バイク(エストレヤ)で日本一周リアルタイム更新するブログです。                素人整備のバイクなので、バイクが壊れないかが一番不安な旅なのだ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣島滞在三日目
今日は小浜島まで日帰りの観光~。
昨日と同じように朝、港までバイクで行っていざフェリーは出向。
小浜島を選んだのは、ただ竹富島の次に近かったからだけ・・・
小浜島は、NHKのドラマちゅらさんの舞台で有名らしい。
ぼくはドラマ見てなかったけど・・・

フェリーで30分ほどで小浜島に到着。
フェリー乗り場の周りはレンタル自転車、バイク、車屋があるぐらいでなんもない。
ぼくも自転車ぐらい借りようかなと考えたけど、ひとまず歩いてみることに。
自転車でも乗ってるとシャッターチャンス逃したりするからねー。

とまあ、今日も炎天下のなかテクテク歩きました。
観光客は、みんな何かの乗り物をレンタルして、歩きなんてぼくぐらいのようだ・・・
とりあえず、ちゅらさんの展望台みないなとこまで目指した。
途中の道には何もない。
道路と生い茂った草と空しかない・・・
日陰もない・・・
途中、同じ観光客原付きに二回も抜かれた。
原付き涼しそうだ・・・

1,2kmほどあるいて展望台に到着。
ここはちゅらさんのドラマで告白された場所が見える丘だかなんだか。
IMG_8398.jpg

すぐ向こうには西表島。
近いなー。

展望台を後にして、この島で一番高い山の展望台へ。
360°島が一望でナイスですね(´ー`)
あそこが集落。
IMG_8402.jpg

この小浜島は、面積こそ昨日の竹富島より大きいけど、
人口は少なそうっすね~。

集落に行ってみた。
IMG_8403.jpg

ここも竹富島みたいに古い街並みがある。
が、こっちのほうが少し近代的な建物も多いかな。
竹富島のほうが観光客が多いのも頷けるな。
商店があったので、アイスでも買おうと入ったら、
レジのおばちゃんがぼくを睨むような眼つきです(´Д`;)
アイスを買っても、ものすごい不愛想だ・・・
観光客に冷たいんですかねー(ノд`)
まあ、ぼくが買ったアイスがパキッと割ってチューチューして食べる20円のアイスキャンディだけですからね・・・
この旅にでて、どんな安い買い物でも、遠慮しなくなりました・・・

集落を抜けて、一番遠い岬まで。
集落から2kmぐらいの道のり。
普段なら、そんなたいした距離でもないけど、なんといっても炎天下・・・
なんでぼくは南の島にきても、苦行をしてるんだ・・・(@×@;)
ひたすらなにもない果てしない道路を歩いた。

やっとこさ岬の公園に到着。
エイの展望台です。
IMG_8412.jpg

近くにある数少ないレストランに入ったら、クーラーの効いた室内は満席で、
日差しのある外の席しか空いてないし・・・
でも、カレーそばはなかなかうまかった(´∀`;)

岬からまたテクテク歩いて戻った。
てか、もうこの島に見どころありません・・・
観光客も昨日の竹富島より少ないわけだ。
岬またまた苦行をしながら3,4km歩いて港まで戻った。
おっと、南の島のモアイさん。
IMG_8415.jpg

まあ、リゾートホテルの作り物ですがね・・・

道路脇になぜかブランコ。
IMG_8418.jpg

いいんじゃないでしょうか(´∀`)

港に戻ったら三時半だったけど、ついさっきフェリーは出たようで一時間待ち。

では、近くの東屋でゆっくりしよう。
IMG_8421.jpg

日差しは辛いけど、日陰と風があれば涼しいんです。
やっぱり汗水垂らして観光するよりも、静かな時間をゆっくり過ごすのがぼくは好きだな(´ー`)
ベンチで横になってたら、浅い眠りについていた。
なんか船の音がするかも~、と起きたら、船着てるじゃんΣ(゚Д゚;)
時計を見たら出港3分前。
どうしよう、今から100m先の港までダッシュして間に合うだろうか。
でも、ダッシュしてる最中に船が出港したら恥ずかしいしな・・・
そんなことを考えてたら、船は動き出してしまった・・・ヽ(´Д`;)ノ
また一時間待ちだ・・・
でも、ヒマだからいっか。
今度は寝ないように本読んで待っていたさ、ウン?
今は、深夜特急は読破したので、時計じかけのオレンジ読んでるよ、兄弟、ウン?

