多かったんだけど、紫のテントって初めてみた・・・Σ(゚Д゚;)
カップルで毎日紫のテントって、ムラムラしそうだ・・・(´ー`;)

キャンプ場は出発し、ぼくは一路釧路方面へ~
山を抜ける牧草の道。
北海道はどこを走っても気持ちいい(・∀・)

釧路近くの雄別へ。
ここにも昔、鉱山街があって、いまではその残骸がかすかに残ってます。
かの有名な廃墟本、廃墟の歩き方にも載ってるので、みんなも手元にある本を開いてみよう(・∀・)
実は去年も探しにきたんだけど、運悪く雨であまり探せなかったんですよね。
おっ、あった!これがガソリンスタンド跡か!
IMG_9666.jpg

ここの道は去年も通ったけど、見逃してたみたい・・・
さらに進むと診療所後も発見(・∀・)
IMG_9667.jpg

なんとも破壊された入り口が不気味だΣ(゚Д゚;)
中も破壊と落書きで埋め尽くされ不気味っす。
ここは受付だったのかなー。
IMG_9669.jpg

お願いしまーす(´∀`)つ

あ、こんなとこにモナーが(´∀`)
IMG_9673.jpg


さらに道を進んで煙突。
IMG_9687.jpg

これは去年も見た。
てか、ここのわき道に車をとめてくつろいでる人がいて・・・

この先の奥にも何かないかなーと進んだけどなかった。
なんだ、去年きたときはガソリンスタンド跡も診療所跡も見逃してただけか・・・
リベンジは果たせてスッキリ。

釧路湿原に寄った。
2.5kmの遊歩道を歩いて、展望台へ。
IMG_9700.jpg

見晴らしはとてもいい(・∀・)
けど、想像する湿原って湿ってそうな感じだったけど、見た感じ単なる草原って感じだ・・・

釧路の街は華麗にスルーして、厚岸へ。
海沿いの道を選んだら、高台から海を望める道で、ここもいい(・∀・)
厚岸の駅前の浜のれんという定食屋のカキ丼を食べた。
ここら辺はカキが有名なのかな。
プリプリしたカキが、すげーうまいっす(´∀`)
img105_m.jpg

3時まで昼飯を我慢した甲斐があった。

またまた海岸線の道を走った。
琵琶瀬展望台より。
IMG_9705.jpg

展望もいいけど、エストもかっこいいぜ(^ー^)ノ

霧多布岬へ。
海に囲まれた高台で、馬がいてかもめが飛んでいて風力発電の風車があって、
なんか与那国島みたいだなーと思った(´ー`)
IMG_9717.jpg


そんで霧多布岬にあるキャンプ場に到着。
ここは見晴らしもいいし、とてもきれいなサイト。
ライダーがけっこう多いな(´~`)
テントを張るときペグを刺すと、ズズズッとサクッとしていてそれでいてシックリくる感触に感動した(・∀・)
こんな良好な地面初めてだ!

近くに銭湯があるので、ひとっ風呂浴びてきた。
ライダー多いけど、一人でキャンプだぞっと。
ここはクールな人が多いっす。
北海道にきて、まだ独りキャンプができないなー。
一人と独りって違うよね(`・ω・´)
北海道(本別)へ
朝、ぼくはおかしな夢を見たんだよね(´ー`)
遊園地にいるんだけど、誰もいないんだよ。
でも、ぼくはひどく興奮していて、ドキドキしてるんだよ。

ここが正門らしい。
IMG_9578.jpg

なんか顔の配置をして、木にまぎれて不気味さが漂う。
IMG_9600.jpg

ドイツの街並み。
IMG_9619.jpg

小規模な遊園地の施設。
IMG_9646.jpg

ぼくは回転系は目が回るんですよねー。
IMG_9635.jpg

遊園地のシンボルといえば観覧車。
IMG_9642.jpg


あれはいったいどこだったんだろう・・・

朝のキャンプ場はすでに暑い。
今日の帯広は30°を超えるらしい・・・
とても日差しの下にいられない。
今日こそ帯広のジンギスカン白樺で昼飯を食べるんだ。
でも、昼飯は11時からなのでそれまでキャンプ場で時間つぶし。
ブログ書いて、本読んで。
ところで、このキャンプ場はキャンピングカーが多い。
IMG_9648.jpg

キャンピングカーの聖地かΣ(゚Д゚;)
若者広場って名前だけど、定年したおじいちゃんおばあちゃんが多い。
隣はパークゴルフだし・・・
ライダーは何人か来てたけど、人が多いのであまり居心地は好きではない・・・

さて、そろそろジンギスカンを食べに行こう。
11時30分ごろにお店に行ったら、すでに満席気味。
やはり人気の店のようだ。
肉は、さすが柔らかくてうまいー(≧∀≦)
img104.jpg

羊肉って牛と豚の中間ぐらいな感じですかねー。
この店では地方発送もできるので、実家とお世話になった友達に送った。
4カ所に送って14000円と思ったよりかかってしまったΣ(゚Д゚;)
クール宅配便だと送料も高つくな・・・
この前もバイクの修理代でお金が飛んで、実はいま予算オーバー気味なんですよね・・・
宿なんてほとんど泊まってないのに、あとは食費を削るしかないのか・・・

そして今日は帯広の少し東にある本別のキャンプ場で、東北で一緒に行動していたA君と待ち合わせしてるので、
時間に余裕がありすぎて、帯広で時間つぶし。
昨日に続き、帯広の牧草道を堪能。
IMG_9651.jpg

しかし、今日は風が強くて走りにくい・・・ヽ(´Д`;)ノ
スーパーとかで買いだししつつ、4時ころに本別町静山キャンプ場に到着。
来たときテント一張りしかなかったけど、ライダーがつぎつぎにきた。
なぜかここはカップルタンデムライダーが3組もきた・・・
あんまり話し掛けやすそうな人はいないなー。

そうそう、日本一周でずっと履いてるジーパンがケツのところと右膝のとこに穴が少し空いている。
ケツのところって、毎日バイクに座って擦れてあいたのかなー(@×@;)
膝はどっかでアドベンチャーのときに引っ掛けたのだろうか・・・?
さっき100円ショップで布を買ってきたので、ソーイングセットで補修しておいた。
日本一周中にもつかな・・・

A君は7時ころにやっと来て、二人で酒飲んで、これまでの北海道旅の成果を語り合ったのだった(´∀`)
今日も星はきれいだった。
北海道(帯広)へ
今回のキャンプ場は、けっきょく若者ライダーH君を二人きりだった。
もしかしてこのキャンプ場、クマ出没注意だから誰も来ないのかな・・・(´Д`)
IMG_9544.jpg

H君とは行く方向が同じなので途中まで一緒に行くことに。
同じ250ccだからペースも合うしね(^ー^)ノ

まずはえりも岬に向かった。
快調に海岸線を飛ばすこと30km。
えりも岬に到着。
IMG_9550.jpg

荒々しい岩が、なんとも南端を感じる(´ー`)

H君とは行く方向が同じなので途中まで一緒に行くことに。えりも岬を後にして、海岸線を走ってると雨がパラパラ降ってきた。
黄金道路のトンネルのなかで雨具を着こむ(`・ω・´)
IMG_9553.jpg

黄金道路はトンネルがたくさんの難工事でお金がかかったから黄金道路って言うんだって。
トンネルのなかは冷蔵庫のように寒く、長いトンネルを抜けるとすごい空気が暖かい。
あまりの気温差にメットのシールドが一気に曇って焦った(@×@;)
てか、トンネルを抜けたら雨は降ってなくて雨具要らなかった・・・

帯広近くの道の駅忠類に到着。
ここの隣の無料キャンプにぼくはテントを張って、帯広を周るので、H君とはここでお別れ。
達者でな~(^ー^)ノ

キャンプ場にテントを張って寝床を確保して、帯広に昼飯を食べに出かけた。
帯広は二年前にS氏とWRCを見に来たことがあって、少し知ってるんですよね。
でも、そのときはレンタカーのカーナビで走ってたので、まったく道を覚えてない・・・
ぼくはカーナビ否定派です(´・ω・`)

帯広の道路は、平坦な牧草地を縦横無尽に道が伸びている。
交通量が多い国道よりも、県道とか名もなき道がお勧め。
IMG_9560.jpg

牧場があって、果てしない道がある。
ここにはみんなが想像する北海道があると思う(´ー`)
尚、今読んでる本のビレッジヴァンガードの社長は帯広出身。

そんで食べたいお店があるんですよねー。
郊外にあるジンギスカン白樺。
二年前に行ったときは、夜にお店に行ったら閉まっていて食べれなかったんだ。
どうやら昼しかやってないみたい・・・
一度お店に行ったにもかかわらず一度通り過ぎて、10kmぐらい戻ってやっと店に到着したら、
今日は臨時休業日だった・・・Σ(゚Д゚;)
明日の昼に食べるか・・・
しかたないから、帯広といえば豚丼を食べるか。
駅前に行って、やっとお店が見つかったらこっちも休業日・・・ヽ(´Д`;)ノ
しかたないから駅中に行って、豚丼屋があったので、そこで食べた。
img103_m.jpg

んー、やっぱ豚丼うまい~(´∀`)
タレはウナ重と同じかな。
みんなも豚肉にウナ重のタレをかけて食べてみよう!

