バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅滞在二日目
今日はバイクの整備。

エアクリーナー交換
プラグ交換
キャブフロート室清掃
ワイヤー類給油
パンク防止剤注入

あたりの作業をやった。
注文していたブレーキシューは、前後とも木曜の納品になったみたいで、
足回りの作業はできなかった・・・

そんで、整備して試乗してたら、なんかエンジン始動直後は、アイドリングが安定しない(´・ω・`)
ちょっとエンスト気味・・・
整備して調子悪くなったというか、出発前の状態に戻ったような気がする・・・
なんか走ってると、だんだんエンジンの調子も良くなってきてたんですよね~。
エアクリが汚いほうが、調子いいとか(・_・")?
まあ、走ってればまた調子よくなるかな・・・
エストは不思議なバイクだ・・・

そんで、昼間はまた買出しにお出かけ。

夜はすずき氏と近くにある手賀沼のスーパー銭湯へ。
IMG_8826.jpg

以前、ここに来たときは、まだ出来たばっかりで人少なかったけど、
今じゃ平日でも人が増えたな~。
それにしても、最近安い銭湯が多かったので、入浴代650円が高く感じるようになってしまった。

銭湯の後、ミニで深夜の首都高へ。
平日の夜でも車多くて、30分の渋滞にハマってしまった・・・
IMG_8829.jpg

PAでKさんとSさんと会って、しゃべったりちょっと走ったり。
ニュー辰巳PA居心地よくなったね。
IMG_8830.jpg

ひさびさの首都高だけど、コーナーはまだまだ覚えてるぞ(`・ω・´)
でも、車多くてあんま走れないや。

3時頃解散して、帰りで眠くなったので、路肩で寝てたらすっかり明るくなっていた・・・
スポンサーサイト
自宅へ
フェリーで有明には朝の5時に到着。
おおおっ、お台場懐かしい~(≧∀≦)
IMG_8822.jpg


四時半起きで体がダルイが・・・
今日の天気は雨のようだけど、まだ降ってないので、真っ直ぐ家に帰ろう。
有明から千葉の家までは一時間ほどの距離。
走りなれた都会のジャングルを抜けて、サクっと家に着きました(´∀`)

ただいま~
IMG_8823.jpg

久々の我が家は、意外にアッサリ。
懐かしさもあまりないや・・・(´ー`)
でも、自分の部屋はやっぱりいいね。

さて、出来るだけ早くねぶたに向けて出発したいんだけど、
バイクの整備と放置してある車の整備をしないと。
とりあえず、今日は雨が降る前に車の整備をすることにした。

三ヶ月二十日ぶりにミニと対面。
ちゃんとエンジンかかるかな~(´・ω・`)
なにぶんボロなので・・・
バッテリー端子つけて、
念のため外してあったキャブのジェット入れて、
オイルを少々継ぎ足して、
プラグを抜いて、
まずは手でクランクを回して、
スターターでクランシングして、
プラグをはめて、いざエンジン始動(`・ω・´)
CIMG4366.jpg

一発目は、ブコッブコッ
二発目で、ブオオオオーーーーンッ
って、ちゃんとかかった~(´∀`)
アイドリングも安定してるし、意外に調子よさそうだ。
あと、タイヤ外して、ディスクブレーキにつけてた錆止めを吹いて、グリスアップしていざ試乗。
ブレーキも大丈夫そうだし、思ったよりもぜんぜん調子いいや~。
しかしっ、なんか運転がシックリこない(@×@;)
まともに車を運転してなかったからか
これまでは桃園の誓いを交わしたの如く、死ぬときは一緒、一心同体、もうミニは体の一部の如く運転感覚だったんだけど、
今では体が宙に浮いてるようだヽ(´Д`;)ノ
でも、やっぱりマイミニは最高だ!
ということで、今日はミニでバイクや旅の備品を買いに行ったり、美容院に行ってサッパリしてきました。
髪は3ヶ月伸びっぱなしで、髪型もクソもなかったからな~(´ー`;)
いやー、スッキリンコ(*´∀`)

ところで、バイク屋にブレーキシューを数日前に電話で注文しておいたんだけど、
納品が遅れて8/2になるみたい・・・
いつもは早けりゃ次の日とかにも来るのに~
まあ、ひさびさに友達にも会いたいので、出発は8/3(金)の夜、首都高からになるかも~(・∀・;)
そこからほとんど観光無しでダッシュで青森のねぶたを目指せば、最終日の6,7日には参加できるかな~
東京へ(フェリー)二日目
今日は丸一日フェリーの中です。
船の中では、本を読むか、音楽を聴くか、飯を食べるか、海に黄昏るかしかやることがない。

この東九フェリーは、快適だ(´∀`)
設備はキレイで、風呂も大きめな湯船もあるし、乗客は少ない。
そして飯は、なんと乗船券を買ったときに飯のチケットをもらえて、自販機のご飯を7回分タダなんです(´∀`)
IMG_8804.jpg

もちろん冷水もお茶もタダ。
一日半を持ち込んだカップラーメンとパンで乗り切ろうと思ったけど、十二分に飯に有りつける。
そのかわり食堂はないから、ぼくみたいな貧乏旅の人はいいけど、リゾート客は自販機の飯なんて嫌だろうね~。
そんで、高待遇のわりには、時間にして2/3の鹿児島ー沖縄間とフェリー代は値段は同じぐらい。
というか、沖縄のフェリーが殿様商売だ(´~`)


さて、この門司ー東京フェリーは、途中に徳島港に寄ります。
IMG_8815.jpg

徳島は長く滞在した街なので懐かしい。

そんなこんなで、のらりくらりと一日を過ごすのだった・・・暇


ところで、明日いったん千葉の家に帰って、西日本編は終了だ。
もう日本一周の半分が終わってしまった。
いや、期間としては、半年のうちの4カ月が終わったから、2/3がすでに終わってしまったのかも。
この前出発したと思ってたら、もうそんなに経っていたのか。
でも、一日一日はよく覚えている。
つい一カ月前の写真を見るだけで、なにか懐かしさが込み上げてくる。
また、すぐに旅立つけど、この旅はかけがえのない一生の思い出に残りそうだ(´ー`)
IMG_8820.jpg
東京へ(フェリー)
いよいよ今日で九州ともお別れで、一旦フェリーで家に帰ります。
しかし、フェリーは門司から夜の7時発なので、それまで暇だ。

とりあえずキャンプ場を撤収して、午前中はいつもの図書館に。
ここは、マンガがたくさんで活字離れした若者も飽きないっすね。
歴史系のマンガが一番多いけど、のだめとか鋼の錬金術とか、どうみても娯楽意外の何者でもないマンガとかも置いててね~。
あと、紀行ものの本も、けっこうアジア旅行記とか若者むけのがあって読みたいな~。

昼飯に、教えてもらった近くのタコヤキ屋へ行った。
タコヤキ屋というかB級グルメ屋で、お好み焼、ヤキソバ、焼うどんとかぼく好みなのがいっぱいあるじゃん(≧∀≦)
もっと早く発見してればよかった~。
タコヤキは15個300円と格安だし!
CIMG4361.jpg

でも、タコが小さいけど、タコヤキならなんでもドーンと来い(^ー^)ノ

そしてフェリー乗り場も門司のほうに移動して、古本屋で時間潰して、夜飯としてマックで腹ごしらえして、乗船。
出港が、お客の乗り込みが遅れてて10分遅れるとアナウンスがあって、
外を見てたけど、とくに積み込みしてる風でもない(?Д?)
そしてら10分後ぐらいに、バスが一台港に入ってきて、スピーカーから「遅れてすいませんでしたー」
と言いながら、乗船してくるじゃない。
IMG_8796.jpg

そんな一台のために出港を遅らせるなんて何様(´Д`)
日○皇民党とかってバスに書いてあって、政治の力を感じたよ・・・

そしてフェリーは無事出港した。
これで南の国とは、お別れだ。
さらば九州(´Д`)ノ
IMG_8803.jpg


東京の有明に着くのは明後日の朝5時です・・・


福岡戻滞在三日目
今日は一日Qさんに博多を案内してもらうことになりました(´∀`)
Qさんのミニに乗って博多へGO
IMG_8765.jpg


昼飯に博多ラーメンのお店に行った。
お店は細道の奥にあるので探すのにとても苦労した・・・
運転お疲れさまっす(`・ω・´)
博多だるまという有名っぽいお店。
CIMG4355.jpg