そしてまた石垣島のキャンプ場へ戻ってきた。

昨日の夜はみんなの鍋パーティに誘われたけど、
今日は誰かの誕生日パーティもあって、さらに盛大らしいんですよねー。
でも、昨日参加したものの、みんなの話題のテンションについていけなかったので、
また誘われるのも気が重いんですね・・・(´ヘ`)
なので、夜はテントから離れて、海岸の見晴台みないなとこで、一人ブログを書きながら過ごすのでした。

I'm lonely.
I love lonely.

南の島に出て以来、ひさびさに一人の静かな夜を過ごして、これがやっぱりぼくのスタイルだなと思った(´∀`)
いや~、社会不適合者だな・・・。
今日は満月がとてもキレイだ。

明日は与那国島に移動します。

スポンサーサイト
石垣島滞在二日目
昨日の夜はテントの中はいっそう蒸して暑かった(´ヘ`;)
かといって、テントの外は蚊がいるしなー。
と、テントの外に出たら星がキレイ(・∀・)
砂浜で寝てみようとシートを持ってでて、星を眺めた。
もう星空というか、銀河系って感じなぐらいのたくさんの星(≧∀≦)
人里を離れれば離れるほど、星空はキレイになるなー。
で、砂浜は風が強くて寝てる場合じゃなかったので、我慢してテントで寝た・・・

日が明けた。
今日は日帰りで竹富島に行ってきます。
フェリー乗り場までバイクで走って、フェリーに乗った。
竹富島までは30分ごとにフェリーがあるので、とても便利だ。
フェリーに乗ったら、和歌山のキャンプ場と沖縄に行くときのフェリーで一緒だったチャリダーさんがいるじゃない(・∀・)
3度も合うとは奇遇だなー。
もうぼくよりも進んでるようだ。

竹富島に到着。
ほとんどの客はレンタルサイクルか水牛観光のバスで送迎されていく。
ぼくは歩きで周ろうと思います。
今日は良すぎる天気・・・
炎天下のなか島の中心の集落のほうに歩いていく。
石垣の塀に赤い瓦の家がとても風流な島なんですね。
IMG_8353.jpg

いろいろ島を見てきたけど、その島特有の石を使って雰囲気がどこも違うよね。
この瓦は中古なのか、廃棄物なのか?
IMG_8366.jpg


御嶽を見てみた。
この階段ってもしかしてサンゴ?
IMG_8357.jpg



カイジ海岸に出た。
ここは星の形した貝が見つかるようで、海岸では観光客が必至に星の形の貝を探している・・・
この海岸はかなり遠浅なので膝下をつかりながら、海岸線を歩いてとなりのビーチまでいったり。

こちらは水牛馬車の水牛さん。
IMG_8382.jpg

集落の道を水牛馬車で観光できるで、けっこうみんな乗っていた。
水牛だけど、陸の上のみ・・・
西表島だと、ほんとうに水牛で小島まで行くとこがあるらしいっすよ。

集落に戻ってなごみの塔というか、見晴らしのいい階段に登ってみる。
IMG_8385.jpg

集落が一望できて、いい眺め。

集落をグルグル観光。
IMG_8384.jpg

集落だけど、観光客がたくさんなんです・・・

集落の反対側にあるアイヤル浜に行こうとしたらけっこう遠い・・・
歩きでカンカン照りで日陰もろくになく、しかも100円サンダルだと尚つらい・・・
途中、レンタルサイクルの若夫婦が追い抜いていくとき、奥さんのほうが、
歩きだと大変でしょーJ(´ー`)し
みたいに声をかけてくれた。
いけません奥さん(≧∀≦)旦那の前で・・・
なんとか浜に着いた。
IMG_8392.jpg