街中を歩いてバイクのとこに戻る途中に、H君発見(・∀・)
彼も豚丼食べに行くって言ってたからなー。
再びお別れした(^ー^)ノ

帯広の街を後にして、幸福駅に行ってみた。
ここは人気の観光名所。
jpg

今では使ってない旧幸福駅。
名刺を張れば幸せになれるようで、中にも名刺がビッシリで・・・
ちょっと貼りすぎで・・・廃墟な雰囲気に・・・(´ヘ`)
ちなみに、ぼくも旅用名刺を貼らせてもらいました。
IMG_9564jpg

みんな見つけてね

幸福駅の近くにグ○ュック王国という今は亡きテーマパークがあります。
二年前に建物は見えたけど、まだ健在なのかなーと眺めに行ったらまだあった('-'*)
IMG_9568.jpg

しかし、常時管理されていて見学は厳しいらしいんですよね・・・
なんとなくネットで調べてみたら、なんと今年の始めに完全閉鎖を発表したとWikiに載ってるじゃないΣ(゚Д゚;)
そーかそーか、完全に閉鎖したのか('-'*)ニヤリ

そして空港を見たり十勝スピードウェイの周りを走ってみたり、帯広の道路を満喫。
IMG_9576.jpg


テントを張ったキャンプ場隣には温泉もあるので、そこでマッタリ。
ここの若者広場キャンプ場はキャンピングカーが多い。
ライダーは少しいるけど、とくにみんな交流してない。
ぼくもキャンプ場に二人しかいないなら声かけやすいけど、
たくさんいると、なんか誰に声かけるべきか、かけにくいよねー。
てか、男二人旅が二組もいるのも珍しいな。

明日は朝早い予定だから寝よう。
北海道(襟裳)へ
ライダーハウスは7時ころに起きてグダグダして、朝飯食べて、Tさんは今日の夜のフェリーで帰るようで先にお見送り。
またどこかで会おう(^ー^)ノ
ぼくは結局やっと10時ぐらいにライダーハウスを出発。
IMG_9417.JPG.jpg

このライダーハウスはクールな人が多くて、騒ぐライダーハウスではなさそうだ。
のんびりしたいときにいいライダーハウスですね。

信号待ちしてると大型トラックが行きかう。
昨日でお盆が終わったんだなと感じた。
そういやお盆のときはトラックって少なかったかな。

近くにある、道の駅ちとせサーモンパークに寄って見た。
なんか空から轟音がするなーと思ったら、戦闘機が飛び交っていた。
あー、こっちにも基地があるんだー(´ー`)

そして千歳の街を出てから、もう手持ちが2000円しかなくて郵便局に寄るのを忘れたことに気づいたΣ(゚Д゚;)
この先どんどん田舎になってくから、念のため苫小牧の郵便局に行ってお金をおろした。
さらにイオンがあったので、食糧を買い溜めした。
苫小牧からさらに海沿いにえりも岬方面を目指した。

道南を出ると、道は今まで以上に直進で交通量も少なくなった。
IMG_9422.jpg

うーん、北海道って感じがますますしてきたぞー(´∀`)

道の駅むかわ四季の館で昼飯。
魚のフライを食べたかったのに、ついついエビカツ丼を頼んでしまった・・・
やっぱりフライが食べたかったな・・・(´ヘ`;)

さらに太平洋沿いに進んでると、せせせ、戦車を発見Σ(゚Д゚;)
IMG_9426.jpg

おおお、こんなところで演習してるんだ~。
戦車好きなんですよねー。

そんでチョコチョコ適当に見つつ進んでると、様似あたりでなんかかなよさげな工場っぽい廃墟が見えた。
近寄って見るとやっぱり廃墟だ。
中で子供たちが遊んでるけど、かまわずぼくも入った。
IMG_9444.jpg

中が空っぽかと思ってたけど、これが機械が残っていてすばらしい(´∀`)
IMG_9457.jpg

これはかなりいい雰囲気だ(´ー`)
一人興奮して写真をパシャパシャ撮ってたら、中で遊んでた子供たちが話し掛けてきた。

(・∀・)おにーちゃん、なにしてるのー?
(´ー`)んー、おにーちゃんこういうとこで写真撮るのが好きでねー。
(・∀・)こういう古いとこの勉強してるんだ?
(´ー`;)んん、まあそんなとこだよ~

そんな会話をしてたら、なんか一緒に遊ぶことになって廃墟の秘密基地を案内してもらった。
ここにゴミがあるよーとか、ここから眺めがいいよーとか、ここの屋根みたいな上がおもしろいよーとか(´∀`)
ばんそうとその仲間達
IMG_9459.jpg

みんな人なつっこくて良い子だ(*´Д`*)
しまいには鬼ごっこすることになって30分ぐらい遊んでました。
てか、鬼ごっこにタンマありってどういうことよ(´Д`)

男の子の一人がカメラに興味があるようで、貸してあげたらバシャバシャ撮りまくっていた。
これはなかなか雰囲気いいんじゃないかい(´ー`)
IMG_9496.jpg

カメラもって走り回ってたのでぶつけないか、おにーちゃんはハラハラしてましたが。

そんでそろそろキャンプ場に行かなきゃ日がくれるのでバイバイしたヽ(´Д`)ノ
(・∀・)また明日もあそぼーねー
気持ちはすごくうれしいけど、もう来れないよー(ノд`)
でも、またこれたら来るよーって言っておいた。
(´Д`)あなたのことは一生忘れません
おいおい、なんてませたセリフなんですか!

まさか旅して廃墟行って子供たちと遊ぶとは思わなかったけど、ものすごくいい思い出ができた。
様似の子供たちありがとー(^ー^)ノ
ぼくは身の回りに子供がいないので、子供の接し方を知らなかったけど、少し子供好きになったよ。

そして今日のキャンプ場、様似ダムキャンプ場に行った。
着いたら誰もいない。
やっぱりお盆が終わったら北海道を言えど人は少ないかーと、
一人飯を食べてたら、ライダーが一人来た(・∀・)
しかも、学生で若いので、話しやすい。

二人で酒飲んで、夜空を見ながら語っていました。
北海道(苫小牧)へ
今日のキャンプ場は朝から晴れです。
北海道にきてからゆっくりペースなので、朝も最近ゆっくり。
みんなが出発するのを見送ってから、ぼくもそろそろ出発するかと。

海沿いの国道を西へ走ってると、廃墟っぽい工場がΣ(゚Д゚)
近づいてみると、し尿処理工場とかって、とっても怪しい名前・・・
クンクンしながら見てみました。
IMG_9350.jpg

いや、さすがに民家も近いから変な臭いはしないっす。
建物の中は閉まってて入れないけど、外観だけでも十分魅力があるとこだ(´ー`)
IMG_9354.jpg


登別に行こうと2号線を探してたら、いつのまにか10kmも行きすぎてた・・・ヽ(´Д`;)ノ
登別について、やっぱりまずは温泉だ。
IMG_9356.jpg

マップルに載ってる日帰りの湯の場所がよくわからなかったので、適当に温泉街を歩いてたら、高級ホテルの日帰りの値段は2000円とかって書いてるΣ(゚Д゚;)
んー、日帰りの湯がその値段・・・?冗談じゃない・・・
やっとマップルに載ってる日帰りの湯、さぎり湯に入った。
料金は温泉価格390円。
温泉の値段って、基本390円らしい。
しかし、内湯のみでシャンプーもなくてドライヤーも優良か・・・
ぼくはお湯の違いなんてロクにわからないから、露天だけあればいいんだけど、有名温泉地だとサービスもいまいちか・・・

登別に来たのは、温泉以上に来たいところがあったんですね。
それはクマ牧場。
しかし、2500円もかかって高いΣ(゚Д゚;)
2500円って、どんだけすごい動物園が見えるんだよ。
山の上にあるからロープウェイに乗らなきゃだめで、乗りたくもないロープウェイ代も含まれてるので高いってのもある。
でも、ここは行ってみたいところだったので行ってみた。
ここはクマ広場が二つとあとはアヒルレースと資料館とアイヌ館があるだけ・・・
ま、クマ広場見てみよう。
IMG_9374.jpg

さすがクマがたくさんっすー(´ー`)
他の人がクマのえさを投げるのを、眺めてました。
クマってかなり鼻がよくて、えさを投げようとする人のほうを見るんですねー。
IMG_9378.jpg

なかなかポーズがお茶目じゃないですか(´∀`)
でも、たまにクマがガオーって喧嘩して、すごい迫力・・・
あれは襲われたらひとたまりもないな・・・

あと、アヒルレースはグダグダなレースになると思いきや、一瞬のダッシュで終わってすごかったΣ(゚Д゚;)

やっぱりあれだけで2500円は高い。
値段とのギャップがB級スポットと言われる由縁か・・・
でも、意外にも人が多く来ててビックリだ(´ー`;)

登別をあとにしてさらに西へ。

苫小牧の科学センターに寄ってみた。
無料(*´Д`*)
ここはフライトシュミレーターとか飛行機の原理とか鏡のマジックとかの施設があります。
IMG_9409.jpg

おっ、ナイスガイ発見(・∀・)

そしてなんと言ってもここには二十年前の宇宙船ミールが展示されてるんですね!
IMG_9394.jpg

うおー、生の宇宙船を見るなんて初めてじゃないか。
しかも、内部も見れるし。
IMG_9399.jpg

スイッチに萌える(*´Д`*)
うーん、これが無料で見えるとは、お薦めですよ~。

さて、そろそろキャンプ場に行こうかと。
鶴の湯の温泉のところでキャンプできるらしいので行ってみると、とてもキャンプする施設がない・・・
池のほとりのすき間になんとか張れるぐらい・・・
しかも、トイレ水道も温泉のお店の中のをつかわしてもらうらしい・・・
これなら、もっと人のいないとこで野宿のほうがぼくはいいな・・・

そんで、実はこのキャンプ場で昨日一緒にキャンプしていたおしゃべりライダーTさんと待ち合わせしてたんだけど、
さすがに彼もこのキャンプ場はやめたらしい。
うーん、どうしようかなーと近くにいたチャリダーさんと話してたら、おじさんが近寄ってきて、
金髪の兄ちゃんが青葉公園キャンプ場に行くって伝言を頼まれたよー
と教えてくれた(´∀`)
おおっ、やっぱり彼は他のキャンプ場に写ったか。

さっそくそっちのキャンプ場を夕暮れのなか目指した。
IMG_9414.jpg

がっ、そっちのキャンプ場は人っこ一人いない・・・
もうお盆も終わりだからかファミリーさえいないっす・・・
寂しがりやの彼は、だれもいないキャンプ場を見て、さらに他に移動したんだろうなー。
さて、ぼくはどうしようかなー。
ここは有料キャンプだからあまり泊まるきなれないしなー。
マップル見てたら、公園のとなりにライダーハウスがあるじゃん(´ー`)
野宿してもいいけど、せっかくだからライダーハウスに行ってみることにした。
電話してライダーハウスを探したら、住宅街の中で迷った(@×@;)
通りすがりのおばちゃんに聞いて、ちとせライダーハウスに到着。
ライダーハウスのおばあちゃんと外で話してたら、二階からあのおしゃべりTさんが顔出すじゃない(・∀・)
やっぱり彼も近くのこっちに来てたんだ。

夜は彼と飯食べて飲んだのだった(´∀`)
二人え部屋だったので他のライダーさんとはたいして交流なし・・・

北海道(室蘭滞在)
街は近いけど、山の夜は夏とはいえかなり冷えた。
もう靴下履いて寝る季節か・・・(´ヘ`)
起きたら雨は上がっていた。
おっと、起きたらもう8時でキャンプではかなり遅起きだなー。
テントを出て昨日夜に増えたバイクを見に行ってみたら、そこで話していた二人のライダーの話に加わった。
そのうちの一人がものすごいおしゃべりで、おもしろい人だった(´ー`)
ほんと口が止まらない人だ・・・
しかも、昨日の夜に来たアジア系の外人グループはマレーシアの若者8人グループで、そっちにも絡みだしてものすごい盛り上がってる(・∀・;)
IMG_9323.jpg

いやー、すごい人だ・・・

そんで室蘭でまだ見たいとこもあったので、今日はキャンプ場を連泊することにした。
なんだかんだ話に付き合ってたら、キャンプ場を出たのは11時。
とりあえず、街にあるみたら室蘭道の駅でブログ更新。
隣にある昨日はカレーラーメンを食べた屋台村でこんどは焼き鳥丼を食べた。
こっち室蘭で焼き鳥というと、豚肉が常識らしい。
と、一昨日キャンプしたファミリーさんたちが行っていた。
そんな豚肉やきとり丼は、うまいっす(´ー`)

こっちは絵鞆岬。
IMG_9325.jpg

白鳥大橋に工場地帯が見えるぞー(≧∀≦)

そして測量山。
こっちはさらに眺めがいい。
IMG_9327.jpg

街の工場地帯も一望だー(・∀・)
室蘭は函館と地形が似ているけど、工場地帯があることが違う!

