バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡へ
やまなみハイウェイ野宿は、意外に夜は車通りも少なく静かでよかった。
後で聞いた話だけど、週末だとやっぱり走り屋とか暴走族が出るみたい。
撤収して出発。

まずは別府へ。
朝のやまなみハイウェイを疾走して、湯布院の道の駅に着いた。
そしてた駐輪場に止まっていた、原付きで長旅してるというおじいさんに捕まった。
まだ旅して3カ月ぐらいのようだけど、原付きだと小回り聞いて細かくみてれすごいだろっとか、
荷物をコンパクトにまとめて、積載も工夫してすごいだろ、とか、
バイクも身なりもキレイだろ、とか、
単車だと、速いからあまり細かいところ観光しないからダメだ、とか
とにかくずっと自慢話だつづく・・・
嫌な人に捕まってしまった・・・ヽ(´Д`;)ノ
ぼくは、適当にあーうー、すごいっすね~(´Д`)と相槌・・・
たしかに、積載方法はキレイにまとまってるし、身なりもキレイなんだけど、
そんなことで自慢すること事態ナンセンスだし、かっこわるいよ・・・
15分ほど捕まってて、これまた勝手におじいさんが道の駅の売店が空いたか様子見行ったすきに、ぼくは逃げた≡゚Д゚)
こういうときに、言い返せる会話術がぼくにもあればねー。
後々になって、あーいえばよかった、こーいえばよかったと、考えるんですよねー(@×@;)

やまなみハイウェイの11号に戻って、湯布院を抜けて別府方面へ。
ここの道も絶景でいい(・∀・)
IMG_8756.jpg


ほんと阿蘇の周りの道はすごいぞ~。

そして別府に到着。
どこの温泉に入ろうかなーと考えたけど、やっぱり無料の野生な露天温泉こそ、温泉の醍醐味か!と、山の中にある無料温泉を探しに行った。
案内看板がぜんぜんないので、かなりわかりずらいけど、ネットで調べたら、ダートの先にあるらしい。
それっぽい道に入ってくと、ほんと見晴らしのいいダートに出た(・∀・)
IMG_8758.jpg

そして道は真二つに別れてて、どっちにいけばいいかまったくわからないけど、
片方の道から車が来たから、そっちのほうに曲がって、ダートを突き進んでいくと、温泉が見つかった。
CIMG4349.jpg

ここはヘビン湯という無料温泉。
水は透き通るようにキレイで、森の中にある野生味たっぷりな温泉。
先に入ってたおじさんたちも出ていった、貸切状態(´ー`)
いい湯だな(´∀`)

そしてほんとはここじゃなくて鍋山の湯というところに行きたかったんだけど、
さっきおじさんに聞いたら、別れ道を逆のほうに行けばいいとのころ。
ダートを慎重に走って、そっちの道に行くと、さらに道は凸凹で荒れてくる・・・
荷物満載のロードバイクで来るとこじゃないよ・・・
もうガックンガックンと段差の衝撃で、荷物が横ずれして落ちそうだったヽ(´Д`;)ノ
なんとか鍋山の湯に到着。
CIMG4350.jpg

こっちはさっきとうって変わって、見晴らしよくで温泉は濁った泥水。
これまたぼくが入るときは人がちょうどいなくて貸切状態。
いい湯だな(´∀`)

あともう一つここら辺に温泉があるらしいけど、もう満足。
というか、ダート走りたくない・・・
で、温泉を後にして、地獄蒸しプリンという名物を食べて、別府を後にした。
CIMG4353.jpg

普通のプリンよりコクがあるような気がするけど、ぼくはグルメじゃないので違いがあまりわからんよ(´Д`)

そして一路、北九州へ。
あとはとくに見たいものないので、道の駅巡りでもしながら進んだ。
平尾台を抜けて市街へ入ったら、都会な北九州は渋滞。
ひさびさにすり抜けに精を出した。
渋滞都市東京で走るライダーとして、地方都市ですり抜け負けられないぜ・・・(・∀・;)

そして、前回も来たしょうぶ谷キャンプ場に戻ってきた。
IMG_8761.jpg

ここは市街に近くて無料ですからねー。
夜ま、またQさんに飯につきあってもらいましたー(´ー`)
Qさんは明後日が休みみたいなので、その日に博多案内してもらおうかと思うので、
明日はたまには一日ゆっくりしようっと(´∀`)

スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。