まあ、浜はどこもキレイですね。
すでに到着していた若妻さんが、お疲れ様という感じで労ってくれた。
いけません奥さん(≧∀≦)旦那の前で・・・

これでだいたい一周りしたけど、まだ時間が午後なったぐらい。
集落の飯屋でごはん食べて、ビーチでマッタリした。

3時ころにフェリーで石垣島へ戻った。

竹富島は、噂通り沖縄的な古い街並みが残っていて、とても雰囲気はあるんだけど、
いかんせん、観光客が多くて、雰囲気が薄れていた・・・
ま、ぼくもその観光客に一人だけどね・・・
そういう意味では、瀬戸内海の犬島は観光客どころか人を探すのが大変なぐらいで、
そっちのほうが離島という雰囲気は感じられるかもね。

で、キャンプ場に戻って、海で一泳ぎしてシャワーを浴びて、夕飯に。
そしたら夜はみんなで鍋パーティをするようでぼくも誘ってくれました(・∀・)
鍋はキムチなんだけど、もうすっかり暗くて、ぼくにとっては闇鍋状態・・・
キャベツとか大根とかレバーとかいっぱい食べちゃった・・・でもおいしかった。
キャンプ場のみんなはとてもいい人ばかりで、ノリも良すぎ(´ー`;)
そんなハイテンションにぼくはついていけないっす・・・(´・ω・`)
ぼくはひっそり盛り上がるので十分っす。
でも、見てるだけでも楽しい夜でした(´∀`)

あー、今日の夜も暑そうだ・・・


石垣島滞在一日目
朝、スコールの音で目覚めた(・ω・)
このキャンプ場は防風林の中なので、雨風をある程度防げるのでスコールでもけっこう大丈夫。
その辺が長期滞在にも適してる場所なんですかね。
でも、やはり夏場にキャンプはテントの中は蒸して暑い・・・
上半身裸で寝ました・・・

キャンプ場を8時ころに出発。
すぐ近くに植物園の看板みたいなのがあったので寄って見た。
あまり植物には興味ないんだけど、無料のようなので入ってみた。
自然の猛威って感じ生い茂っていて、なかなかいいかも(´ー`)
IMG_8301.jpg

進んでくと道をも塞ぐ勢いだ。
屋久島で自然はいっぱいみたけど、ここは熱帯という感じで、
まったく違った雰囲気だった。

先に進む途中に、知らない建物を発見。
IMG_8317.jpg

なにかよくわからないが、いい雰囲気だ。

伊原間サビチ洞ってのに入ろうか迷いながら入り口にきたら、馬が寄って来た。
コレコレ、大事なエストを食べるんじゃないヽ(´Д`;)ノ
IMG_8313.jpg

で、この後、石垣島鐘乳洞ってとこにも行くので、同じような鐘乳洞は入るのやめておいた・・・

石垣島の最北端、平久保岬へ。
海辺はサンゴ礁がとてもキレイ。
そんなキレイな海をバックに灯台はヘブンズドアーという感じ(´ー`)
IMG_8322.jpg

石垣島はどこを見てもキレイだ。

玉取崎展望台に寄って、ホットスパーに寄た。
石垣島はコンビニはホットスパーばかりなのだが、ガリガリ君のような50円のアイスキャンディーが何種類かあって、とってもお得(´ー`)
今日は二回お世話になった。

明日に行く予定の竹富島へのフェリー乗り場をチェックしに街へ行った。
途中に橋の向こうに人口島の公園があったので行ってみると、おじさんが話し掛けてくれた。
おじさんは奥さんのダイビングに付き合って、石垣に何度もきてて、一人で待ってて飽きちゃってるみたい・・・(・∀・;)
しばらく話して出発。
昼飯に前日に教えてもらった食堂を探したら、そもそもさんばし通りというのもどこかわからずにわからない・・・
さっき話したおじさんが行ったというナントカぼうしという食事処があったので、そこでそばを食べた。
そしたら、さっきのおじさんもお店に戻ってきて、また会った(´ー`)

バンナ岳の展望台へ。
この展望台への道は、なんとスカイラインがある。
ちゃんと整備されたワインディングって感じ、石垣島にスカイラインなんて意外だった。
展望台からは街が一望(・∀・)
IMG_8327.jpg