測量山を降りる途中に子キツネを発見。
あわててバイクを止めようとしたら坂だ!
今度は倒れないようにギアを入れてバイクを降りてカメラを出した。
IMG_9330.jpg


ちょっと近寄ると逃げるけど、またこっちの様子を見にきてかわいい(*´Д`*)
ズズズッ
って、今バイクが少し動いたーΣ(゚Д゚;)
ギアを入れても前に進んで危ない・・・
もう少しちゃんと写真を撮りたかったんだけど、車が来て逃げちゃった・・・

地球が丸くみえるという地球岬は、たしかに地平線が丸く見えるかも。
IMG_9331.jpg

ここは人がいっぱいだったなー。

地球岬から鳴り砂海岸へ行く小高い峰沿いの道は、街を一望できるスポットがいろいろある。
IMG_9336.jpg

ほんと室蘭は工場がいっぱいですばらしい(≧∀≦)

鳴り砂浜は歩くとキュッキュ鳴るらしいけど、なかなか鳴らない。
IMG_9340.jpg

というか、波の音もうるさいし。
でも、足場は固めでたしかにキュッキュ鳴りそうな雰囲気かも(´ー`)

そしてそろそろオイル交換の時期なので、街のバイク屋にもってってチェーン調整もしてもらったら、
もうチェーンが限界と言われ、交換することに・・・13000円の出費・・・
チェーンがなんかすぐに伸びてたから、もう限界だったか・・・
20000kmは持つと思ってたけど、15000kmで交換か・・・
もっと豆に給油しなきゃダメだったのかなー。
なによりも自分でできる作業なのに、金払ってやってもらうのでDIY人として悔しいんだな・・・(´ヘ`;)
ちなみに、エストレヤ13000kmで19.8万円也。
img102_m.jpg


そして秋に備えて、ユニクロで長袖かったり、古本買ったり、スーパーで食材買ったりしてキャンプ場に戻った。
キャンプ場には、同じく連泊したおしゃべりなライダーさんがいる。
あと、バイクが15台ぐらいすごい来てるΣ(゚Д゚;)と思ったら、地元の集まりみたいでかなり騒がしい・・・
おしゃべりなライダーさんと二人でラーメン食べ終わったころに、一人ライダーが来て、さらに車放浪のおじさんも加わって4人で飲んでました(´∀`)

寝ようとテントに戻ると、地元のバイク集団は、なぜかぼくのテントの周りにテントを張っている・・・
ぼくも地元人かよってぐらい、なんでそんな近くなんだよっヽ(´Д`;)ノ
しかも、キャンプ場に発電機までもってきて明かり照らすなよ・・・
近くで夜まで騒いでたまったもんじゃなかった・・・
けっこうぼくは眠かったら、どこでも寝ますが・・・
北海道(室蘭)へ
昨日はファミリーさんと飲んだあと、自分のテントに戻ってすぐに寝てしまった。
深夜に目が冷めてみるとすごい風が吹いているΣ(゚Д゚;)
ぼくは普段ロクにペグを打ってないので、テントが風でかなり押しつぶされている・・・
と、とりあえずまだ暗いから寝よう・・・(´・ω・`)
テントが壊れないにしても、ミシミシギシギシ鳴ってると不安で気になってなかなか寝つけない・・・

気がついたら明るくなっていて、とりあえずペグをちゃんと打って、なんとかテントを建て直した。
それにしても風が強い(´ヘ`;)
海岸だからか?
天気予報を見ても、津波警報はあるけど強風警報はない。
うーん、はたしてキャンプ場を出ても風が強いのか弱いのかわからん・・・
キャンプを連泊しようか移動しようか悩んだ・・・
キャンプ場で泊まっていたチャリダーさんは移動するみたいだ。
おっと、もう一人いたライダーさんも移動するようだ。
しかも、強風だから撤収も楽じゃない・・・

うーん、悩んだけど雨は降ってないんだから撤収して出発することにした。
まあ、最悪戻ってくればいいしねー。
ということで、強風のなか撤収作業。
やはりテントはうまく畳めない・・・
一番風を凌げるトイレの入り口でテントを畳んでました・・・(´ー`;)
お世話になったファミリーさんにお礼を言って出発。

キャンプ場の海岸を出て街中に入ったら、それほど風は強くない。
やっぱり海岸だけ強かったのかー。
出てきて正解だったかな。

今日は昨日周り切らなかった洞爺湖へ再び。
西口火口散策路へ。
ここは7年前、国道があった場所に火山活動で隆起が起こって、廃道と化した場所でいまは観光地。
道路のあった場所には沼ができていて、看板もそのままでリアルだ。
IMG_9296.jpg

この先は坂のように隆起して道はボコボコ。
そして工場もボコボコ。
IMG_9288.jpg

うーん、すごいっすね(`・ω・´)
これは廃墟マニアにも十分見ごたえがある。
観光客も廃墟をウットリ見てるぞ!
おっ、この車のエンジンはL型?のウェーバー3連(`・ω・´)
IMG_9293.jpg


スカイライン?
なぜか廃車なのにボンネットがオープン。
まるで当時の威光を誇示するかのようだ。

駐車場までの帰りに売店のジャガバターを食べた。
IMG_9295.jpg

北海道らしい食べ物、うまい!

火口を後にして、洞爺湖の温泉へ。
来夢人の家というところへ。
390円と安めだけど、内湯のみで残念。
でも、昨日からめっきり寒くなった北海道で温泉は気持ちいい(´∀`)
一昨日までTシャツで過ごせたのに、昨日からTシャツじゃ寒いぐらい・・・
今日なんて革ジャン着て走っても、ちょっと寒いぐらい・・・
すごい天気の変わりようだな。

で、温泉の休憩室で休んでたら、見知らぬおばちゃんが手作りおにぎりをくれた(・∀・)
もう1時過ぎで、昼飯食べるのもまだ先に予定だったので、よろこんでおにぎりをもらった・・・が、
中身は野菜嫌いのぼくには辛い梅干しだったΣ(゚Д゚;)
うおー、もらっときながら残すのはやばい・・・
し、しかし、ぼくはほんと食べれないもの食べると顔に出るんですよね・・・
がんばって梅干し半分ぐらい食べたけど、もうだめ・・・
おばあちゃんが向こう行った隙に袋に入れて食べたことにしました(´ヘ`;)
おばあちゃん、ごめんよ~。
で、ちょっと話してると、息子が世界一周してるとか。
(・∀・)すごいっすね~
えっ、おばあちゃんは昔、南極まで行ったって!
(・∀・)すごいっすね~
今度子供たちに、人生について語る講演をやるんだって!
(・∀・)おばあちゃんは何者?

そして、これから室蘭を目指します。
途中にある、だて歴史の社道の駅に寄って見た。
ここは生垣とか立派な建物とかすごいお金がかかってそうな道の駅だ!
加治屋もあって、刀を作れるみたい。
IMG_9299.jpg

日本刀の輝きに心を奪われた(´ー`)
刀は武士の魂だったというのも、わかるような気がした。

室蘭の白鳥大橋を渡ろうとしたら、工場ビューがすばらしいではないか(・∀・)
橋をまた戻ってきて、撮影できるポイント探しになんども道を往復した。
IMG_9308.jpg

うわー、道路から間近で工場が見れるー(*´Д`*)
室蘭って工場地帯だったとは知らなかった。
ちなみに、向こうに見えるのが白鳥大橋。
IMG_9307.jpg

大橋も横浜ベイブリッジぐらい大きくてすごいっすね。

大橋を渡って、わたら室蘭道の駅に行ったら、カレーラーメンがあるお店があったので食べた。
昨日ファミリーさんに室蘭の名物でカレーラーメンを聞いて食べたかったんですよねー。
img101_m.jpg

少しとろみかかった熱々のスープがよく麺に絡んでうまい(´∀`)
カレーもラーメンも好物なぼくにぴったりだ。

室蘭の街には我らがマックスバリューもあるようなので、行こうとしたらイオンがあったのでそっちで食糧調達。
室蘭の街を少し離れ、室蘭岳にある室蘭岳山麓総合講演自由広場キャンプ場へ向かった。
山を登ってしだいに雨がー(´~`)
今日はずっと曇りで、なんとか雨は降らずにもってたのに、これからキャンプってときに・・・
山の上だからな・・・
キャンプ場についたけど、霧雨が降っている。
実はこれまで4カ月旅してて、いちども雨のテント設営はなかったんですよね。
雨が降りそうなときは宿にするか、うまい具合に東屋で野宿だったり。
うーん、雨の設営はインナーテントをできるだけ濡れないようにしないとダメだから大変だ・・・
なんとか無事にテント張ったけど、濡れた雨具とか置き場に困るしねー。
明日は山の雨やんでくれるかな・・・

夜になってからアジア系のライダーグループが来たようだ。
言葉がわからず正体不明のグループは怖いなー(´・ω・`)

北海道(洞爺)へ
いつものようにキャンプ場を撤収。
一人組も二人いたけど、みんなクールに出発していった。
ぼくも出ようとしたら、車で旅してるおじいちゃんに話し掛けられた。
家に帰るのが先か、天国に行くのが先かっていうおじいちゃんΣ(゚Д゚;)
コメントに困るっすよ。

北海道の長い長い道を走ってたら、首に虫が当たった。
当たることは珍しくはないけど、これが後からズキズキ痛くなってきて、たまらずバイクを止めた(@×@;)
鏡でみても腫れてなさそうで、そのあと痛みは引いていったけど、ほんと痛かった・・・

おっ、北海道で廃墟発見(・∀・)
IMG_9266.jpg

しかし、草木に阻まれて近づけない・・・
北海道って意外に廃墟がない。
あの牧場の建物は廃墟っぽいなーって近づいたら、車や牛がいて現役っぽい。
屋根に穴あいてたら、普通使われてないと思うよね・・・