博多ラーメンらしく、とんこつに細麺でおいしかった~(´∀`)

地下街とかウインドウショッピングして、来た先には、ビルのなかに車を展示してるとこもあった。
CIMG4357.jpg

やっぱり古い車がカッコイイよね(*´Д`*)

福岡タワーに行ったら、ちょうど夕日の時間で、キレイな夕日が見えた(´ー`)
IMG_8785.jpg

そして夜景になった(≧∀≦)
IMG_8795.jpg


夜飯に、Qさんの知り合いがいるモツ鍋屋に行った。
ぼくはモツが好きなんだけど、関東にモツ鍋屋って無くてね~。
CIMG4360.jpg

本場のモツ鍋はうまいぞ~(≧∀≦)
しかも、知り合いの方にVIP待遇してもらいました(*´Д`*)
そんで運転手のQさんもビール二杯も飲んじゃったので、帰りは知り合いの方の運転で送ってもらいました(´ー`;)
やることも運転も粋だった(・∀・;)

明日はフェリーで一時帰国します。
福岡戻滞在二日目
今日は一日北九州でのんびり過ごす。

そうだ、実は昨日からバイクのウインカーが変なんですよね。
ウインカー出すとフロントウインカーの点灯が弱くなって、メーターライトやタコメーターの電源がピコピコ、ウインカーと連動して動くんです・・・
なんとおかしな現象・・・ヽ(´Д`;)ノ
たぶんここら辺の配線は、同じアース線使ってるからそこでなにかあるのかなー。
CIMG4354.jpg

しかし、ぼくはかなり適当な配線処理してるからね・・・
てか、ゴニョゴニョやってたか勝手に治ったよ。
でも、またそのうち発生するんだろうな・・・

そして図書館に遊びにでかける。
やっとこさ三国史60巻を読破したんだけど、
(ネタバレ注意)
img075.jpg

あれって、三国統一して終わらないんだ・・・
いったいいつ統一するのかなーと、思って読んでたら、
なんともあっけない幕切れですね~(´~`)
そして、さらに水滸伝読んでた。

そんでマックで昼飯食べて、温泉へ。
安い銭湯がないので、ひさびさにスーパー銭湯800円に入っちゃった(´∀`)
高いお金払ったんだから、長風呂しようと思ったけど、夏で暑いし、おじいちゃんいっぱいで混んでる・・・

そして、道沿いの古本なんでも屋があったので、寄ってみたら、PS2の鉄拳がタダでできるのでやってたら、
小学生低学年のガキンチョが、隣で乱入してきたので、崩拳の餌食にしてやったわー(´∀`)
もうガキンチョは、
(≧∀≦)うおー、つよーい
って、驚いちゃって、お兄ちゃんに挑むなんて10年早いぞ~。
てか、波動拳コマンドも出せないみたいで、技を教えてあげたけど、出せないみたい。
強くなれよ、少年(´ー`)

そしてまた図書館に戻って、夕方にキャンプ場に戻って、飯作って、夜はふけていくのだった・・・
福岡へ
やまなみハイウェイ野宿は、意外に夜は車通りも少なく静かでよかった。
後で聞いた話だけど、週末だとやっぱり走り屋とか暴走族が出るみたい。
撤収して出発。

まずは別府へ。
朝のやまなみハイウェイを疾走して、湯布院の道の駅に着いた。
そしてた駐輪場に止まっていた、原付きで長旅してるというおじいさんに捕まった。
まだ旅して3カ月ぐらいのようだけど、原付きだと小回り聞いて細かくみてれすごいだろっとか、
荷物をコンパクトにまとめて、積載も工夫してすごいだろ、とか、
バイクも身なりもキレイだろ、とか、
単車だと、速いからあまり細かいところ観光しないからダメだ、とか
とにかくずっと自慢話だつづく・・・
嫌な人に捕まってしまった・・・ヽ(´Д`;)ノ
ぼくは、適当にあーうー、すごいっすね~(´Д`)と相槌・・・
たしかに、積載方法はキレイにまとまってるし、身なりもキレイなんだけど、
そんなことで自慢すること事態ナンセンスだし、かっこわるいよ・・・
15分ほど捕まってて、これまた勝手におじいさんが道の駅の売店が空いたか様子見行ったすきに、ぼくは逃げた≡゚Д゚)
こういうときに、言い返せる会話術がぼくにもあればねー。
後々になって、あーいえばよかった、こーいえばよかったと、考えるんですよねー(@×@;)

やまなみハイウェイの11号に戻って、湯布院を抜けて別府方面へ。
ここの道も絶景でいい(・∀・)
IMG_8756.jpg


ほんと阿蘇の周りの道はすごいぞ~。

そして別府に到着。
どこの温泉に入ろうかなーと考えたけど、やっぱり無料の野生な露天温泉こそ、温泉の醍醐味か!と、山の中にある無料温泉を探しに行った。
案内看板がぜんぜんないので、かなりわかりずらいけど、ネットで調べたら、ダートの先にあるらしい。
それっぽい道に入ってくと、ほんと見晴らしのいいダートに出た(・∀・)
IMG_8758.jpg

そして道は真二つに別れてて、どっちにいけばいいかまったくわからないけど、
片方の道から車が来たから、そっちのほうに曲がって、ダートを突き進んでいくと、温泉が見つかった。
CIMG4349.jpg

ここはヘビン湯という無料温泉。
水は透き通るようにキレイで、森の中にある野生味たっぷりな温泉。
先に入ってたおじさんたちも出ていった、貸切状態(´ー`)
いい湯だな(´∀`)

そしてほんとはここじゃなくて鍋山の湯というところに行きたかったんだけど、
さっきおじさんに聞いたら、別れ道を逆のほうに行けばいいとのころ。
ダートを慎重に走って、そっちの道に行くと、さらに道は凸凹で荒れてくる・・・
荷物満載のロードバイクで来るとこじゃないよ・・・
もうガックンガックンと段差の衝撃で、荷物が横ずれして落ちそうだったヽ(´Д`;)ノ
なんとか鍋山の湯に到着。
CIMG4350.jpg

こっちはさっきとうって変わって、見晴らしよくで温泉は濁った泥水。
これまたぼくが入るときは人がちょうどいなくて貸切状態。
いい湯だな(´∀`)

あともう一つここら辺に温泉があるらしいけど、もう満足。
というか、ダート走りたくない・・・
で、温泉を後にして、地獄蒸しプリンという名物を食べて、別府を後にした。
CIMG4353.jpg

普通のプリンよりコクがあるような気がするけど、ぼくはグルメじゃないので違いがあまりわからんよ(´Д`)

そして一路、北九州へ。
あとはとくに見たいものないので、道の駅巡りでもしながら進んだ。
平尾台を抜けて市街へ入ったら、都会な北九州は渋滞。
ひさびさにすり抜けに精を出した。
渋滞都市東京で走るライダーとして、地方都市ですり抜け負けられないぜ・・・(・∀・;)

そして、前回も来たしょうぶ谷キャンプ場に戻ってきた。
IMG_8761.jpg

ここは市街に近くて無料ですからねー。
夜ま、またQさんに飯につきあってもらいましたー(´ー`)
Qさんは明後日が休みみたいなので、その日に博多案内してもらおうかと思うので、
明日はたまには一日ゆっくりしようっと(´∀`)

大分(阿蘇)へ
ライダーハウスで5時に目が覚めた。
じつはライダーハウスのオーナーが、ちょうど今日からブルーベリー摘み体験をさせてもらえるということで、ぼくも行くことにしたのだ。
ということで、早起きして参加する5人で車に乗って近くの畑にきた。
さっそくブルーベリー摘みを開始。
CIMG4339.jpg

青くなってる実を探してモギモギしてきます。
試しに食べてみたら甘酸っぱい(´Д`)
途中、クモの巣に襲われながら、モギモギモギモギ。
一時間ほどで終わってみれば、ぼくは一番少なく700g。
一番多い人は2000でしたー。
そして採った一割だけ各自でもらえて食べました。
うーん、甘酸っぱい(´Д`)