おれが石垣島一番の繁華街なのだ。
東屋があったので、しばしお昼寝タイム。

バンナ岳を降りて、石垣島鐘乳洞へ。
おっ、鐘乳洞(・∀・)ここかな。
八重山鐘乳洞って書いてるけど、八重山も石垣も同じような場所のことだから、ここのことかなー。
と、思いつつ入った。
ふーん、ここは植物園と鐘乳洞のセットなのか。
あまり植物には興味ないってば・・・
まあ、順路通りに植物園から見たんだけど、朝見た植物園のほうがだんぜん野生味があっていいじゃん・・・
ここは人の鑑賞用っぽくて・・・
小鳥部屋もあったけど、鶏や何かが数匹いただけで・・・
IMG_8330.jpg

施設自体も老朽化が進んでいて、B級というか準廃墟というか・・・
うーん、石垣島鐘乳洞ってけっこうみんな行ってるらしいんだけどなー。
やっと鐘乳洞に入った。
鐘乳洞のなかは涼しくて気持ちいい(・∀・)
が、床にオレンジ色のLEDの配管で、青や赤のスポットライトでライトアップはやっぱり・・・うーん(´ヘ`)
鐘乳洞よりも洞の出口から光が差し込む風景がキレイだった。
IMG_8341.jpg

で、それなりに名の通ってるわりにはイマイチのような気がするなーと、出てバイクに乗ってたら、
石垣島鐘乳洞って看板があるじゃないΣ(゚Д゚;)
八重山鐘乳洞と石垣島鐘乳洞は別物だったのか・・・失敗したヽ('A`;)ノ
なにもこんな数100m隣になくてもいいじゃん・・・
でも、また1000円も払って鐘乳洞みるのはコリゴリなのでやめた・・・

そんで図書館にちょっと寄って、マックスバリューによって夕飯の買い出し。
石垣島にもマックスバリューがあるんですよ!
マックスバリューは全国どこにでもあって、いちばんお世話になってるスーパー。
トップバリューブランドは安いしね(・∀・)

キャンプ場に戻った。
ビーチにあるキャンプ場だからシャワーはあるし、管理人さんの行為で携帯の充電できるし、なかなかいいとこ米原キャンプ。
しかも、意外や意外、ウィルコムの電波があります。
今日も他のキャンパーさんとちょこっと話すものの、やっぱり輪に入るのは気疲れしそうなので、止めた。

石垣島はだいたい見終わったので、明日は竹富島に行こうかなー。

石垣島へ
那覇から石垣島はフェリーで14時間。
午前10時に石垣島に到着した。

とりあえず、まずは帰りのフェリーチケットを予約。
那覇から石垣島のフェリーは週3だけど、帰りは週1しかなくて、一本逃すと大変なので、来週の木曜に便を予約しておいた。

石垣島を逆時計周りに進んだ。
富崎岬。
IMG_8277.jpg

沖縄本島よりもさらに海はキレイだ(・∀・)

どこかのホテルの外壁。
IMG_8279.jpg

石垣っぽくていい(・∀・)

御神崎。
IMG_8281.jpg

岩場の下はサンゴ礁がキレイでしばらく見とれていた(´ー`)

平川公園はサンゴや熱帯魚の観光船で観光客に賑わっていた。
IMG_8285.jpg

それにしても、砂浜が白すぎてまぶしい(@×@)
IMG_8287.jpg


半周ぐらいしたところで、米原キャンプ場に到着。
なんかキャンプ場の向かいに怪しいシーサー屋があった。
IMG_8292.jpg

形も去ることながら、色使いがすごいな~(´ー`)
そういや以前、雑誌でこんな写真を見たけど、この店のことかな??

