バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
与那国島の九日間
・30日(土)

キャンプを撤収して石垣島からフェリーで4時間、午後2時ころに与那国島に到着。

ひとまず宿に行った。
久部良荘へ。
IMG_8425.jpg

ここは石垣島のキャンプ場に薦めてもらったところ。
一泊1300円と与那国一の安さ(・∀・)

荷物を宿に置いて、バイクで島を一周りに出かけた。

島の最西端の岬。
IMG_8429.JPG.jpg

あまり実感なかったけど、これを見るといよいよ果てまできたんだなと実感した(´ー`)
この向こうには異国の地、台湾が~(*´Д`*)

Drコトーの診療所。
IMG_8433.jpg

Drコトーのドラマはこの島で撮影したようで、ロケ地が観光地です。
ぼくはドラマ見てないんで、どうでもいいんですけどね・・・(´~`)

こちらは立神岩。
IMG_8436.jpg

岩が立ってます!
そんだけっ(・∀・)
あと軍艦岩ってのもあるんだけど、なぜか遊歩道が閉鎖されてて入れなかった。
軍艦好きとしては見たかったのにー(´~`)
そんで東の岬を見て宿に帰ってきた。

夜は近くの港でカジキ祭という祭がちょうどやってるので、宿のオーナー達と見に行った。
昼はカジキ釣り競争もしてます。
IMG_8426.jpg

民謡ライブもやってて、人もいっぱい来てて盛り上がってます。
IMG_8449.jpg

で、宿のオーナーが、いろいろ面倒見のいい方で、いろいろ連れてってくれるんですね。
オーナーは、旅はその地元の人達と交わるというのが信条という考えの方なので、
祭りのときは、地元の人達の輪に加わってぼくも飲んでました(・∀・)
そしたら、一緒に飲んでたJAの社長がぼくがコンピュータ系の仕事をしてたことを知ったら、HPを作って欲しいとかって話になって、なにやら働く雰囲気に。
とりあえず、後日仕事のことは話すということになった。
結局、夜は祭りが終わっても飲んでて、深夜にやっと終わったのだった・・・

・1日(日)

次の日曜日は、追い込み漁体験をさせてもらいに海に行った。
CIMG4262.jpg

宿のオーナーの知り合いの方が、たまに追い込み漁をしているので、宿のみんなで一緒にやらせてもらった。
追い込み漁とはなんぞやと言うと、潮が引いたときにサンゴのリーフに残された魚を、
出口に張った網に追い込んで捕るという方法。
シュノーケルをつけて潜るとサンゴのすき間にお魚さんがいますよ(≧∀≦)
こんな身近にお魚を見れるなんて、さすが沖縄だなー。
みんなで横に並んで、魚を追い込んでいくが、なかなか思うように魚は動いて行かない。
でも、二カ所でやって10匹ぐらい捕れました(´∀`)
CIMG4263.jpg

このあと、さばいて刺し身で食べさせてもらったらうまかった(*´Д`*)
半分は宿のみんなに分けてもらって、煮て食べました。
自分達で捕った魚はうまい!

夜はまた宿仲間と祭りに参加。
釣ったカジキをさばいて無料で配ってたけど、行くのが遅れてもらいそびれた・・・
祭りの最後はどぅんたという手を繋いで輪になって踊るのだが、ぼくの隣にうまい具合に若いオナゴが~(≧∀≦)
と思ったら、どっかのおじいが割り込んできたΣ(゚Д゚;)
しかも、そのおじい、しきりに若いオナゴに話し掛けてやがって・・・

・2日~(月)
ほんとはもう島から帰る予定だったけど、仕事をすることになったので一週間伸ばすことにした。
で、いざJAに行ってみると、さとうきび畑で働くことになっていた・・・
じつは昨日から、やっぱり畑で仕事して欲しいなーとか話を聞いてたけど、やっぱり畑仕事か・・・
ということで、畑にかりだされました(´Д`)
CIMG4276.jpg

仕事は、キビを植えたり、皮を剥いたり、ナタで刈ったり、荷物を運んだり、肉体労働。
なによりも沖縄の日差しは厳しくて、ほんと一日クタクタになります('A`;)
8時半から5時までフルタイムで働いて、家に帰っても、外に出かける元気はなくて、仕事だけの一日っす。

そんな仕事だけの一日が金曜日まで続くのだった・・・・
ちなみに、時給850円。
疲れる割には、都内に比べてやっぱり安いよなー。
島の物価も高いし、宿泊代が安いのが助かるぐらいかなー。

木曜に宿の一人が帰るので、最後に晩餐に飲んでたら、オーナーにスナックに連れてかれました。
そのスナックでは、ちょうどDrコトーのプロデューサーが飲んでるということで、連れてかれたんだけど、プロデューサーさんは他の人とずっと話してて、ぼくらと話せる機会はありませんでした。
こんな風にここの宿のオーナーはいろんな人やイベントを紹介してきてくれる宿で、おもしろいとこなんです。
けっきょくスナックでは飲んで歌って帰ってきました。

金曜の夜に飲んでたら、宿のオーナーと深夜ドライブに出かけることになった。
夜行性のヤシガニとかヨナグニサンが普通に道端にいました。
IMG_8451.jpg

ヤシガニは、本島で食べるとすごい高い料理になるみたい。
ヨナグニサンは、すごいでかい蛾で、蝶になれなかったのがかわいそうなやつだ・・・(´ヘ`)
ほんとすごいでかいけど、蛾なんです・・・

・7日(土)
やっと5日間の厳しいバイトが終わった(´∀`)
今までずっと旅してると、毎日休みという感覚はなくなっていたけど、
ひさびさに休みの日のうれしさを実感した(≧∀≦)
朝めざましかけて起きるなんて、コリゴリ・・・
とはいっても、旅が終わったら社会復帰はしないとだめだけど・・・

さて、そもそも与那国島に来た一番の理由は海底遺跡を見たかったから。
なんだけど、先週からずっと潮が高くて船が欠航してて、ぜんぜん見に行けない・・・
今日は、バイクで見てなかったとこを見に周って、東屋があるところで寝ながら音楽でも聞きながらのんびりしました。
IMG_8472.jpg


・8日(日)
与那国島最後の日だけど、海底遺跡は見れないし、だいたい見て周ったし、暑いし、あまり外に出る気起きないなー。
近くの海にちょっと泳ぎに行っただけで、あとは宿でゴロゴロな日。
でも、こういう旅先でこういう時間の使い方こそ、最高の贅沢だ(´∀`)

夕方には日本で最後に落ちる夕焼けを見にいった。
最近天気はいいけど、なぜか夕焼けのときに雲は多くて、いまいち見えないんですよね。
最後の日も雲は少しあったけど、いい写真が撮れました(´∀`)
IMG_8483.jpg

夕焼けスポットには珍しく観光客多く集まってきてた。
最西端というだけあって、日が落ちるのは7時半で、暗くなるのが8時ころで、けっこう時差があります。
ぼくは暗くなるまで青空の下で車の整備をよくしてたけど、これなら長い時間できてうらやましい。

明日、いよいよ与那国から折り返しだ。
スポンサーサイト
与那国島 速報7
20070708095008
台湾まで100km程の与那国島は、台湾放送が少し映ります( ^ー゚)b
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。