そして、昨日ブログ更新する時間がなかったので朝作業してたら、ライダーハウスを出たのは10時前と大分遅くなってしまった。
IMG_8710.jpg

阿蘇ライダーハウスの街には魅力がいっぱいでした。
ほんとは今日は別府のほうまで行くつもりだったけど、オーナーが阿蘇をいろいろ教えてくれたので、阿蘇を今日は周ってみることにした。

そして、まずは大観峰まで登った。
ここから阿蘇の連峰が一望(・∀・)
IMG_8713.jpg

阿蘇は山の真ん中が沈下してできた地形で、見渡す限り山に囲まれてます。
アルプス山脈とは違うすごさだ。

そしてミルクロード、やまなみハイウェイをちょっと走って、荻岳に登った。
IMG_8718.jpg

あまり有名なところじゃないけど、360°の展望がすごいところ。
ここはマチュピチュか(`・ω・´)

ミルクロード、やまなみハイウェイ、ファームロードを抜ける。
IMG_8723.jpg

阿蘇は快走路ばっかりで、走っても走ってもきりがない。
なんかもう北海道にきた気分になってきた・・・

昼飯も教えてもらったお店に行ってみた。
ここは商店なんだけど、飯もあって風呂もあって、知る人しか知らないお店。
CIMG4348.jpg

蒸鳥定食。
甘タレでプリプリのチキンがうまーい(´∀`)
定食だと、野菜を全部残して申し訳無いですが・・・

鍋ヶ滝に行った。
ここは前に生茶のCMの舞台にもなった場所らしい。
IMG_8733.jpg

滝の裏側にも入れて神秘的(´ー`)

やまなみハイウェイのほうに戻って、40号を北上。
九重夢大橋を見に行ったら、橋を渡るのは有料なのでやめた。
駐車場の係のおじさんが話し掛けてきて、頼んでもないけど、カメラで撮ってくれた。
いや、ぼくは風景派なのでいいんですけどね~(´ー`)
記念撮影するのが当たり前って思ってる人けっこういるよねー。
まあ、後々いい思い出にはなるかなー。

九酔峡。
IMG_8742.jpg

阿蘇のは峡まであるんですね~(´ー`)

そして最後はシメで、やまなみハイウェイを北から登っていった。
IMG_8745.jpg

やっぱり阿蘇の一番はやまなみハイウェイだよな。
この景色の広大さは圧巻だ(´∀`)
てか、もう日が沈みそうな時間で走ってて寒いっす・・・
この前は暑い暑い言ってたのに、やっぱり寒いのも辛い・・・

今日は近くに無料キャンプが無いので野宿をするつもり。
朝からずっと野宿の候補地を探してたんだけど、ベストなところが見つからない。
せっかく阿蘇で野宿するなら景色のいいところがいいんですよねー。

で、けっきょくやまなみハイウェイの途中にある、空き地に決めた。
IMG_8747.jpg

阿蘇の山を見ながら大自然の中で野宿。
今回はトイレも水道もない野宿だ(・∀・)
ちなみに、水1Lだけ持参してます。

明日は別府に行って、北九州。
熊本(阿蘇)へ
宮崎の夜は涼しくて、テントのなかでもグッスリ寝れた(´ー`)
夜露でテントは湿ってたけど、日がでたらすぐに乾いた。

テントを撤収して、阿蘇方面へ。
フォレストピア六峰街道という峰沿いの道で東へ進む。
どんどん登って行って、朝ということもあって走ってて涼しい(´∀`)
やっぱバイクは涼しくなくっちゃね。
展望はあまり開けない道だけど、一部で見える展望は見晴らしはいい(・∀・)
IMG_8624.jpg

途中にある天文台。
IMG_8625.jpg

てか、この道ぜんぜん人がいないな~。

途中走ってて、なんか足が冷たいなーと思ってたら、なななな、なんと!エストから泡がΣ(゚Д゚;)
IMG_8629.jpg

エアクリーナーボックスを撤去したスペースに、パンク修理剤の缶を入れてるんだけど、穴があいて漏れたみたい・・・
実は前回も漏れたんだけど、そのときはここまで一気に漏れなかった・・・
というか、なんでこんなに缶がダメになるんだろうか・・・
とりあえず、掃除して、走りには支障はなさそうだ。

日之影の石垣の村に寄った。
IMG_8631.jpg

小さい集落が、石の段になってるところ。
日本昔話にでてきそうな風景だ(´ー`)

そして、さらに山道を進むと英国館があるというので、さらに進んでみた。
なんでこんな山奥に英国館があるのか思ってたら、どうやら昔、ここの見立鉱山をイギリス人が経営していて、その記念として英国館が残ってるみたい。
建物は、イギリス風ではなく、丸太作りっぽく、イギリス風と日本風の融合らしい。
建物の中には、当時使っていた、イギリスの家具や鉱山の備品が展示してある。
IMG_8639.jpg

IMG_8638.jpg

当時の映像のビデオとかも見せてもらって、なかなか良かったっす(・∀・)
鉱山マニアでイギリス好きには是非!
残念ながら鉱山跡はないっす。

おおっと、もう昼過ぎて思ったより時間がなくなってきた。
高千穂峡は、ちょっと遊歩道を見て撤退。
IMG_8651.jpg


そしていよいよ阿蘇山へ。
阿蘇スカイラインを南側から登ってくと、どんどん風景がよくなっていく。
IMG_8658.jpg

緑の大地と山々が広がる風景。
さすが噂のロードだけあって、すごいぞ~(≧∀≦)
これは、我らが関東の伊豆スカイラインやビーナスラインをも凌駕しちゃうかも。
IMG_8664.jpg

頂上まで登って火口も見てきた。
火口近くの建物がトーチカみたいでかっこいい(´ー`)

おっ、ドライブインの廃墟もあった。
IMG_8697.jpg

観光地ってけっこう廃墟スポットだよなー(´ー`)
IMG_8685.jpg

こんな眺めがいいとこなのにねー。
台所がとくにいい雰囲気だ。

そして、阿蘇の街にある阿蘇ライダーハウスに今日は泊まる。
鹿児島にあまり人がいなかったから、こっちも今は少ないかなーと思ったら、
こっちは人多いΣ(゚Д゚;)
8人ぐらい、部屋満杯ぐらいいます。
ぼくはやっぱ人が多いと、居場所に困るなー(´ー`;)
まあ、そんな長期滞在のグループはいないので話やすいっすね。

というか、ここのオーナーがすごい人っす。
阿蘇をほんとに好きで、熱意が伝わってくる。
というか、まずその宿の説明のマシンガントークが圧巻(´Д`)
ぼく、あそこまでのマシンガントーク初めて聞いたよ。

夜は100円銭湯に入って、スーパーで馬刺しを買って夕飯。
ここは馬刺しが安いみたいで、一人前の量で700円ぐらいで売ってる。
馬うまかった(´∀`;)

明日は、阿蘇を周るか別府まで行くか、どこに泊まるか迷い中・・・



宮崎(日向)へ
昨日の夜はブログ更新とマンガ読んで夜ふかしして、寝不足でライダーハウスで起きた。
マンガあると、ついつい読みたくなっちゃうな~(´~`)
ライダーハウスのオーナーも良い人だし、居心地いいんだけど、予定は遅れてるので、先を急いだ。
IMG_8615.jpg


今日は宮崎の日向まで行きます。
けっきょう距離がありそうなので、観光はほとんど無し。
というか、道沿いに見たいところあまりないや・・・

220号をグルっと南周りで東に進んで、志布志を抜けて、宮崎の海岸へ走った。
途中に工事中の片側通行の信号で10分待たされたり・・・
とにかく走った(`・ω・´)
CIMG4331.jpg