そして、まだ3時で早いけど、どうせ石垣島に居る時間はたっぷりあるのでキャンプを張った。
IMG_8289.jpg

さすが噂通り米原キャンプ場はライダーやチャリダーが多そうだ(´∀`)
何人かと話したら、同じ千葉出身の人が多い!
しかも、ぼくのすごい家の近くで働いてる人もいた('-'*)

で、何人かと話したものの、すでに10人ぐらいの内輪ができていて、そういうグループに入っていくのはやっぱり苦手だ・・・ヽ(´Д`;)ノ
この前の宿のようにみんなが初対面なら話についていけやすいんだけど、
知らないグループに一生懸命に混ざっても、ぼくの会話術では相槌打つのがやっとで、気疲れしてしまう・・・
だからみんなで楽しく騒いでるのを横目に、ぼくは一人寂しく・・・もとい、一人悠々と夕飯を食べるのだった(´Д`)

明日は石垣島をいろいろ周ってみよう。

沖縄滞在11日目
4泊した名護ゲスともいよいよお別れ。
IMG_8255.jpg

今回の宿は初日こそ辛かったものの、その後は仲間に恵まれて、今までで一番楽しい宿だった(´∀`)
家の中も外もとてもオープンだから、仲良くなりやすいのかな。
某旅人殿のように、あの環境なら色恋沙汰が起こっても、おかしくない場所だ(´ー`)

朝、続々とみんな宿を立って行って、ぼくも10時ころに出発。
みんなお元気で~(^ー^)ノ

さて、石垣島へのフェリーの時間は夜の8時なので時間はある。

瀬底島に行ってみた。
ウージの畑がいい感じ。
IMG_8261.jpg

やっぱり離島の海はキレイだな~(´ー`)
IMG_8262.jpg


そして本買ったり食糧買ったりして、南下しつつ残波岬へ。
それにしても、今日の天気も突然、雨が降ったり止んだり降ったり止んだり・・・
濡れたり乾いたり濡れたり乾いたり・・・
いきなり降って、ちょっとしたら止むから合羽を着るタイミングがない・・・

残波岬。
IMG_8264.jpg

断崖絶景だ。

嘉手納の道の駅は展望台があって、米軍の飛行場が丸見えだ(・∀・)
IMG_8265.jpg

戦うマシンの機能美に酔いしれる(´ー`)
F15とか見れます。
なんで破壊兵器はかっこよく見えるのだろうか。

そしてフェリー乗り場へ。
フェリーには半日乗るので、乗る前に夕飯としてホカ弁を食べた。
短距離フェリーだと食べ物はあまり期待できないだろうと思った。
CIMG4251.jpg

石垣島へのフェリーは二等はなくて、二等寝台からしかないので、今回は相部屋の二段ベット。
フェリーに乗って、船内をウロウロしてると、朝まで名護ゲスで一緒だったT.T君を発見(・∀・)
予約してなくて二等に乗れなかったけど、一等で豪華に乗船したみたい。

明日の午前に石垣島に到着します。

沖縄滞在十日目
今日も名護ゲス。
とくにやりたいことのない僕。

なにやらみんなで滝登りというか、河歩きをすることになって、6人で河に向かった。

ター滝という河に到着。
沖縄には数少ない河。
水はとっても冷たいけど、気持ちいい(・∀・)
思ったより河が深く、膝上浸水で、ぼくのジーパンはビショビショ(@×@;)
CIMG4238.jpg


歩くこと30分ほどで滝というか行き止まりに到着。
CIMG4241.jpg


沖縄は海もいいけど、河もキレイできもちいいっすね~。

午後は、宿に戻って、ぼくはグダグダだった・・・
梅雨は明けたのに、雨降ったりするし、沖縄の天気はほんと変わりやすい。

夜は一緒に泊まってるW兄さんの手作りインドカレーをみんなでごちそうになった。
これがすごいうまかったっす(≧∀≦)
とても素人が作る料理じゃないっす。
そして、ぼくもインド行ってみたいな~。
あっ、宿出てこれ書いている今、思い出したけど、カレーの材料代払ってませんでした・・・ヽ(´Д`;)ノ
W兄さん、ごめん・・・

ご飯の後は、K姉さんが花火を買ってきてくれたので、みんなで花火タイム。
みんなでワイワイ楽しい花火だ(≧∀≦)
pic_0534.jpg

花火が終わっても、酒飲んで、深夜まで語って、夜はふけていく。
明日で、ぼくも含めほとんどみんな宿を出るので、最後の夜を存分に満喫するのであった。

明日はいよいよ石垣島に渡航。
沖縄滞在九日目
今日も名護ゲス。
ぼくはもう沖縄本島で行きたいところはないので、朝からグダグダ。
昨日からの仲良くなったメンバーも連泊の道連れだ(´∀`)