途中にあったヒマワリ畑は1分咲き(´Д`)
IMG_9271.jpg

いや、9分枯れか・・・

長万部でかにめしバイキングがあるので、早く着いてしまって、時間をつぶして待った。
11時の開店と同時に入ってバイキング(´ー`)
メインのかにめしだが、なんかあんまりかにの味しないし、チラシ寿司みたいな野菜入ってるし・・・
かにめしは一杯でやめた・・・
後、マーボウ豆腐、チャーハン、わんこソバ、カレー、魚のからあげ、ミニハンバーグをたらふく食べて、
食後に別腹のデザート。
メロンが甘くて柔らかくて一番うまかった(`・ω・´)
img100.jpg

もう腹痛いぐらい夜の分まで食べたぞ。

そして洞爺のほうまで進んで、いったんアリトル岬キャンプ場へ行った。
まだ時間は早いけど、とりあえず寝床を確保しておこう。
この無料キャンプ場は、キャンプ場というか、テントを張っていい海水浴場な感じ・・・
テント張るとこは、砂地の上とは・・・
でも、意外に砂地の上でもペグはささった。
IMG_9280.jpg

キャンプ場には、合同ファミリーさんが一組いたんだけど、若奥さんが話し掛けてきてくれた。
一人旅の人は珍しいようだ(´ー`)

まだ2時で時間があるので、洞爺湖に行った。
とりあえず洞爺湖を一周周ってみた。
湖の周りには変わった彫刻がたくさんある。
IMG_9273.jpg

うーん、芸術(`・ω・´)
時間もあるし、温泉に入ろうかなーと思ってたら、タオルをキャンプ場に置いてきてた・・・
明日でいいや・・・
サミットが開かれるホテルを眺めてみたかったけど、山の上は霧に隠れてどこかわからなかった。

洞爺湖には最近噴火した火口がある。
IMG_9278.jpg

んん、近くに放置された廃墟がーΣ(゚Д゚;)
加工散策路は明日行こうと思う。

キャンプ場に戻って、飯にしようと思ったら、さっきの合同ファミリーさんに若奥さんが一緒に焼き肉食べませんか?と誘ってくれた(≧∀≦)
おおっ、それはラッキーな!
さっそくお酒を片手にぼくも混ぜてもらった。
奥さんたちも旦那さんたちも親切でおもしろくて、とても楽しかったです(´ー`)
いろいろ室蘭情報も教えてもらった。
いやー、地元の人たちと交流できるのは旅のおもしろさっすね~。
与那国の久部良荘のオーナーの言葉を思い出した。
焼き肉、魚、つぶ貝、ヤキソバとご馳走になって、昼に続き夜も腹いっぱいになってしまったのだった。






北海道(八雲)へ
いつものようにキャンプ場を撤収。
IMG_9257.jpg

日差しが朝から暑くて、汗だくだ・・・ヽ(´Д`;)ノ
そろそろコインランドリーに行きたいんだけど、この先にまだまだ大きい街はなさそうなので、
いったん函館に戻ることにした。
ここまで半島をグルっと回ってただけで、函館へは直線で30kmもない距離なんだ。
ちょっと寄り道して、城岱牧場の展望台へ。
ここから裏函館の夜景が見れるスポットらしい。
IMG_9258.jpg

これが夜景ならキレイだろうなー。

そして函館市街に入ってコインランドリーへ。
乾燥含めて600円とはなかなか高いよなー(´ヘ`)
待ってる間にブログ更新。
洗濯終わって見るとタオルが一枚ないΣ(゚Д゚;)
どうやら洗濯機から乾燥機に移すときに、洗濯機に取り残したようだ。
が、その洗濯機は他の人がすでに使っている・・・
事情を説明して、洗濯終了後、無事にタオルが出てきた(´∀`)

そんでスーパーに食料品の買いだし。
スーパーはなかなかないので多めに買っておこう。
てか、北海道にマックスバリューさえ見かけなくてつらいね・・・

もう昼前だったので、ハセガワストアの焼き鳥弁当を食べた。
これも函館では有名なお店。
img098.jpg

タレも効いててうまい!
けど、弁当にするなら串なくてもいいよな・・・

てか、他の旅人さん達のブログを見てると、みんな函館で同じもの食べてるね・・・(´ー`;)

函館の街を後にして、先に進んだ。
5号沿いに変なオブジェがΣ(゚Д゚;)
IMG_9259.jpg

なんでわざわざ立ててるのだろうか・・・

そして噴火湾パノラマパークというところに寄ってみたけど、
資料館とかあるわけではなく、子供の遊び場とカフェがあるだけか・・・

4時ころ町営鉛川キャンプ場に到着。
北海道にしては小さいキャンプ場だ。
IMG_9261.jpg

ぼくが来たときはファミリーが二組だけだったけど、そのあとライダーがどんどん来た。
ほとんどグループだった・・・

暑かったので向かいにある渓流に涼みに行こうと、川に足をつけたらすんごい冷たい(´Д`)
IMG_9262.jpg

壊れた陸橋の足はナイス。

明日は天気が微妙らしい。
大沼へ
キャンプ場を起きたら、もう7時ぐらいでテントの中は暑くなってきた・・・
こんなに北海道って暑かったかな・・・(´ヘ`;)
てか喉が腫れるように痛い・・・
風邪か(´Д`?)
体調は悪くないけど、いちおう風薬を飲んでおこう。

ダラダラと撤収作業して、さらに函館港に戻ってブログ更新してたらもう10時だ。

さー、北海道を逆時計回りに進むぞー。
おっと、街中を通ってたら、五稜郭公園が目についたので寄って見た。
がっ、人多いΣ(゚Д゚;)
あんまり高くはないタワーが800円もするのに行列だし・・・
写真パパっっと撮って退散。
IMG_9250.jpg



街中を抜けて早く郊外に出たいんだけど、信号多くてなかなか郊外に出ない・・・
函館の夜景のキレイさを実感・・・
てか、ほんと今日は暑い・・・
信号待ちであまりの暑さに、イライラしてくる・・・
革ジャン着てるせいもあるけど、ほんと暑い・・・
間違って九州行きのフェリーに乗ったんじゃないかってぐらい暑い・・・ヽ(´Д`;)ノ
これじゃあ涼しい北海道というのは詐欺だ・・・
郊外に出たら風は冷たくて気持ちいい(・∀・)
IMG_9251.jpg

海岸線は気持ちいい。

しばらく走って、御崎の無料温泉へ。
一回看板を見過ごして、一往復してしまった。
IMG_9252.jpg

海のまん前の温泉なんだが、壁が邪魔で海が見えないなー(´~`)
しかも、温泉暑くてカラスの行水。
ぼくは温泉マニアになれないっす。

そして、岬の反対側にも無料温泉があるので行ってみた。
こっちは満潮時に海の沈むという温泉だから、入れるのかなーと思ってたら、
それ以前に海水浴場になってるじゃん・・・
IMG_9256.jpg

こんな人ごみのなか、スッポンポンで温泉入ってる場合じゃない・・・
まあ、温泉は海に沈んでましたが・・・(´ヘ`;)

途中に、変わったテトラポットがあった。
IMG_9254.jpg

なにか未来チックな印象(´ー`)。

さらに海沿いを疾走。
昼はとっくに過ぎたけど、もっと先に食べたいものがあるので我慢。
そうだ、ちょっとセイコーマートに寄ってみよう。
セイコーマートとは、北海道一シュアのあるコンビニ。
初セイコーマートに入ってみたら、100円やきそば、ペペロンチーノとか小腹にちょうどいいのがある(・∀・)
これはこれからも利用しそうだ。
北海道はセイコーマートはいっぱいあるけど、小さい街だとスーパーが見当たらないんですよねー。
住民さんはどこで買い物してるのかな(´ー`)?

そして4時ころにやっとこさ、森駅に到着して有名な駅弁、いかめしを買った。
駅前の商店に行ったら、ちょうどぼくの前に店に入った人で売り切れた・・・
がっ、駅内の売店で売っててよかった(・∀・)
img096.jpg

思ったより小さかったけど、バクバク食べちゃった。
熱々だったらもっとおいしかったかな。

そしてキャンプ場のある大沼に移動。
東大沼キャンプ場に到着。
今日もファミリーキャンプがところ狭しを張ってある。
ライダーもそこそこ多いなー。
とにかくキャンプ場に来ても、あまり涼しくない。
ひとまずテント張って、コーラ飲んで休憩しながら、今日もいっぱい人の中で一人キャンプだぜーと考えてたら、社交的なS君が話し掛けてきてくれた?(゚Д゚≡゚Д゚)?
少し世間話の後、一緒に温泉行きませんかー?と
いきなり裸の付き合いに誘うとは、大胆だわ(*´Д`*)
ちょうど近くの宿の日帰り湯のちらしをおばさんが配ってて、400円と手ごろな値段だし、一緒に行ってきた。
S君が先に声をかけていたチャリダーさんとも合流して、3人で風呂入った。
これかたお湯が暑くてカラスの行水。
なんかいっぱい入らないと損した気分だよな・・・
風呂上がって3人で雑談。
S君は、昨日m○xiのとあるイベントに参加してたようなんだけど、実はぼくもそのイベントのことは知ってて、びっくりΣ(゚Д゚;)
ぼくも間に合えば、参加しようかどうかちょっと考えてたんですよね。
うーむ、すごかったらしい・・・

そして、キャンプ場に戻った。
T君はこれから函館の友達のとこに行くようでお別れ。
ぼくとチャリダーさんと二人で夕飯。
ぼくは向かいの商店でジンギスカンの肉を買っていたので、チャリダーさんにもご馳走しましたー(´∀`)
そして酒の力により就寝(´Д`)






函館へ
前回までのあらすじ

まだまだキャンセル待ちの順番は来ないだろうと夜まで街で遊んでいたばんそうだが、
深夜に港に戻ってみると、なんとすでにはるか昔に自分のキャンセル待ち番号は終わっていた。
はたしてばんそうは北海道へ行くことができるのかっ!