それにしても、昼になってくると暑い。
走ってても暑い(´Д`)
沖縄も暑かったけど、走ってさえいれば風は爽快で気持ちよかったのに、
宮崎の風は暑くて、走ってても暑い。
というか、天気予報みてみると沖縄33°で宮崎34°じゃんΣ(゚Д゚;)
沖縄より暑いのかよっ!
温度も去ることながら体感温度は、まったくもって暑い。
沖縄では日差しが刺すように暑かったけど、日陰にはいれば涼しいし、風も気持ち良かった。
昼間でも、風通しのいい東屋とかなら昼寝できるぐらい。
でも、宮崎は日陰にはいっても、風が吹いてもムアっと暑い。
こりゃたまらん・・・(´・ω・`)
まあ、宮崎というか、本州はどこもこんな感じの暑さだっけ。
昨日の鹿児島は曇っててマシだったんだよね。
石垣のゲストハウスでタイ帰りの人と話してたら、タイより沖縄は暑くて大変って言ってて、
まさか南のタイより暑いわけないじゃん、と信じてなかったけど、アレは嘘ではないのかもな・・・

そんなわけで、暑いなか走った。
IMG_8617.jpg

フェニックスロードは、海岸沿いで爽快だ・・・けど、暑い・・・

知事さんなんとかしてください(´Д`)
CIMG4332.jpg

昼は、0円マップに載ってる店で食べようと思ってたけど、走りながらも暑さで目舞いと眠気が襲ってきてやばかったので、
道の駅で休憩がてら、昼飯を食べた。
CIMG4333.jpg

宮崎のチキン南蛮はタルタルソースで召し上がる。
タルタルソースはドレッシングっぽいから、ぼくはちょっと苦手なんですが・・・

そしてまた走った。
暑くて観光する気も起きない。
コンビニでは60円のアイスで我慢だ(´ー`)

夕方にはやっと涼しくなってきた。
夜の気温は沖縄よりも、だんぜんこっちは涼しいみたいだ。

そして今日のキャンプ場、日向の御鉾ヶ浦公園に到着。
ひさびさの沖縄以来、誰もいない無料キャンプ場だ(≧∀≦)
ひっさしぶりにほんとに独りになったな。
夜はテントに入れるぐらい、まだ涼しいのでよかった。
でも、少しでも涼しくなるようフライシート無しに挑戦してみた。
IMG_8619.jpg

夜露大丈夫だろうか・・・

明日は阿蘇へ。
鹿児島(垂水)へ
フェリーは定刻より一時間ほど遅れて朝9時ころに鹿児島に到着。
腹減ったから、とりあえず、吉野屋で腹ごしらえ。
なんか豚丼がうまくなってるぞ(´∀`)
で、郵便局でいらない荷物を家に送って、南海でバイクのオイル交換とチェーン調整。
CIMG4307.jpg

台の上に載って、エストが手術を受けてるようだ~(*´Д`*)

そして桜島フェリーで桜島へ渡った。
鹿児島から桜島までは、すぐの距離。
ひとまず桜島の道路に登る。

ひさびさに長い距離をバイクで走る。
沖縄にいたときは連泊が多かったけど、ぼくはまた渡り鳥の日々に戻ったんだ。
ライダーの実感が戻ってきた。
エンジンの鼓動。
心地よい風。
軽快なエキゾースト。
ひさしぶりにバイクの運転の楽しさを実感した(´∀`)

湯之平展望台に到着。
IMG_8568.jpg

うーん、梅雨明けのはずだけど、空は真っ白に曇ってて、桜島は見えませんヽ(´Д`;)ノ
桜島の一周道路を進むと、廃墟発見(・∀・)
沖縄では、まったく手ごろな廃墟が無く、ひさびさの廃墟見学。
IMG_8576.jpg

うーん、ちょっとゴミが多かったな。

桜島を南下し、海潟漁港で、カンパチ丼食べて、さらに南下して佐多岬を目指す。
もうちょっとで佐多岬のあたりで、雨がΣ(゚Д゚;)
梅雨明けたっていうのに、雨に降られるとはおもわなかった・・・
本州最南端、佐多岬に到着。
CIMG4310.jpg

駐車場から、岬までは徒歩で15分行かないとダメらしいので、入場料払って歩いた。
雨具のズボン履いたままだと、蒸れて蒸れて失敗した・・・
おっ、途中に廃墟発見(・∀・)
CIMG4311.jpg

これはこれは、なかなかいい具合ではないかっ!
CIMG4314.jpg

この道は有料だけあって、荒らしも少ないし、もっと年季が入れば、もっといい廃墟になりそうだ。
小雨だったから一眼をバイクに置きっぱなしだったのが悔やまれる・・・
そして、いちおう佐多岬も見て、戻った。

さて、今日は垂水まで戻って、ライダーハウスに行くのだが、来る途中に怪しげな看板の施設があったので行ってみた。
国道からわき道に反れて走ること10分。
看板の廃れ具合から、廃墟を期待していったら、大違いΣ(゚Д゚;)
IMG_8583.jpg

涅槃城という、とてもキレイで大きな門が出てきた。
なんだこりゃ!
奥からちょうど郵便のカブが出てきたので人はいるようだ。
さらに奥に入ってくと、怪しげな建物や仏さまが寝てたり・・・
IMG_8582.jpg

一番奥に展示場があって、掃除のおばちゃんと思ってた人が受け付けだった(@×@;)
なにやら名前も記入するので、ノートを見たら、一日一人の訪問で多いぐらいだ・・・
入場料はお賽銭・・・
これは宗教チックだ・・・
展示室には写真と説明書き。
地下には木彫りのいろんな神様が飾ってるだけだった・・・
ここは堂々のB級スポット入りだな(´Д`)

そして今日の宿、ライダーハウス垂水に来た。
ここは、人気のライダーハウスらしいので、いっぱい人いるのかなーとドキドキしてたら、誰も中にいない?(゚Д゚≡゚Д゚)?
オーナーで電話したら、もうちょっとで帰ってくるみたいだから勝手に入って待っていた。
で、帰ってきたオーナーは、とっても気さくな人で、人が集まるのも納得するって感じ。
そして人が多いと思ってたら、今日はぼくと女の子の二人だけらしい!
ライダーハウスに女の子が来ること事態、珍しいのに、さらに二人っきり!
それなんてエロゲ(*´Д`*)
って、その女の子は今回鹿児島に来たフェリーで降りるとき、隣にバイクを止めてた方で、顔見知りだった。
まあ、女の子というか年上の女性です(´ー`)
お互い、あー、さっきのフェリーで~って感じです。

そんで、今日は土曜の夜でちょうど近くで花火大会があるようなので、ライダーハウスのオーナーやその友達と一緒に花火を見に行きました。
IMG_8586.jpg

小さい花火大会だけど、近くで見れて、空いている。
IMG_8592.jpg

30分ほどの花火大会だけど、田舎らしさが良かった(´ー`)

ライダーハウスに戻って、オーナーの手料理食べた(´∀`)
ここには洗濯機はないから近くのコインランドリーに行ったら、乾燥機が10分だけでちゃんと乾いて感動(・∀・)
今までユースとかの家庭用しか使ったことないけど、ランドリーの業務用は、強力だな~。

明日は、宮崎まで北上。


鹿児島へ戻る
フェリーは予定通り6時に那覇新港に着いた。
てか、港に入るまで爆睡してて、危うく降り過ごすとこだった((;゚Д゚))

那覇から鹿児島行きのフェリーは7時発で、バイクで10分ほど先の那覇港から出るので、フェリーを降りてからダッシュ(`・ω・´)
これに乗り遅れたら、明日と明後日の便は満席みたいで二日那覇で足止めされてしまう。
6時20分ごろ、無事フェリー乗り場に着いて、乗船できた(´ー`)ホッ
与那国で宿が一緒だった彼も居た。
石垣から引き続き一緒の人もいるし、離島は狭いね~(´ー`)

ということで、一カ月滞在した沖縄とはこれで最後。
IMG_8564.jpg

さらば、沖縄(^ー^)ノ

ほんとは二週間ぐらいの予定が一カ月滞在していた沖縄。
一人旅は、行き先よりも泊まる宿で楽しさの明暗が分かれるのが実感した。
ぼくは独りも好きだけど、やはり一番楽しい時は人と楽しく話してるときで、
逆に楽しくないときは、人とうまくいかないとき。
独りでいるのは当たり外れはないけど、最高に楽しい訳ではない。
宿に泊まると、楽しいかつまらないか諸刃の剣だ。
沖縄で楽しかった宿は、名護ゲストハウスと与那国の久部良荘かな。
両方とも、人は多くはなかったしね。
離島は、石垣、竹富、小浜、与那国、波照間に行ったけど、楽しかったのは宿も楽しかった与那国かな。
石垣と与那国以外は日帰りだったから、まったくわかったようでわからなかった。