宿は浜の前だし、ハンモックもあって、ほんとグダグダには気持ちいいところだ。
IMG_8243.jpg


昼飯をみんなで食べに行って、
午後は各自で別行動。
ぼくはけっきょく公園をちょっと散策して、スーパー行くのに出たぐらいだった・・・(´ー`)

新しいメンバーに外人さんも加わった。
日本語もけっこうできるので、みんなで異文化交流だったり。
やっぱり言葉を伝えるのは難しいな~(´ー`;)

夜はまた深夜まで飲んで語って、楽しい夜だった(´∀`)
気づけば月が海に沈む時間だった。
IMG_8251.jpg


明日もグダグダ・・・

沖縄滞在八日目
宿を出たら外は海(≧∀≦)

ここの宿のロケーションは最高っすね。

軽く朝食を食べて、今日は北部を一周りに出発。

道の駅によりつつ辺戸岬へ向かった。
ここは芽打バンタに寄った。
他に誰もいなくて静かでのんびりできてよかった(´ー`)

辺戸岬は岬だった。
IMG_8227.jpg


ヤンバルクイナ展望台。
IMG_8228.jpg

いったいなんでこんな目立つのがこんな田舎にー(´∀`)

奥ヤンバルの集落を散策。
おっと、こんなとこにトトロのバス停が(・∀・)
IMG_8230.jpg

サツキ姉さん?

おおっと、こんなところに部落の文字がΣ(゚Д゚;)
IMG_8229.jpg

こんなタブーのことを書くなんて、感覚が違うんですかね?
ぼくの差別の話は大人になるまで知りませんでした。

そして門には沖縄らしく、シーサー。
IMG_8236.jpg


共同店に入ってみたら、アイスが32円でめちゃ安かった(・∀・)

そしてダラダラ東海岸を走ってると、天気雨に見舞われたり・・・

ふと走ってると、前に荷物満載のZZRが走ってるΣ(゚Д゚;)
昨日のブログのコメントでZZRさんは沖縄に来てるらしいんですよね。
もしかして本人かなー。
でも、間違えたら恥ずかしいしなー。
走りながら話すのは無理だよなー。
そうこう考えてると交差点で分かれました。

で、ぼくは本屋とか寄りながら宿に5時ころ戻ったら、宿にさっきのZZRが!
やっぱり昨日コメントを書いてくれてZZRさんでした(・∀・)
ZZRさんは、適当なおしゃべりがめちゃ楽しいかたでした。
しかも、今日の宿は他にも新規のお客がたくさんいる(≧∀≦)
新規のお客なら話もしやすいので、今日の夜は楽しいなー。
夜遅くまでみんなで外でしゃべって、昨日とはうって変わっていい夜になりました(*´Д`*)

さて、沖縄は一周りしてしまったので、月曜のフェリーまで名護でぼくはダラダラだ・・・
沖縄滞在7日目
明後日のフェリーで石垣島に行こうと思ってたら、すでにフェリーの二等は満席らしい・・・
ここまでいくつもフェリーに乗ってきたけど、まさか満席とは・・・
しかたないから、月曜の便を予約して、それまでは沖縄の中部に拠点を移動して、北部を周ろうと思った。

お世話になった宿を出発。
IMG_8201.jpg

前のライダーハウスのときもそうだけど、出るときになって、最後にいろいろ話して仲良くなるんですよねー(´ー`;)
ぼくにもっと談話室の輪に入ってく勇気をつけないと・・・

さて、今日は中部東側の伊計のほうへ行きます。
那覇を東へ進むのだけれど、意外となかなか住宅街を出ないので、走っててもつまらない。
島国は住宅が密集してるから、ほんと街を大分離れないと、走りやすい道に出ないですよねー。

勝連城跡に寄った。
ここも世界遺産だけど、無料!
でも、先日行った城跡よりもこっちのほうが城っぽくていいじゃん(・∀・)
IMG_8203.jpg

上からの眺めも街と海が一望できて、沖縄の数少ない展望スポットだ。

伊計島に渡る海中道路。
IMG_8208.jpg

まあ、江の島みたいなもんだ。
梅雨が明けて死ぬほど天気がいい(・∀・)
ちなみに、今日少しばかり半袖で走ってたから、即効で腕にグローブ痕ができた・・・
沖縄の日差しは暑くても、長袖のがいいのかも・・・