とにかく係の人に乗れるか聞いてみよう。
といっても、まだ窓口はどこも列を作っていて、船会社の人に聞くにも列に並ばなければ・・・
10分ぐらい並んで船会社の人に聞いてみたら、少しなにか調べてから、

(´∀`)今きてる便に乗船してください

おおっ、なんとちょうど今乗船開始している便に乗れるとのこと(≧∀≦)
急いで乗船しました(`・ω・´)
この便は1時発で3時間40分の航海して5時ころ函館に到着します。
ちょうど寝る時間の便に乗れてラッキー。
深夜着の便とかだったら、着いても困るからねー。
しかし、乗船したらこれまた人があふれていて、二等に全員寝るスペースが足りない・・・
アナウンスで横にならないでくださいって言うけど、こんな深夜便で寝るなってそりゃないだろ・・・ヽ(´Д`;)ノ
もちろんすでに場所を確保してる人は、みんな横になってる。
ぼくも乗船が遅かったものの、一人身の気軽さから、すばやく一人分のすき間に滑りこんだ。
もう通路や外で寝る人たちまででて、ここは難民キャンプかー(@×@;)
そして船は出港して、ぼくは寝た。

朝、周りの煩雑さに目覚めてみると、もう函館湾に入っていて、もうすぐ到着だ。
IMG_9200.jpg

いよいよ来たよ北海道(´∀`)
下船して、まずはフェリーターミナルでブログ更新。

さて、まだ朝早いけどどこに行こうか。
函館の街に行ってみた。
函館山手前には坂がいっぱいあります。
函館の街並みは貿易港として、ここも西洋の風が吹いている。
こっちは赤レンガ倉庫。
IMG_9203.jpg

横浜にも長崎にもどこでも赤レンガ倉庫ってあったんだ(´ー`)

そうそう朝一に行ってみよう。
IMG_9206.jpg

北海道の飯はおいしいけど、べつに格安ではないのでお金がかかりそうだ。
おっ、500円丼の店があったから、そこにしよう。
img090_m.jpg

やっぱりミックスがお得ですよねー('-'*)
んー、北海道ナイステイスト。

そして立待岬に行って、近くにいたライダーと話したり。
北海道のライダーは、
どこくらい北海道に?
って会話が多いんだけど、一カ月ぐらいって言うとけっこうみんなビックリする(´ー`;)
たしかに、社会人だったころのぼくもビックリしたかもしれないな・・・

まだ時間は昼前だ。
でも、今日は函館の夜景が見たいのでまだ先に進めない。
でも、なんか睡眠不足で体がだるいからキャンプ場に行こう。
函館から一番近めな無料キャンプ場、上磯ダム公園キャンプ場。
ダムマニアには、ダムの隣でキャンプなんて萌える(*´Д`*)
さすがお盆だけあって、ファミリーキャンプが多いなー。
さて、日陰で本を読みながらダラダラ昼寝。
IMG_9220.jpg

ちなみに、今愛読してるのは「ヴィレッジヴァンガードで休日を」。
楽しい本を読み始めると、いつまでもダラダラしてしまう。
じつは帰ったらV.Vでバイトしてみたいなーと思ってるんだけど、短期じゃ難しそうだし、
楽して普通に稼ぐというぼくのコンセプトに合わないからな~(´ー`)

んで、2,3時間ほどダラダラ過ごして、腹減ったので街に出てラッキーピエロのハンバーガーを食べた。
函館にチェーン展開するラッキーピエロは人気らしい。
ぼくの持ってきた一年前の0円マップを見るとほたてバーガーというのがおいしそうだったので食べたかったんだけど、
もうほたてバーガーはないらしい・・・
やっぱり一年前の雑誌じゃ、すでに情報は淘汰されてるのか・・・

ラッキーピエロを出て、走ってるときに海に見えた海上都市を見に堤防に行ってたそがれたり。
IMG_9225.jpg


またキャンプ場に戻って早い夕飯。
夜は函館の夜景を見に繰り出すのでね。
ファミリーキャンプが溢れるなら、一人飯を食べてると隣のファミリーのお父さんがフランクフルトをくれた(´∀`)
くそファミリーキャンプ共めとか思ってたけど、お父さんいい人じゃないですか('-'*)
ぼくは基本知らない周りのことをいつもうざく感じてしまうけど、ちょっと話すとぜんぜんそんなことないじゃないか!
と、毛嫌いしてちゃダメだよなと、いつも自分に思う・・・(´ヘ`)
でも、一人で寂しそうとか同情の目で見ないでね。
ぼくは一人で十分なんですからっ。

さ、夜が暗くなるまでに函館山に行った。
函館山を登る道は、二輪通行禁止なので、しかたなく往復1000円のロープウェイに。
まだ日は落ちてないけど、すでにたくさんの人がスタンバッている。
ぼくもスミっこを確保して、暗くなるのをまった。
IMG_9249.jpg

噂どうり夜景はとてもキレイだ(・∀・)
でも、バーゲンセールかよってぐらい人は多い。
雰囲気って大事だよな・・・

そしてキャンプ場に戻ったのだった。

青森滞在
フェリー埠頭キャンプでお目覚め。
IMG_9194.jpg

朝になってもまだまだキャンセル待ちの人たちは到着している・・・
キャンセル待ちは一便にきっかり10番進む。
どうやら10人分の予備は確保されてるのかなー。
基本的に乗船が開始されると何番まで乗船可能ですってアナウンスがあるんだけど、たまに
何番まで乗船できる可能性がありますー、とかってアナウンスがあるんすよね。
そのときは、ほんとにキャンセル待ちで空きが出そうってことかな。
そうだよねー、そもそもキャンセル事態そうそうでないよねー。
そしたらこんな何百人もキャンセル待ちどうしようもないよな・・・(゚Д゚)

そういや暑い日に愛用していたナイロンの長袖が、とうとうジッパーだがダメになって着れなくなった(´~`)
img085.jpg

スクール風の古着で気に入ってたのに、また一つ愛用品が去っていく・・・
まあ、北海道では革ジャンなので、ぎりぎり青森までもってよかった(´ー`)

港のバイクたち。
IMG_9195.jpg

IMG_9196.jpg

ねぶたかよってぐらい多いぞ。
待ってる人たちもみんな暇そうだー(´・ω・`)

ところで、今155番まで呼ばれてて、ぼくは257番です・・・
一日9便で一便10番までということは、ぼくが乗れるのは明日の昼か・・・Σ(゚Д゚;)
はあー、とりあえず今日は乗れなそうなので、青森市街にでも出かけよう。

とりあえず、10時に港を出て本屋で立ち読み。
そして三内丸山遺跡に行ってみた。
縄文文化があったところのようで、レプリカの建物や掘り起こした土器とかありますー。
これとか当時を再現した建物だけど、どうやってこんな大きい柱を正確に立てたか不明。
IMG_9199.jpg

東洋の神秘っす。
てか、今日はすげー暑いっす・・・ヽ(´Д`;)ノ
青森も34°だったとか・・・
日本ってどこいっても暑いな・・・

他に近くに行きたいところなかったので、図書館へ~(´∀`)
青森県立図書館は、可もなく不可もなくな図書難でした。
img087.jpg

うーむ、バックパッカーの入門はバンコクかー(´ー`)

夕方に毎度お世話になったコロナの湯。
長湯をがんばってみた・・・

夜は映画のレイトショーでトランスフォーマーを見た。
消去法で見たいの選んだらこれだった。
関東はレイトショー1200円だけど、こっちは1000円なんだ(´∀`)
さすが変形するCGは精密で滑らかですごかったっす(`・ω・´)
でも、眠くてストーリーとびとび・・・
まあアクション映画だからストーリー関係ないか。

そして0時ころに港に帰った。
どうせまだまだキャンセル待ちなんだろーなーと思ってて、
近くにいた人にキャンセル待ちの番号を聞いたら、なんと380番まで進んだんだってΣ(゚Д゚;)
ぼくの番号は250番・・・
いったい半日の間になにが・・・
とっくの昔にぼくの番号終わってるじゃん・・・
これ乗れるのかな・・・
まさか並びなおし・・・
ぼくの運命やいかに!

次回へつづく
青森へ戻る
やっと東北も天気がよくなってきた(´∀`)
キャンプ場を撤収して、アルピーテラインへ。
松尾鉱山を横目にみつつ、やっとアルピーテラインを走るぞ~(`・ω・´)
IMG_9164.jpg

景色はほどほどで、さすが高所だけあって夏でも寒いぐらいだー。

ダー、と走って、無料の足湯に寄って、かづさの道の駅できりたんぽを食べた。
そういやこっちはぎりぎり秋田県なのか。

そして尾去沢鉱山跡に再訪問。
この前は雨で写真撮れなかったからね。
IMG_9167.jpg

今は精錬所の土台だけが残る。
IMG_9168.jpg

精錬所がまだあるときに来たかったね。
しかし、お盆に入っても向かいの会社には人がいそうなので、遺跡には近づけなかった。
少しでも危険なことはしないつもりなので我慢我慢(´・ω・`)

さらに小坂鉱山跡に行ったら、跡なんかよりもバッチリ工場の周りに活気があって、うかつに近づけない・・・
しかも、全体を眺める場所もなさそうで、まったく中に様子がわからないや・・・
うーん、ダメだこりゃ・・・

そして、この前見た工場の廃墟のようなところに再度行ってみたら、またパジェロミニが止まってるΣ(゚Д゚;)
まさか廃車じゃなさそうだしなー。
なにか関係者が常駐してるのかなー。
うかつに近づけない、我慢我慢(´・ω・`)

そうそう、北海道も天気が良くなりそうなので、明日ぐらいに行こうかとフェリー会社に電話したら、明後日の月曜まで予約がいっぱいみたいΣ(゚Д゚;)
お盆初日で、フェリーも激混み。
一日9便ある青森ー函館なら少しは空きがあると思ってたが、甘かった・・・
今日の夜からキャンセル待ちに行ってみるかと。

とりあえず十和田湖に行ってみた。
十和田湖には観光客がいっぱい。
お盆になったのを実感してきた・・・
ここ十和田湖は乙女の像ってのがシンボルみたいだ。
(´ー`)ふーん
IMG_9172.jpg

今日は暑くて、売店のりんごソフトクリームはおいしかった。

そして十和田湖を東に進むと、ピラミッドとキリストの墓というのがあるんです。
ピラミッドってのに行ったら、入り口はダートの坂になってて、看板に300mって書いてるから、
それぐらいは歩いてみるかと歩いたら、300m先に一個目の岩があって、さらに600m先にもう一個あるみたい・・・
やっぱりバイクで行けばよかった・・・
ていうか、一個目のも単に大きい岩で、みんなの想像するピラミッドじゃないヽ(´Д`;)ノ
二個目の奥のピラミッドへは、最後の200mがハイキングのような山道・・・
汗ダラダラで到着してみれば、景色はいいけど、これまた単に大きい岩・・・
IMG_9179.jpg

ピラミッドって名前は期待外れだから、もうちょっと名前変えてよ・・・

そして、こっちはキリストの墓。
IMG_9182.jpg

あのキリストですよ(・∀・)アーメン
青森にあるなんてすごいっすね。
あにキリストの墓が、ぼろい十字架だけってどういうこと(?∀?)
なんか故郷で迫害されて日本で没したとか書いてたけど、ほんとかどうか・・・
てか、こんなB級スポットにも、チラホラ人がきていた・・・
お盆はこんなとこでも人が多い・・・