ちなみに、沖縄の観光で一番よかったのは米原ビーチかな。
あんなに手軽に魚が見えるなんて感動(´∀`)
みんなも沖縄行ったときは、ぜひサンゴ礁のあるビーチにシュノーケル持って行ってください!
強いて言うと石垣の米原はほんとお勧め。
高いお金払ってダイビングするよりも、シュノーケルだけで十分っす。

そんな沖縄まとめ。

明日の朝に鹿児島に着きます。
石垣から鹿児島までずっとフェリーで、一日半海の上なのだが、
ご飯は持ち込んだカップラーメンとクリームパンだけで過ごしてます・・・
腹減った・・・


そうそう、今後の予定。
夏の北海道は外せないけど、このまま下道を走っていくと夏の北海道が終わってしまうので、
北九州まで行ったら、フェリーで東京に戻って、いったん自宅でバイクと車の整備をしたら、一気に北上しようと思います(^ー^)ノ
それでも、ねぶたは最終日に間に合うかどうか微妙な感じ。
そして北海道が終わったら、下関まで南下してゴールです(`・ω・´)
ただ、10月入って寒くなってきたら、車の乗り換えるかも・・・
那覇へ戻る
いよいよ今日で石垣島ともお別れ。
キャンプの撤収は朝からでも暑い・・・

フェリーは定期の朝発の予定が午後になったので、それまで暇だ。
港近くの新しい人気のない公園で、音楽でも聴きながら小一時間過ごした。
最後の八重山の余韻に浸りながら(´ー`)
IMG_8554.jpg


おっと、フェリー乗る前に、最後のあさひ食堂で腹ごしらえも忘れずに。
フェリーで飯は高いので、夕飯は持ち込みカップラーメンでのりきりますからね・・・

そういや、旅に出てとうとう病気に・・・
口内炎が痛い・・・ヽ(´Д`;)ノ
まあ、ぼくのいつもの食生活じゃ、当たり前ですが・・・

そしてフェリーに無事乗船して出港。
さらば石垣島。
さらば八重山(^ー^)ノ
IMG_8558.jpg


フェリーは先週が欠航になっただけあって、今まで宿に会った人達とも一緒になった(´∀`)
米原キャンプ、与那国の久部良、サンダルハウスで会った人誰かしらいるや。

夕方にフェリーは宮古島を経由する。
ちょうど夕焼けが見えた(´∀`)
IMG_8562.jpg


那覇には朝に着きます。
しかし、6時着で違うフェリー乗り場の鹿児島行きが7時発で乗り換えがギリギリ間に合うかどうか。
さらに、20日を逃すと21日はすでにフェリーが予約でいっぱいらしいので、二日待たないといけない。
乗り換えの一時間に、二日間の運命が託される・・・(´Д`)
有村産業、高いフェリー代払ってるんだから遅れるなよ!
石垣島戻滞在九日目
キャンプ場のテントの中は蒸して寝苦しい(´ヘ`;)
なので、人がいないのをいいことに、昨日は炊事台で寝てみた。
IMG_8552.jpg

意外に虫の被害もなく、テントの中よりだんぜんマシだった(・∀・)
てか、これじゃあ野宿だな・・・

さて、今日はなにしようか。
シュノーケルするにしても、これ以上背中を日焼けしてヒリヒリしたくないな~(´~`)
でも、せっかくの沖縄だから、少しだけ潜るか~。
ということで、今回は底地ビーチに行ってみた。
CIMG4306.jpg

が、こっちは聞いてたとおり、サンゴもなければ魚もいないや・・・
しかも、防護網のむこうにはクラゲが出るらしい。
それにこっちは、カップルやファミリーがワイワイやってるだけだな~
ギャルの濡れ濡れのTシャツにハアハアするだけだ(*´Д`*)
一泳ぎして、やめた。
というか、ここに来たのも無料シャワーがあるからってのもあるんだけどね。
今日はこのシャワーが風呂代わりだ・・・

そして今日から図書館は開いてるので、午後は図書館に行った。

そうだ、那覇~鹿児島行きのフェリーの時間を確認しようとフェリー会社に電話したら、
ぼくが那覇につく20日には、フェリーが無いって言うじゃないΣ(゚Д゚;)
しかも、21日は自衛隊で満席で、次の空きは23日っていうじゃん。
たしか、二社が交互に運航してて一日一便あるはずだと思ったけど、20日は無いの一点張り。
しょうがないから23日を予約だけしておいたけど、やっぱりおかしいからもう一社のマルエフェリーのほうにも聞いてみたら、
20日も運航してて、まだ空いてるっていうじゃん(´∀`)
危うく那覇で3日も足止めになるところだった。
しかも、電話のお姉さんは親切丁寧な案内で、もうマルエフェリーLOVEですよ。
マリックスはなんでマルエに20日の便があることも教えてくれないんだ。
わざわざ船会社で日程を変える奴なんているわけないじゃん。
愚痴愚痴っと・・・

図書館を満喫して、帰りにいつものマックスバリューに行ったら、今日は水曜市でいつもより安かった(´ー`)

明日はやっと八重山脱出。
石垣島戻滞在八日目
今日も米原ビーチにシュノーケルしに行こう(・∀・)
伊野田から米原に行くとき、山を迂回していかないとダメなので、なにか近道ないかなーと探したら、
峠道があったので行ってみた。
というか、米原ビーチ行くならそっちでキャンプしたほうが、断然効率的だよな・・・
峠道の林道といっても、意外にキレイに舗装されている。
CIMG4301.jpg

石垣島に峠道があるとは意外。
頂上には東屋があって、隠れ休憩スポットだな。

そして、朝10時ころから海に入った。
CIMG4304.jpg

まだこの時間だと、潮は満ちていて、数十mで足がつかなくなる・・・
いちおうカナヅチだから、あまり無理は禁物だよねー(・∀・)
サンゴの近くにはいっぱいお魚はいるな~(*´Д`*)
昼には、節約のためにもカップラーメンで済ます。
海で食べるシーフードはうまいぞ(´∀`)
CIMG4305.jpg

午後になると、みるみるうちに潮は引いていって、さっき足がつかなかった場所も余裕。
てか、潮が引きすぎて、泳ぎにくい・・・
潮が引いてくと、お魚も海に逃げてくようで、小魚の何百匹っていう軍団が、すごい勢いで海に向かってるのもいた。
あれに巻き込まれたら骨も残らないよ((;゚Д゚))

そんで今日もシュノーケルを満喫してたのだが、終わってみると背中がヒリヒリ痛い・・・ヽ(´Д`;)ノ
昨日もヒリヒリしてたけど、今日はかなり悪化している・・・
潜ってると背中は日焼けっしぱなしで、やばいらしいです・・・
普通はTシャツでも着て泳いでる人が多いけど、今キャンプ生活のぼくは、潮まみれのTシャツを洗うスベもないから、
海パンのみで泳いでるんですが、二日泳ぎっぱなしではなりやばい・・・
今夜は仰向けで寝れないぞ・・・
ちょっと背中をひねっただけでも、痛いよ~(ノд`)

そんで今日もスーパーに行ってキャンプ場に帰ってきた。
ふとバイクを見てみると、チェーンとセンタースタンドが今にも干渉しそう・・・
IMG_8550.jpg

ずっと前からカチャカチャ音がしてたけど、もしかしてここか!
チェーンを調整する工具は手持ちで足らないので、とりあえずスタンドを下げるように応急処置をした。
たしかにチェーンは伸び気味で気になっていたが、さすがに石垣島にちょうどいいバイク屋はない・・・
それにしても、ちょっとチェーンが伸び気味なだけで、干渉するなんて、設計不良じゃない、カワサキ・・・

明日は海は止めて、図書館で静養か。
石垣島戻滞在七日目
なんと今日と明日は、我らが図書館は休館日ですヽ(´Д`;)ノ
二日間もなにしよう・・・
やっぱり沖縄でお金を使わないで遊ぶなら海だよなー。
シュノーケルでもしようかと、レンタルできるとこに行ったら、1500円と安いのが売ってたから、買った(・∀・)
CIMG4290.jpg

持って帰るのも重ばるし、送料もかかりそうだな・・・
でも、レンタル一日800円を考えると買うよな。
そんで、シュノーケルを買ったお店のお姉さんに石垣で魚が見えるおすすめのビーチを聞いたら、米原っていうじゃないΣ(゚Д゚;)
なんと、そこなら前にキャンプしてたのに、そんなにいいとことは知らなかったぞ・・・

おっと、米原に行く前に、前に教えてもらったトミーのパン屋で昼飯を調達。
なんかお店は、なにかの管理室みたいで、これがパン屋とはビックリだ(゚Д゚;)
CIMG4289.jpg

昼前に入ったら、すでにほとんど売り切れてて、ベーコンのパンとクリームチーズのパンを買った。
後でお昼に海岸で食べたけど、ジューシーでおいしかったっす(´ー`)

そんで米原ビーチについた。
ああ、キャンプ場の向かいの海岸じゃなくて、キャンプ場の隣にちゃんとしたビーチがあるんだね(´∀`)
CIMG4291.jpg

サンゴの遠浅のビーチで、100m先ぐらいまでサンゴがあります。
画像だと、波が立ってるとこまで歩いていけるぐらい遠浅で、すばらしい(´∀`)

いざ、シュノーケルを装着して潜ってみると、いるわいるわお魚さん(≧∀≦)
こんな浅いところにも、予想以上にいる!
多いときなんて、視界のなかだけで、20匹ぐらいはいる。
これまで、体験ダイビングで行ったケマラと、追い込み漁体験した与那国でシュノーケルしたけど、
ここは、それよりもいっぱいお魚がいる!
しかも、手の届く位置。というか目の前に!
まるで美ら海水族館で泳いでるようだ!
もし全部ピラニアだったら、ぼくは数分で骨になる!
大きいのは3,40cmの魚に、小さい魚の群れ、白いのや青いのやシマシマなのや色とりどりの魚。
ナマコもいるし、なんかヘビみたいに地面をウネウネしてるのとか・・・ヽ(´Д`;)ノ
向かいからお魚の群れがくるときなんて、まるでWWⅡで連合軍がノルマンディーに上陸するときの戦艦の軍団のようだ(・∀・)
(なんて表現なんだか・・・)
とにかく、今までシュノーケルを買わなかったことに後悔した。
この美しさを写真に撮って、みんなに伝えられないのが残念だ。
せめてサンゴの死骸の画像で我慢してください・・・
CIMG4296.jpg


そして、お魚がきれいなことも感動だけど、カナヅチのぼくはシュノーケルがあるだけで、自在にずっと潜っていられることにも感動(≧∀≦)
自分がこんなに泳いでいられるなんて、想像もしなかった。
ぼくは魚になりました(´ー`)
シュノーケルがあれば、太平洋だって横断しちゃうぞ~。

そんなこんなで、何回か休憩しつつ、夕方前まで楽しんだ。

夜はスーパーで焼き鳥買ってみた。
新レパートリー。
IMG_8549.jpg

鳥モモにはネギじゃなくて、ニンニクが刺さってて、酒と合ってナイスだった(´∀`)
ちなみに、最近酒もマックスバリューの88円チューハイで節約・・・

明日も魚になってきます。
石垣島戻滞在六日目
今日も図書館に行った。
そんだけっ(・∀・)
img074.jpg
石垣島戻滞在五日目
台風は去った。
今の宿はいちおう今日まで分しかお金を払ってなかったので、宿も移動することにした。
他に行ってみたいゲストハウスないし、やっぱり人がいないところに行きたいので、
石垣島にある米原キャンプ場ではない、もう一つのキャンプ場、伊野田キャンプ場に行った。
期待通り、米原と違ってほんとに人がいない。
フリーサイトには長期っぽいおじさん一人だけだ(´∀`)
IMG_8544.jpg

このキャンプ場は値段は米原と同じ400円。
場所も、同じような防風林の中で、すぐそこは海岸。
市街地からの距離も米原と同じぐらい。
ただしシャワーが有料200円と痛い。
そこの差で米原が人気なのかなー。

管理人が居なかったけど、とりあえずテント張った。
木の下の日陰でも日中は暑い・・・

もう昼で腹減ったので、この前教えてもらった明石食堂に行った。
時間は昼だけど、外に並んでる人がいるΣ(゚Д゚;)
ここは市街地からかなり離れてるけど、石垣では人気の店らしい。
沖縄そばの店だけど、味がトンコツみたいだ(´∀`)
CIMG4287.jpg

普通はあっさり塩、しょうゆが沖縄そばなんだけど、珍しい。
沖縄であまり食べれない味だけあっておいしい(´ー`)

そしてシャワーのあるビーチにシャワーだけ浴びに行く。
キャンプ場のシャワーは有料だから、節約節約(´ー`;)

そしてやっぱり今日も図書館へ・・・
土曜日の図書館はいつも以上に混んでていい席が空いてない・・・

暗くなるまでにキャンプ場で戻って、飯食べた。
シャワー代ケチって、水道で髪を洗ってたら、さすがにひもじさを感じた・・・(´Д`)
明日からは普通にシャワーを浴びようかな・・・

夜になってもテントの中は蒸して暑い・・・
サウナのように汗をかく・・・
市街地までのバイクのガソリン代や光熱費代を考えると、
1000円の市街の宿に泊まるのと、あまり出費はかわらないし、
テントで寝るのは暑くて大変・・・
でも、こっちは独りで落ち着けるからいいんだ(´ー`)
石垣島戻滞在四日目
朝、洗濯して、朝食にパンを食べて、出かけた。
台風は、今朝方に一番接近して、今はどんどん遠ざかってるみたい。
CIMG4284.jpg

風は強いけど、雨は降ったり止んだり。
直撃はしなかったから、被害はぜんぜん大丈夫そうだ。

街を少しぶらついたけど、やっぱり行きつく先は図書館・・・

昼飯にA&Wに行った。
CIMG4286.jpg

ルートピアを一口飲んだら、注文したことを後悔した・・・
まあ、Drペッパーみたいなもんっすね・・・(´ヘ`)
あれをおかわりできる人はいるのだろうか・・・

図書館に戻って、読書に励んで一日は終わった。

宿にはやっぱりぼくの居場所はない。

明日はまた宿移動かなー。
石垣島戻滞在三日目
今日の朝のフェリーで那覇に行くはずが欠航(>_<)
今の宿も今日までの予定だったので、せっかくだから宿も移動することにしてみた。
やっぱり美ら宿は、なにも交流がないのでつまらない・・・
二言、三言、数人と会話はしたけど、それっきりばっかりで・・・
まあ、ぼくのトーク術だし・・・

午前に宿をチェックアウトして、本屋で本一冊丸々読んで暇つぶしして、昼に他の宿へ。
そろそろ台風の影響がでてきて、雨が降ったり止んだり、風が強くなってきたり。

今回の宿はサンダルハウスという石垣一安い1000円で、貧乏旅人には人気のところらしい。
電話したとき、けっこう人がいっぱいらしい・・・

いざ行ってみると、やっぱり人いっぱいだ~ヽ(´Д`;)ノ
ほぼ満杯状態で、全員部屋にいるとフリースペースに座るところもなかなかないかも・・・
でも、最近このゲストハウスは隣の家まで拡張したようで、ぼくはそっちの家になった。
そっちもほぼ満員だけど、天井広くて涼しめ。
img073.jpg


人と交流を求めてきたクセに、人が多すぎるとダメとか、ぼくってほんとわがままだ・・・
どうやらぼくは、独りか少数がよくて、多人数はダメみたい・・・
多人数だと、ついつい引き篭りになっちゃうんですよね(@×@;)
会社の飲み会とかも、ほんと苦痛だったしね~
がんばって話せばいいものの、無理してがんばっても疲れるしね~
ダメだこりゃ・・・(´ヘ`)

とりあえず、昼飯食べて、宿にいても暇だから図書館に行った。
今日はgoogleについての文庫をまるまる読んじゃったぞ~(´∀`)