そして十和田湖に戻って、青森目指して北上。
奥入瀬渓谷沿いの国道102号は、横目に渓谷を見ながら走れてナイス(・∀・)
IMG_9188.jpg

こんな道、いままで見たことなかったぞ!
これはおすすめ。

そして八甲田の道を夕暮れを見ながら疾走。
IMG_9189.jpg

八甲田の道は、マップルで拡大地図がある割には、大したことないように思った。

8時ころ、青森港に戻ってきました。
向かいの広場でねぶたのときキャンプしてたばっか。
って、フェリー乗り場はすごいバイクの数だΣ(゚Д゚;)
IMG_9193.jpg

ねぶたのときはせいぜい10台ぐらいだったのに、今は100台はいるんじゃないか・・・
お盆のラッシュを嘗めていた・・・
しかも、キャンセル待ちの窓口も大行列・・・
さらにキャンセル待ちの窓口があるの知らずに、一般の窓口に15分ぐらい並んでたし・・・
そしてキャンセル待ち番号は250番Σ(゚Д゚;)
さっきのフェリーで125番まで進んでて、ぼくの目安はあと一日ぐらいらしい・・・
ここまで待つとは思わなかった・・・
よりによって一年で一番混む時期に来るなんてオラのバカ・・・、(ノд`)
ひとまず今日はフェリー乗り場の駐車場の芝生にテント張って野宿します・・・(´・ω・`)









岩手滞在
キャンプ場の朝は雨が降っていた。
今日も天気はいまいちのようだ・・・
この前の週間天気予報だと、もう晴れる予定だったのにーヽ(´Д`;)ノ
山のほうはとくにやばそうなので、鉱山跡はやめておこう。
まあ、東北きてから廃墟しか観光してないから、普通の場所に行くか。
とかどうとか、悩んでたらキャンプ場でもう10時。
IMG_8867.jpg

キャンプ場には、ライダーが他にもいた。
もうお盆だから、人が増えてきたぞー。
とりあえず、キャンプは連泊にして、街のスーパーでブログ更新して、出発したのは11時とかなり遅い。

さて、今日は竜泉洞に行ってみよう。
思ったよりキャンプ場から遠いなー(´~`)
しかも、今日はTシャツとナイロン長袖一枚だけだと寒い・・・
革ジャンはテントの中に置いてきてしまった・・・
しかたないから、雨具着て走った(゚Д゚)おー、寒。

2時間走って竜泉洞に着きました。
日本三大鐘入洞の一つでここのウリは巨大な地底湖。
IMG_9149.jpg

ほんと透き通った水と鐘入石がライトに青く光って、神秘的。
深さ120mとか湖があるらしく、すごいっすね(´∀`)
IMG_9138.jpg

鐘入石自体は、他の鐘入洞とあまり変わらないっす。

近くの道の駅に行って、ラーメン食べた。
寒い体にラーメンはうまい!

そして、ツーリングマップルに塚森牧場というとこがヨーロッパのような風景と書いてあるので行ってみることにした。
と、雨が降ってきた(@×@;)
今日の予報は曇りじゃなかったのかよっ!
まったくこれじゃあなんで東北にとどまってるのか意味ないじゃん(ノд`)

まあ、30分ほど走ると、雨はやんで晴れ間が見えてきた(´∀`)
牧場に行くにはローカルな峠道を抜ける。
峠の登ったら、見晴しのいい高原。
IMG_9157.jpg

おおー、これは隠れスポットですねー(≧∀≦)
ツーリングマップルでも、色もついてないような道だけど、景色イイ!
ひさびさの日差しも見えるしウキウキしてきたぞー。
そして牧場へ行くであろう曲がり角を曲がったらダートになってるじゃないかΣ(゚Д゚;)
マップルにはダートって書いてないのにー。
さすがにかなり長く続きそうなので、諦めて家路の道に進んだ。

スーパーで買いだしして、キャンプ場近くの温泉入って、飯食って寝るのだった。
そういやキャンプ場にライダーが増えていた。
うーん、お盆だな。
松尾鉱山へ
道の駅の休憩所の野宿は、とても快適だった(´∀`)

さて、今日は松尾鉱山をちゃんと訪問するか~。
A君も興味があるようなので、二人で行くことに。
途中、道をショートカットしようとしたら、道に迷った・・・(´~`)
なんとか松尾鉱山に到着して、いざ訪問。
前は離れの一個しか見なかったけど、今日はいっぱい団地あるほうを見るぞー。

建物の基礎は鉄筋コンクリートなので、崩れる心配はなさそうだ。
残留物はあまりなくて、ほとんどが瓦礫の山が散乱している。
外から見るといくつも建物がありそうだけど、内部でけっこう繋がっていて迷路のようだ。
IMG_9050.jpg

壊れかけのRazikase
IMG_9040.jpg

松尾鉱山から松尾鉱山を望む
IMG_9043.jpg

きっと当時は最新だったTV
IMG_9054.jpg

通路
IMG_9055.jpg

あいにく山の上は天気が悪い。
体育館は、閉山後、一時他の施設に使われてたらしい。
IMG_9070.jpg

電球にツララが!人工と自然の融合
IMG_9074.jpg

共同浴場。こっちは女湯かな~('-'*)
IMG_9078.jpg

教科書が風でめくれる
IMG_9084.jpg

体育館にオルガン
IMG_9102.jpg

落書きの黒板と
IMG_9115.jpg

そんな感じで、ざっと周って3時間ほど訪問してきました。
二人訪問だったから、いつもよりぜんぜん怖くはなかった(´∀`)
さすがにいつも一人で行くときはスリル満点なんですよー。
A君も楽しんだようんでなにより。
りっぱな廃墟マニアになれよ。

途中に同業者とニアミス(´Д`)
外の道路からは、たぶんハイカーだろうか団体のおじいちゃんおばあちゃんが眺めてたり、
やはりここは人気がありそうだ。

近くの飯屋でホロホロ丼というのを食べたら、なかなかうまかった(´ー`)
img082.jpg

鶏肉とタレとご飯のハーモニーや~。

そして、ここでA君とはお別れ。
またどこかで~(^ー^)ノ

さて、今日あとぼくは観光よりもいろいろやっておきたいことがあるのだ。
とりあえず、近くにキャンプ場があるので、そこにテントを張りに行こう。
寝床が決まってると、後で行動しやすいしね。

馬返しという無料キャンプ場を見て、近くにもう一つ無料キャンプがあるから、いちおうそっちも見ようと思った。
で、一度キャンプ場を出て走ってたら、急斜面で眺めがよかったので、ここで写真を撮ってやろうと写真をサイドバックから出して一枚撮った。
IMG_9131.jpg

そしてサイドバックにカメラを入れたら、

ズズズ、ガシャーン
えっえっ、?(゚Д゚≡゚Д゚)?

気づいたらバイクは倒れてて、ぼくの両足が挟まって身動きできないΣ(゚Д゚;)
どうやら斜面でバイクが動いてサイドスタンドが外れて倒れたようだ・・・
やばい!早くなんとかしないと。
ガソリンが漏れて引火でもしたら目も当てられない・・・
なんとかしようにも両足が挟まってて、どうしようもない。
人通りも少ない道だし・・・
エンジンキーは下向きにあって手が届かないけど、自然にエンジンは止まってくれた。
もがいてもがいて、靴が脱げながらなんとか両足は抜けた(・∀・)
早くバイクも起こさないと。
しかし、路肩は土でバイクは土にめりこんでるし、足場も悪くて靴もない不安定な体制で持ち上がるか?
正直これは無理だろうと思ってたけど、火事場の馬鹿力というものはすごいもので、よっこらせっと持ち上がった(・∀・)
バイクはエンジンかかって、土の上だったからほとんど無傷でよかった・・・
あー、ほんとメチャメチャ焦ったよ~。
これから斜面に止めるときは、面倒でもエンジンきってギアをいれとかないと!

そしてもう一つのキャンプば相の沢に行ったら、同じような雰囲気だけど、こっちは乗り入れできるのでこっちにした。

さて、まずはコインランドリーに行こう。
国道に出てちょっと走ったら、すぐに見つかった。
Tシャツ、靴下全部と、さすがに公衆の面前でパンツは脱げないので、履いてない分だけ洗濯機に突っ込んだ。
素肌にナイロンの長袖一枚で歩き回るのは変態チックだ・・・
洗濯してる間にインターネット喫茶に行く。
盛岡の市街のほうにいったら快活空間があった(・∀・)
ここは初めてなんだけど、噂通りとてもリッチな空間だなー。
ネットでなにするかというと、壊れたデジカメの代わりをヤフオクでチェックするんです。
で、さすがに旅しながら落札は難しいので、親父に落札してもらおうかなと。
デジカメは、小さくてSDカードが使えるのが欲しい。
探したけど、けっきょく今までのデジカメの前の型になりそうだ・・・

けっきょくなんだかんだ一時間半もネットをしていた・・・
そして洗濯物を取って、近くにあった飯屋でじゃじゃ麺があったので食べた。
じゃじゃ麺って、ミートソースみたいなのと思ってたら、味噌で想像と違った。
img080.jpg

ラー油と酢みたいのも付いてきたけど、あれはどうやってかけるんだ?

そして真っ暗な道を走ってキャンプ場に帰った。
明日は近くを周ろうかな。

岩手へ戻る
ねぶたは昨日終わったので、臨時キャンプ場も今日までだ。
しかし、今日は北海道も東北も雨・・・
キャンプで連泊したいけど、今日でキャンプ場がなくなるなんてヽ(´Д`;)ノ
で、北海道に行こうと予定していたが、北海道梅雨入りかよってぐらいしばらく天気が悪そう・・・
東北は明日以降天気はよさそうだから、先に東北を周ることにした。
まず東北周るなら、鉱山跡巡りをしよう(・∀・)

キャンプ場は明け方けっこう降ってたけど、それ以降は小雨状態だったので、撤収は比較的樂だった。
そうそう、昨日濡れたカメラはやはり電源がつかない(@×@;)
img076.jpg

うーん、一眼を持てないときの臨時カメラがなくなってしまった・・・
どうにかしないと・・・
キャンプ場を出る前に、ねぶたの衣装とカメラを郵便局に行って家に送った。

さて、鉱山跡は秋田と岩手の間にいくつかあるので、今日はそこに移動だ。
雨具を着こんで雨の中、来た時の道を戻った。

途中の道の駅でイカ刺し定食を食べる。
img077.jpg

イカうまい(´∀`)

そうそう、来るときに見かけた廃墟をチェック。
工場のタンクのように見えたのは、ほんとに大きいタンクだけポツンとあった(´ー`)
いい錆具合だったが、雨で一眼が使えない・・・

もう一件、旅館のようなホテルのようなのを見てみると、やはり廃墟だった。
IMG_8988.jpg

ホテルって書いてるわりには、普通の民家っぽい。
二階だけホテルなのか??
このテープはいつの時代だ。
IMG_8990.jpg

でも、服とか乾してあって、人が住んでた気配がなんともいえない・・・

さらに行くと、大きい工場の廃墟のようなものがあるじゃない(・∀・)
しかし、敷地内に新しめな車が止まってて、どうなってるんだろう・・・
また、今度様子を見てみよう。