外を見ると雨は降ったり止んだり。
pic_0556.jpg

石垣はギリギリ暴風域に入るか入らないかで、モロ直撃はしないようだ。
そして台風が近づいてるからということで、図書館は一時間早く6時に閉まった。

宿に戻って飯食べて、適当にくつろいだ。
どうやら宿の人達も、まだみんながみんな仲良しってわけではないらしいので、まだぼくは気が楽だった。

あー、無益な時間が過ぎていく・・・


石垣島戻滞在二日目
今日で石垣最後の日になるはずだった・・・
朝、いちおう明日の那覇行きはフェリー会社に欠航しないか電話で聞いたら、
当たり前のように欠航になりましたって言うじゃないΣ(゚Д゚;)
今のところ石垣に台風は直撃しないかもしれないけど、長期便だから欠航なのか・・・
しかも、週1便の運航だから、次の便は一週間後・・・
一週間も、もう見つくした石垣島でなにをしよう・・・(´Д`)
遊ぶにしても、あんまりお金に余裕がない。
ちょうど出発して3カ月なのだが、なんと出費がすでに50万程に達してる・・・
目標は一日3000円、最低でも5000円以内と考えてきたけど、ほんと予定ぎりぎりの出費ヽ(´Д`;)ノ
沖縄では観光やフェリーにお金がかかるけど、それでもそんな無駄使いはしてないと思うんだけどな~
飯も宿も贅沢してないハズだが・・・なんでだ(?~?)

そしてあと一週間もいるとなると、なんかほんと何もやる気が起きなくなってきた・・・
それよりも一週間も遅れると、さすがに青森のねぶた祭りは間に合わないかも・・・
はぁ~(´Д`;)どうしたもんかな~

とりあえず、今の宿にいてもヒマなので、バイクでバンナ岳の展望台に行って、ゴロゴロした。
CIMG4283.jpg

展望台は日陰で風もあって涼しいし、人も少なくてグッド(´∀`)

午後には図書館に行った。
図書館には、米原キャンプ場に居た方たちもいた。
やはり行きつく先は図書館だよね・・・(´ー`)

そして夕方になって、宿に帰るのだった・・・

明日は、宿を移動してみようかな。
石垣島戻滞在一日目(波照間島へ)
今日は朝早く起きて波照間島に日帰り観光。
片道一時間、一日3便しかなくて、8時20分始発の満席。
そしてこの船は噂に聞いてたけど揺れるヽ(´Д`;)ノ
石垣島近くの離島の間の海は大丈夫だけど、それを抜けると潮は荒くなって、船頭はダッパンダッパンとジャンプして、まるでジェットコースター。
船内でも、キャーキャーヒーヒーと悲鳴も・・・
CIMG4281.jpg

ぼくも人並みに酔うほうなので、波照間島に着くころには疲れました・・・

なんとか波照間島に到着して、レンタルサイクルを借りて、観光。

逆時計回りに島を進んで、海岸に行ったら、ヤドカリがたくさんいた。
IMG_8505.jpg

小さいの大きいのやたくさん。
小さいのはほんと小さい貝殻に入ってる(´∀`)

さらに最南端の岬を目指した。
それにしても自転車といえど、暑くて疲れる・・・
IMG_8508.jpg

あー、なんか自転車ってこんなダルイ乗り物だってな~(´ヘ`)
いい加減涼しいところに移動したい。

最南端の岬に到着。
IMG_8510.jpg

日本の国旗は微妙だ。

近くの、星観測所があったので、お金を払ってプラネタニュウムを見た。
うーん、どう考えても、点の星から星座の形は理解できない・・・
ヘビ座だけだな・・・

さて、あと集落を見たり海岸を見て、良かったには良かったが、正直もういろんなとこで見てきたので飽きてきたぞ(´ー`;)
やっぱりぼくはこういうのが好きだな(´∀`)
IMG_8529.jpg

新旧の貯水タンクの共演。

鉱山って書いてたけど、これが鉱山か?
IMG_8528.jpg


放置され朽ち果てたタンク。
IMG_8531.jpg


錆で倒壊した廃車。
IMG_8538.jpg


ここまで倒壊するまで朽ち果てるなんて、さすが島だからか。

で、島を一周り見たけど、けっこう時間が余った・・・
東屋で休んでたら、雨がパラついてきた。
そしたら近くのヤギが雨宿りに来たら、なにか頭を押し付けてる・・・
IMG_8542.jpg

どうしたんだい、ヤギ君ヽ(´Д`)ノ

そしてフェリーで帰った。
帰りのフェリーは外の席にいたら、酔いは大丈夫だった(´∀`)

それにしても、けっきょく波照間島は最南端しか思い出ができなかった。
やっぱり日帰りじゃなにもわからないなと思った・・・

宿に帰って、夕飯は教えてもらった焼き肉屋の牛丼を食べにいった。
CIMG4282.jpg

こんな高級な牛丼ははじめてだ(≧∀≦)

飯食べて宿まで帰る途中に、制服を着た外人さんの声をかけられた(´ー`?)
道でも聞かれるのかと思ったら、キリスト教の勧誘だったヽ(´Д`;)ノ

明日は最後の日の石垣島をゆっくり過ごそうか。

石垣島に戻った
九日間滞在した与那国島とは、いよいよお別れ。
久部良荘のオーナーのおかげで、いろいろ体験できておもしろかったです(´∀`)
しっかし、オーナーはあまり宿に現れない適当っぶり(´ー`;)
最後の朝にもオーナーは来なくて、サヨナラを言わずにサヨナラ。
今日一緒に宿をでる3人でフェリーで、石垣島へ向かった。
IMG_8493.jpg

ちなみに、与那国から石垣島のフェリーは週2便で不便なんですよ。

フェリーから島の近くの海では、行きのときもだったけど、カモメのトビウオ食いショーが見れます(・∀・)
IMG_8501.jpg

なぜ、トビウオは食べられるのに飛ぶのだ(?Д?)

そして、与那国の近くは黒潮が激しくて、揺れが大きいので酔っちまうっすよ・・・

昼過ぎに石垣島に戻ってきた。
石垣島がとても都会に見える(・∀・)
宿から一緒に戻ってきた2人とも、ここでお別れ。
またどこかで~(^ー^)ノ

さて、予定が遅れてるのでどんどん北上したいけど、石垣から那覇行きのフェリーはなんと週1便しかありませんΣ(゚Д゚;)
次は木曜の出航なので石垣で3泊しないと。

ひとまず宿に行った。
今回は美ら宿というまだ出来たばかりの新しい宿。
ここはキレイで設備も整ってるのに、料金は1500円と安めで人気らしいが、殺伐とした雰囲気らしい。
沖縄に来て以来、どこの宿には人が多いので、たまには一人になれる宿ならいいなと思い行ってみた。
場所は商店街の近く。
たしかに施設はできたばかりでキレイだ(・∀・)
宿というかネット喫茶のような雰囲気だ。
たしかにゆんたくとかありえな都会的な雰囲気で、人は多いものの話してる人は少しのグループだけで殺伐としている(´Д`)
まさに現代の若者のニーズに答えたた新しいタイプの宿だ。
img072.jpg

し・か・し、噂通りここは女子が多い(*´Д`*)
ドミトリーには珍しく、女子のほうが多そうだ。
もちろんドミトリーといっても男女別の部屋ですけどね。
まあ、ぼくはいきなり話し掛ける勇気ないしね・・・

宿に荷物を置いて出かけた。

もう3時で腹減ったので、うわさのあさひ食堂へ。
img070.jpg

ここは貧乏旅人には有名のようだ。
量はしっかりあって、値段も安め。
定食が500円~食べれます(´∀`)

那覇行くのフェリーのチケットを早めに買いに行こうと、海運会社へ行った。
そしたらなんと那覇まで17000円Σ(゚Д゚;)
行きは10000円ちょっとだと思ったけど、聞いたら7月から値上げしたんだって!
値上げしたにしても、やりすぎだろーヽ(´Д`)ノ
今は那覇ー石垣間は一社しかフェリー会社ないからって足元みやがって~

スーパーに買い出しに行ったら、値段の安さに感動した(≧∀≦)
というか、与那国が高かったのだ。

それにしても今日は蒸し暑い(;´Д`;)
気温は与那国とあまり変わらないはずなのに、もしかしてアルファルトの街中だから熱いのかなー。
与那国では日陰にいれば耐えられたけど、石垣の街中はどこにいても蒸すようだ・・・

夜に宿に戻って、夕飯にしようと思ったら、宿の炊事スペースには電気コンロ一つだけで競争率激しい・・・
談話スペースのテーブル6個も一人客でほとんど占領されてるし・・・
しかたなく、夜もあさひ食堂に食べに行くのだった。

明日は日帰りで波照間島に行こうかな。
与那国島の九日間
・30日(土)

キャンプを撤収して石垣島からフェリーで4時間、午後2時ころに与那国島に到着。

ひとまず宿に行った。
久部良荘へ。
IMG_8425.jpg

ここは石垣島のキャンプ場に薦めてもらったところ。
一泊1300円と与那国一の安さ(・∀・)

荷物を宿に置いて、バイクで島を一周りに出かけた。

島の最西端の岬。
IMG_8429.JPG.jpg

あまり実感なかったけど、これを見るといよいよ果てまできたんだなと実感した(´ー`)
この向こうには異国の地、台湾が~(*´Д`*)

Drコトーの診療所。
IMG_8433.jpg

Drコトーのドラマはこの島で撮影したようで、ロケ地が観光地です。
ぼくはドラマ見てないんで、どうでもいいんですけどね・・・(´~`)

こちらは立神岩。
IMG_8436.jpg

岩が立ってます!
そんだけっ(・∀・)
あと軍艦岩ってのもあるんだけど、なぜか遊歩道が閉鎖されてて入れなかった。
軍艦好きとしては見たかったのにー(´~`)
そんで東の岬を見て宿に帰ってきた。

夜は近くの港でカジキ祭という祭がちょうどやってるので、宿のオーナー達と見に行った。
昼はカジキ釣り競争もしてます。
IMG_8426.jpg

民謡ライブもやってて、人もいっぱい来てて盛り上がってます。
IMG_8449.jpg

で、宿のオーナーが、いろいろ面倒見のいい方で、いろいろ連れてってくれるんですね。
オーナーは、旅はその地元の人達と交わるというのが信条という考えの方なので、
祭りのときは、地元の人達の輪に加わってぼくも飲んでました(・∀・)
そしたら、一緒に飲んでたJAの社長がぼくがコンピュータ系の仕事をしてたことを知ったら、HPを作って欲しいとかって話になって、なにやら働く雰囲気に。
とりあえず、後日仕事のことは話すということになった。
結局、夜は祭りが終わっても飲んでて、深夜にやっと終わったのだった・・・

・1日(日)

次の日曜日は、追い込み漁体験をさせてもらいに海に行った。
CIMG4262.jpg

宿のオーナーの知り合いの方が、たまに追い込み漁をしているので、宿のみんなで一緒にやらせてもらった。
追い込み漁とはなんぞやと言うと、潮が引いたときにサンゴのリーフに残された魚を、
出口に張った網に追い込んで捕るという方法。
シュノーケルをつけて潜るとサンゴのすき間にお魚さんがいますよ(≧∀≦)
こんな身近にお魚を見れるなんて、さすが沖縄だなー。
みんなで横に並んで、魚を追い込んでいくが、なかなか思うように魚は動いて行かない。
でも、二カ所でやって10匹ぐらい捕れました(´∀`)
CIMG4263.jpg

このあと、さばいて刺し身で食べさせてもらったらうまかった(*´Д`*)
半分は宿のみんなに分けてもらって、煮て食べました。
自分達で捕った魚はうまい!

夜はまた宿仲間と祭りに参加。
釣ったカジキをさばいて無料で配ってたけど、行くのが遅れてもらいそびれた・・・
祭りの最後はどぅんたという手を繋いで輪になって踊るのだが、ぼくの隣にうまい具合に若いオナゴが~(≧∀≦)
と思ったら、どっかのおじいが割り込んできたΣ(゚Д゚;)
しかも、そのおじい、しきりに若いオナゴに話し掛けてやがって・・・

・2日~(月)
ほんとはもう島から帰る予定だったけど、仕事をすることになったので一週間伸ばすことにした。
で、いざJAに行ってみると、さとうきび畑で働くことになっていた・・・
じつは昨日から、やっぱり畑で仕事して欲しいなーとか話を聞いてたけど、やっぱり畑仕事か・・・
ということで、畑にかりだされました(´Д`)
CIMG4276.jpg

仕事は、キビを植えたり、皮を剥いたり、ナタで刈ったり、荷物を運んだり、肉体労働。
なによりも沖縄の日差しは厳しくて、ほんと一日クタクタになります('A`;)
8時半から5時までフルタイムで働いて、家に帰っても、外に出かける元気はなくて、仕事だけの一日っす。

そんな仕事だけの一日が金曜日まで続くのだった・・・・
ちなみに、時給850円。
疲れる割には、都内に比べてやっぱり安いよなー。
島の物価も高いし、宿泊代が安いのが助かるぐらいかなー。

木曜に宿の一人が帰るので、最後に晩餐に飲んでたら、オーナーにスナックに連れてかれました。
そのスナックでは、ちょうどDrコトーのプロデューサーが飲んでるということで、連れてかれたんだけど、プロデューサーさんは他の人とずっと話してて、ぼくらと話せる機会はありませんでした。
こんな風にここの宿のオーナーはいろんな人やイベントを紹介してきてくれる宿で、おもしろいとこなんです。
けっきょくスナックでは飲んで歌って帰ってきました。

金曜の夜に飲んでたら、宿のオーナーと深夜ドライブに出かけることになった。
夜行性のヤシガニとかヨナグニサンが普通に道端にいました。
IMG_8451.jpg

ヤシガニは、本島で食べるとすごい高い料理になるみたい。
ヨナグニサンは、すごいでかい蛾で、蝶になれなかったのがかわいそうなやつだ・・・(´ヘ`)
ほんとすごいでかいけど、蛾なんです・・・

・7日(土)
やっと5日間の厳しいバイトが終わった(´∀`)
今までずっと旅してると、毎日休みという感覚はなくなっていたけど、
ひさびさに休みの日のうれしさを実感した(≧∀≦)
朝めざましかけて起きるなんて、コリゴリ・・・
とはいっても、旅が終わったら社会復帰はしないとだめだけど・・・

さて、そもそも与那国島に来た一番の理由は海底遺跡を見たかったから。
なんだけど、先週からずっと潮が高くて船が欠航してて、ぜんぜん見に行けない・・・
今日は、バイクで見てなかったとこを見に周って、東屋があるところで寝ながら音楽でも聞きながらのんびりしました。
IMG_8472.jpg


・8日(日)
与那国島最後の日だけど、海底遺跡は見れないし、だいたい見て周ったし、暑いし、あまり外に出る気起きないなー。
近くの海にちょっと泳ぎに行っただけで、あとは宿でゴロゴロな日。
でも、こういう旅先でこういう時間の使い方こそ、最高の贅沢だ(´∀`)

夕方には日本で最後に落ちる夕焼けを見にいった。
最近天気はいいけど、なぜか夕焼けのときに雲は多くて、いまいち見えないんですよね。
最後の日も雲は少しあったけど、いい写真が撮れました(´∀`)
IMG_8483.jpg

夕焼けスポットには珍しく観光客多く集まってきてた。
最西端というだけあって、日が落ちるのは7時半で、暗くなるのが8時ころで、けっこう時差があります。
ぼくは暗くなるまで青空の下で車の整備をよくしてたけど、これなら長い時間できてうらやましい。

明日、いよいよ与那国から折り返しだ。
与那国島 速報7
20070708095008
台湾まで100km程の与那国島は、台湾放送が少し映ります( ^ー゚)b
与那国島 速報6
20070707110603
5日間のバイトを終えて、ひさびさに休日という喜びを感じましたヽ(´▽`)/
与那国島 速報5
20070706190603
離島は物価が高いんです。バナナ4本で330円はビックリだ(@_@)
与那国島 速報4
与那国島 速報3
20070704184404
本州は梅雨真っ只中のようだけど、沖縄は梅雨が明けて以来、恨めしいほどいい天気が続いてます(´ω`)
与那国島 速報2
20070703184603
今日もサトウキビ畑で汗水垂らして働きました(・_・ゞ
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。