そして小坂鉱山に寄ろうと思ってたら、いつのまにかかなり行きすぎていた・・・
まあ雨だから、また今度にしよう。

尾去沢鉱山に今は鉱山の観光施設があります。
マインランド尾去沢といって、坑内観光や子供向けの施設があります。
1000円払って、坑内観光。
坑内は広いところもあってすごい空間。
IMG_8998.jpg

全坑道の長さは青森ー東京ぐらいあって、とっても大きい鉱山だったようだ。
人の声がするとかって思ってたら、君たちでしたか。
IMG_9015.jpg

坑内で一人とも会わなかったので、人形がいきなり動いたらどうしようかと思った・・・
んー、やっぱり観光施設だから怖くてもスリルはないなー。

そして肝心の尾去沢鉱山の施設後は、いまやほとんど撤去されていて、土台のようなコンクリートの塊が見えるだけ。しかも、目の前に鉱山会社の人がいるし・・・まあ、晴れたときに写真を遠くから撮るぐらいか。

さらに南下して、盛岡より少し北の24時間休憩所がある道の駅、石神の丘を目指す。
峠越えのルートを走ってたら、日が落ちてきて焦る(´~`)
雨で夜の峠なんて勘弁だー。
7時ころに道の駅に到着。
24時間の休憩所はキレイだし、まだ人がいないぞー。
そうそう、実はねぶたでも一緒だったA君も、けっきょく北海道に渡らず同じように岩手観光にしたようなので、ここより60km南のこれまた24時間休憩所のあった道の駅で野宿の待ち合わせをしてたんですよ。
でも、もう暗くなっちゃたし、こっちの道の駅でも十分だから、こっちに来ないかなーと電話したけど、バイクの運転中なのか出ない。
どうしようかなーと思ってたら、ちょうどA君もこっちの道の駅に来た(・∀・)
連絡しなくても来るなんて、さすがライダーどうし(´∀`)
飯食べてないので、近くのドライブインに飯を食べに行った。
ジンギスカン定食は、やっぱり北海道とは違った・・・

道の駅に戻って就寝。
ここの休憩所は、柔らかい椅子があって快適だー。
img079.jpg

ちなみに、ライダー4人にライダーじゃない(?)人1人が、本日の宿泊者(´ー`;)

明日は、また松尾鉱山探索かなー。



ねぶた最終日
ねぶた最終日の今日は、昼にねぶたで跳ねて、夜のフィナーレは花火です。
そして一昨日、岩手でキャンプが一緒だったA君もねぶたに到着したようで合流。
一緒にねぶたに参加しようぜ(`・ω・´)

朝は適当に時間を潰して、いざねぶたに出陣!
CIMG4416.jpg

今日も大バイクツーリングで駐車場に移動(´∀`)
駐車場で、A君といたら、一人話し掛けてきて、T君が加わり3人グループになりました(・∀・)
T君は今朝の2時にキャンプ場に着いたらしい・・・

そして駐車場から会場の待機場所がわからずみんなウロウロしながら、なんとか待機場所が見つかった。

そして昼のねぶたは始まった。
しかし、明るいし人数も夜よりも少ないから、いまいち熱気にかけるなーと思ってたら、雨が降ってきた。
かなり激しくなってきて、雨が目に入って前が見えないぐらい激しいヽ(´Д`;)ノ
CIMG4422.jpg

そんな雨にみんなテンション上がって、なんか盛り上がってきた(´ー`)
もう衣装はびしょ濡れ。
衣装ぐらいはいいんだけど、懐に入れてたデジカメが濡れてるΣ(゚Д゚;)
やべー、電源が入らなくなってる・・・
乾けば治るかな・・・

まあ、とりあえずねぶたは進行して、なんか夜よりも早いペースで進んでいく。
雨でねぶたもボロボロになってきてるし・・・
観客も平日の昼だし、雨だし、少ないな・・・
そして足も昨日に引き続き痛くなってきたー(@×@;)

なんだかんだ、跳ねて跳ねて無事ねぶたは終了した(´ー`)
バイクでキャンプ場に戻って、着替えをとってダッシュで銭湯へ~。
冷たい体に銭湯は生き帰る('-'*)

飯食べて、キャンプ場でゴロゴロして、夜の花火に3人で出かけた。
IMG_8934.jpg

ねぶたのフィナーレはねぶたを船に乗せて、ねぶたが海の上を漂いながらの花火大会なんです。
IMG_8939.jpg

さっきまで地面を這っていたねぶたが船の上にいるのは違和感だ。
でも、やっぱり昼に見るよりも、夜のねぶたのほうが断然キレイだ(´∀`)
IMG_8951.jpg

ラッセーラー

キャンプ場に戻ったら、仲良くなった3人で飲んで楽しい夜を過ごしたのだった。
みんな今、千葉に住んでいるよいう偶然も(・∀・)
しかも、T君は隣町だし、さっき話してたチャリダーも隣町だし、なんか千葉おおいぞ~。

明日から北海道はしばらく天気が悪いので、北海道入りは迷い中。

ねぶたへ
今日はねぶたに参加。
だけど、ねぶたは夜なのでそれまで暇っす。
近くのフェリー乗り場行ったり、本屋行ったり、半田屋に昼飯にいったり、キャンプサイトでゴロゴロしたり過ごしました。

キャンプサイトのバイク達。
IMG_8931.jpg

59

毎日入れ替わりがあるけど、200台ぐらいはいるんじゃないかな(´ー`)
こんな大勢なバイクキャンプ場見たことない(・∀・)
おっ、屋久島でみた放浪っ子のエストがあるけど、テントが多すぎて、本人わかんないや・・・
やっぱりこっちまで北上してたんだ。

そして夕方になってみんなねぶたの衣装に着替えだした。
ぼくも衣装は近くのスーパーで買いました。
キャンプ場の隣にはスーパーがあってとっても便利。
衣装も3500円と、思ったほど高くない。
さて、ねぶたの衣装は、いっぱい着るものがあって複雑。
いちおう着方の紙はあるけど、それとにらめっこしてたら、隣にいたおっちゃんが着させてきれました(´∀`)
ありがとー、おっちゃん!
それにしても、けっこう一人参加多いかなと様子みてたら、みんなしっかりグループに入ってるじゃん・・・ヽ(´Д`;)ノ
やばい、乗り遅れた感が・・・

そして続々とバイクが出発していくので、ぼくも頃合を見て出発。
CIMG4397.jpg

会場近くの駐車場まで大ツーリングっす(`・ω・´)
通りかかりの人や車に目立つ目立つ。
沿道の人に手を振りながら走ったり、これまた楽しいっすね。
ミニでツーリングいしてる気分だ(´∀`)
で、駐車場に着いたら、近くにいたバイク乗りさんが「足摺岬で会いませんでした?」って聞いてくるじゃない
ああーっ、四国の足摺岬で話したライダーさんじゃないっすかΣ(゚Д゚;)
北海道のへそ祭りは行くって話してたけど、こっちにも来てたんだ!
ということで、彼のグループに混ぜてもらうことにしました。
駐車場から会場までは各自移動なので、一人っきりだと右も左もわからないので助かった。
いやー、あの時話しかけててよかった(ノд`)
まあ、彼以外知らないグループなので、なかなかグループの輪に溶け込めないけどね。
そして会場の出発地点についても、一時間ぐらい待ち時間があるからこれまた一人だと辛いな・・・
やっぱり祭りは一人で来るもんではないなと思った・・・
そして待つことやっと、空砲の合図とともにねぶたは始まった。
CIMG4402.jpg

(・∀・)ラッセラーラッセラー
(^ー^)(´∀`)(`・ω・´)ラッセラッセラッセラー
の掛け声で、跳人は跳ねる。
基本は2ステップで跳ねるらしいが、とにかく跳ねる。
周りはすごい熱気で、予想以上にすごいぞ!
とにかく叫んで跳ねまくりで、アドレナリンが出てきたぞ。
しかもこれが永遠と二時間続きます。
てか、太鼓や笛のリズムはまったく関係なしなのか・・・!
ねぶたはすごいって言うのが、よくわかってきた。
さすがに初めはずっと跳ねっぱなしだったけど、二時間も持つわけないので、周りに合わせて休み休み。
しかし、跳ねてるとねぶたなんてぜんぜん見えないっすね。
CIMG4408.jpg

後半のほうになるとカラスが乱入。
(カラスとは、伝統衣装じゃなくて、悪風な黒を基調とした衣装を身にまとった若者たち)
カラスはラッセラーのリズムじゃなくて、ホイッスル吹き鳴らして周りを巻き込んでかき乱してます。
てか、突発的にモッシュとか発生しておもしろい(`・ω・´)
女カラスは露出度高いし(´Д`)キャー
てか、女跳人も多いです。
女の子がみんなかわいく見えるのは祭りのせいですか(´ー`)?
で、そんなねぶたをかき乱すカラス達は、ねぶたの委員会の人達に追い出されます。
そんな争いの光景も、いまやねぶたの風物詩か?

そして運行コースを二時間かけて一周して、ねぶたは終了。
あー、跳ねすぎてふくろはぎが痛いっす(´Д`)
衣装も汗まみれっす。
こりゃー、モッシュなライブぐらい十分疲れるっす。

祭りでみんなとはぐれたので、一人でトボトボ帰るのでした。
祭りが始まっちゃえば、一人だろうがグループだろうが関係ないんだけどね~。
駐車場からキャンプ場までは、また帰るバイクグループと一緒になって、高速ツーリングが楽しい(´ー`)

そしてコロナワールドの湯に行ったら、やはりねぶた帰りの客でごった返してます。
GWかよってぐらい混んでますヽ(´Д`;)ノ
もうシャワー台に行列だ・・・

そして適当に夜飯食べて寝るのでした。
明日はねぶた最終日。
青森へ
昨日の夜は、予想外に雨が降っていた。
台風は去ったようだから、天気がいいと思ってたけど、野宿しないでよかった・・・
IMG_8867.jpg

一緒にキャンプしていたA君とはお別れ。
ここに来て、初めて"ねぶたで会おうぜ"という、ライダーお決まりの挨拶(´∀`)
すでにねぶた開催中なんだが・・・

さて、今日も青森目指して北上。
岩手と秋田の真ん中あたりの4号と使って北上です。
途中に道の駅に寄ると、荷物をたくさん積んだライダーをよく見かける。
時期的にこっちにみんな集まるのかなー。
少し話したハーレー乗りのお兄さんも、去年日本一周して、明日のねぶたに行くらしい。

そして、どんどん青森を目指すのだが、途中にどうしても寄りたいところがあるんですねー(・∀・)
八幡平アルピーテラインという岩手と秋田と繋ぐ県境のワインディングがあるんですよ。
しかし、今日は秋田側は雨のようで、山に近づいて行くと雨が降ってきたヽ(´Д`;)ノ
それでも見たいんだーと、ワインディングを進んでいくと視界が開けた先に見えました(`・ω・´)
IMG_8873.jpg

おおおおおー(≧∀≦)
あれが夢に見た、雲の上の楽園、松尾鉱山跡です。
当時、東洋一の規模を誇った鉱山は、今や東洋一の廃鉱山だ。
今でもほとんどそのまま残ってるんですね。
今は時間がないから、あまり見れないけど、少し見学してきましたー。
IMG_8885.jpg

緑の部屋に朽ち果てたコンクリートの階段。
IMG_8887.jpg

この広大な大地に当時は活気が溢れていたことだろう。
また戻ってきたら、探索するからな~。
待ってろよ、松尾鉱山(*´Д`*)

そして、日が暮れるまでに青森に行かなければー。
安比高原という避暑地の道路を抜けて山道を走ってたら、雨が激しくなってきた・・・(@×@;)
まじで激しい・・・
雨具着てても、雨粒が痛いぐらい・・・
ブーツカバー履くタイミング逃して、靴の中も浸水しちゃったし・・・
でも、時間がないから、道の駅で休憩しながら進んだ。
青森県あたりに入ると、やっと雨は上がった(´ー`)
途中に、小さいホテルと工場の廃墟のようなものを見かけたけど、時間がないからそのまま通過。
後ろ髪引かれるけど、帰ってきたら見てみよう。

そして6時ころにねぶたのキャンプ場に到着。
ねぶたの時はバイク用の無料キャンプ場を用意してくれてるんですよー('-')
もうこの時間だとすでにみんなねぶたに出動してるようで、テントはほとんどものけの空。
IMG_8906.jpg

とりあえず適当にテント張るスペースを探して、設営完了。
近くにいた人に、ねぶたの開催場所を聞いてみたけど、お互い初参加のようで場所がわからない。
今日はねぶたの見学だけでもしたいんだけどなー。

とりあえず適当にバイクで街中に行ってみたら、ねぶたの開催場所はすぐに見つかった(・∀・)
バイクなら路肩に止めてても大丈夫そうだし。

さてさて、ねぶたの始まり始まり。
見てたら、なんかみんな黙々とねぶたを引いて歩いてるだけ(?ー?)
なんかすごい静まり返ってるけど、なんでだ・・・
と思ってたら、7時から始まりのようで、太鼓と笛と鐘のようなもので音が鳴りだした。
やっぱり日本の祭りは太鼓だよな~(≧∀≦)
体に響く太鼓の音に、メロディアスな笛の演奏。
祭りだ(・∀・)
ぼくも笛っ子で参加してみたいな~。
大ねぶたはほんとに重そうで、道路をはみ出そうながら振り回されながらぐるぐる回したり迫力満点。
IMG_8914.jpg

そして、跳人はラッセラーのリズムで跳ねる。
(・∀・)ラッセラーラッセラー
(´∀`)(≧∀≦)(´Д`)ラッセラッセラッセラー
IMG_8929.jpg

でも、団体によって跳人のノリもいまいちのころこがあったり。
メチャメチャ死ぬほど激しいのを想像してたけど、モッシュじゃないんだから、ああいうもんかな。
まあ、参加してみないとわからないね。

だいたい雰囲気はわかったので、飯食べて銭湯に行った。
キャンプ場近くのコロナワールドという銭湯は、スーパー銭湯並みというかスーパー銭湯の設備でありながら390円と格安。
この設備であの安さは、日本一かも(´ー`)
たぶんバイク乗りはみんな行ってるんじゃないのかな。

夜のキャンプ場は、ねぶた帰りのライダーでかなり騒がしいんじゃないかと思ってたけど、思ったより騒ぎはなくて良かった。
明日へねぶたに参加~。

岩手へ
昨日の家を出発して、一路首都高へ。
いつものミニ仲間が首都高に集まってくれて、出発式なのです。
しっかし、台風の影響か風が強い・・・
レインボーブリッジなんて風速12mで死にそうでした・・・ヽ(´Д`;)ノ

そして4人ほど集まって、いつものように雑談して、2時ころぼくは発った。
IMG_8833.jpg

みんな、ミニクラブのことは頼んだぞ(`・ω・´)

そして常磐道へ向かって、守谷SAに到着。
奥で人目のなさそうなベンチがあったので、そこで寝ることにした。
しかし、なんか眠くなくて、起きてるのか寝てるのか良くわからない状態のまま、気づいたら明るくなっていた(@×@;)
んー、なんか目が覚めちゃったし、5時といえ人もすでに多いので出発した。
常磐道をいちおう終点の福島ぐらいまで進んで、後は下道で青森まで行く予定っす。
結局3時間しかねてないので、これは後々やばいかなと思い、他のPAでいい場所あったら寝ようとしたけど、やっぱりまだあまり眠くない・・・

そして、常磐道の終点じゃなくて、3つ前ぐらいの出口で降りて下道へ。
国道6号線沿いで北上。
まだ10時だけど、腹へったので牛丼の昼飯。
そしたら、そのあと眠くなってきて、昼間から居眠り運転で危ない(@×@;)
道の駅には、畳の休憩スペースがあったので、そこで一時間ほど寝たら、復活した。
CIMG4390.jpg


その後もねぶたを目指して、ひたすら走った。
福島を抜けて宮城へ。
ここからは6号から4号を北上。
そして岩手入り。
観光をまったくしなかったけど、通りがかりの廃墟で気になったのだけ、ついつい見てしまった。
洗車場の廃墟。
IMG_8838.jpg

なんとも哀愁が漂っている。
IMG_8839.jpg


整備工場の廃墟。
IMG_8851.jpg

車達が夢の跡・・・
IMG_8859.jpg


岩手は広大な田んぼ畑が岩手っぽい気がする。
IMG_8845.jpg


さて、時間は夕方過ぎ。
今日はどこに泊まろうか。
最悪、真っ暗ななか道の駅まで走るかと思ってたけど、明るいうちに大分進めたので、無料キャンプ場へ行った。
刈生渓流公園キャンプ場に行ったら、とても閑散としてて、まあいいかなと。
テントを設営してたら、バイクで一人来た(・∀・)
偶然にも同じエストに乗ってるA君は、同じく日本一周中で昨日出発したばかりみたい。
二人のキャンプ場は、旅話に華が咲いて、ひさびさに楽しいキャンプになりました(´∀`)

結局今日は高速200km、下道200km進んだ。
ぼくにしてはかなり走ったけど、そのわりに体は疲れてない。
だいぶ体がバイクに慣れてきたのかな。
明日は青森まで行くぞ。

自宅滞在五日目
今日はミニの保管作業。
洗車場に行って、コインシャワーで綺麗に。
CIMG4389.jpg

そして、ガソリン満タンで帰って、錆止め吹いたり、バッテリー外したり、キャブのジェット抜いたり、マフラー塞いだり、
そしてカバーを掛けて、保管完了。
ミニよ、待っててね(´・ω・`)

そして、ツーリングマップルにキャンプ場情報や炭鉱情報書き込み作業。
うーん、時間が足りない・・・

そして夕飯食べて、荷物を準備して、今日の夜再び出発します(`・ω・´)
生活が保障された実家の生活から、不安定な生活に戻るのは、なんか面倒くさくなってきたり・・・
いや、暗い夜に出発だから、気分がのらないのかな~
自宅滞在四日目
今日は朝から、ジムニーとエストの整備~。

エストのオイル交換。
ジムニーのオイル交換。
そして、バイク屋に注文していたエストのブレーキシューを取りに行って、ブレーキの前後をチェック。
ドラムブレーキはいちいちホイール外さないとダメだからめんどくさい・・・
CIMG4386.jpg

フロントブレーキは、沖縄あたりから、雨や湿気が多い日は、またカックンブレーキになってしまって交換だ。
でも、シューは新品と比べてぜんぜん減って無いぞ・・・
CIMG4387.jpg

色はかなり変色している。
うーん、ここまで減ってないとは意外(・_・")?
なんでエストはカックンブレーキになるんだろう・・・

リアのタイヤも外してシューを見たら、こっちもシューのカスはかなり溜まってるものの、なぜか減ってない(・_・")?
まあ、リアはカックンブレーキにならないので、清掃だけしてシューは交換しなかった。

チェーンも調整して、エンジンかけて様子をみたんだけど、チェーンが硬くてか、回転してるときに、チェーンがガクンガクンなってるんだよな・・・
バイクってこういうもんなんですかね・・・(・_・")?
まあ、たぶんずっとこれで走ってたからいっか・・・

それにしても、関東も梅雨明けして暑い日だ。
でも、与那国で炎天下のなかキビ刈りのバイトをしたぼくは、こんなヘナチョコな日差しなんてへっちゃらさ(`・ω・´)
人間、限界を体験すると、強くなるよな。
いや、でも暑いっす・・・(´Д`;)

夕方には、買出し。
ツーリングマップル、東北、北海道版をゲット。
CIMG4390.jpg

出発までにキャンプ場情報まとめとかないと~。
そして、四国で買い換えた靴はあまり気に入ってなかったので、地元の靴屋にいったら、
安くてなかなか良さげなのがあったので、靴お買い上げ。
これならバイクも廃墟もバッチリだ(´ー`)

バイクの整備は無事終わったので、出発は予定通り明日の夜~。
自宅滞在三日目
今日はみなとみらいまで花火を見に行ってきました~。

途中の山手線電車内でポケモンっ子が多いな~と思ってたら、スタンプラリーやってるんだ(´ー`)
ママさん達大変そうだ~。
てか、駅の改札の外にスタンプがあるのは、いい手を考えてるよなJR。

買い物にアキバのヨドバシに行ったら、途中の信号でメイドさんにアキバマップなるものをもらいました。
初メイドと接触(´Д`)ハアハア
帰りに同じ信号を通ったら、メイドさんはアキバ兄さんに代わってました・・・

さてさて、みなとみらいの花火大会。
デジカメじゃ花火を綺麗に撮れないので、夕焼けで我慢してください。
CIMG4372.jpg


なんかイチゴとかメロンとかパイナップルとか眼鏡とか変わった花火が多かったよ。
そして、やっぱりフィナーレが一番ドバドバと打ちあがって盛り上がりますね~。
でかくて綺麗ですごかったぞ(≧∀≦)

帰りは駅まで人の波波波。
でも、普段撮れない絵が撮れたぞ~(`・ω・´)
真ん中の二人がなぜかとても際立っている。
CIMG4381.jpg

夜景と人の波。
CIMG4385.jpg



今日は一日、旅を忘れてリフレッシュでした~(*´∀`)
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。