こっちは浜比喜大橋。
IMG_8223.jpg

浜比喜島をちょっと探索したり、
IMG_8213.jpg

IMG_8216.jpg


で、島にある伊計ビーチに行ったら、入場は有料。
沖縄のビーチってほとんどが入場有料で、本島人には信じられないっすよね。
まあ、だからゴミもなく、キレイなのかな。
ビーチを一目見たいだけだったので、パス。

島から戻って、ダムにでも行こうとした。
交差点でダムの標識があったから、曲がって進んでいくと、先で道路で警備員のおっさんが激しく手を振って、こっちに来るなって感じなことをしている。
どうやら米軍基地の入り口のようだ。
ぼくはそれでアセったのか、Uターンしたら、そこは少し登り坂になっていて、コケちゃいました(ノд`)
出発以来、初転倒・・・
坂だから一人じゃ簡単に起こせない・・・
10m先の警備員のおっさんに、
チクショウ、あんたのせいなんだから手伝え(`・ω・´)
って、視線を送って、起こすの手伝ってもらった。
バイクの損傷は、ブレーキレバーがちょっと曲がっただけっぽい(・∀・)ホッ
倒れるときも手で支えながらだったので、よかった・・・
しかも、レバーが曲がって、逆にいいポジションになった感じ。
倒れたのはショックだけど、よかったよかった。

しかし、なんで標識通りに曲がったのに、米軍の入り口なんだよー。
わき道を適当に曲がっていくと倉敷ダムはあった。
ここは資料館や展望台があるんです。
ダム湖というか、整備された湖みたいで、とてもダム湖に見えない憩いの場。
へー、いい活用してるなー。
展望塔から見てると、戦闘機が何台も飛んでいった。
戦闘機の音はジャンボ機の音よりも、断然迫力がある。
なんか雷のような音ですごい・・・

んで、宿に向かった。
名護にある、名護ゲストハウス。
ここもけっこう人気なゲストハウスらしい(´ー`)?
入り口の場所がかなりわからなかった・・・

で、到着したら、なんと今日はヘルパーさんの誕生日パーティがあるから参加するようにって言われるじゃない・・・
いきなり知らないグループに混ざるなんて、ぼくには超プレッシャー・・・(@×@;)
しかも、一品用意するって・・・
ここの部屋は、大部屋に二段ベットがいくつも置いてカーテンで仕切ってるだけ。
今までの宿は少なくとも四人部屋ぐらいのとこで、若干名は周りにいるけど、プライベートな空間はあったが、
ここは自分のベットにいても周りから丸見えで、プライベートな空間がない・・・
一人のキャンプ場が恋しいよ(´・ω・`)

とりあえず、ぼくはスーパーで刺し身を買ってきてパーティになった。
ぼくと昨日きた男二人組以外の人達はみんなよく知ってる仲のようで盛り上がってます・・・
ぼくは何人かと少しの間話はするけれど、そんなグループの会話に溶け込める会話力なんてないっす・・・
人の話に耳を傾けながら、日付が変わるまでパーティというか飲み会は続くのだった・・・

沖縄滞在六日目
今日から沖縄は梅雨明けのようで、ピーカンです(≧∀≦)
さっそく体験ダイビングを予約して朝から行ってきます。

宿の近くまで迎えに来てもらえて、いざクルーザーへ!
ちなみに、今日はぼくと同じ体験ダイビングが3人、ライセンス講習が2人、ファンダイビングが数人で
全員で10名ちょっとです。

クルーザーで一時間ぐらい走ってケマラ諸島へ。
CIMG4221.jpg

ここはダイビングのメッカらしい。
ウェットスーツ来て、少しダイビングの仕方を教わって、いざ水面へ。
CIMG4220.jpg

ボンベだと鼻呼吸できないし、口呼吸するにしても、普段と少し勝手が違うので、潜ったばかりだと、
呼吸がうまくいかなくて焦るヽ(´Д`;)ノ
でも、数分で呼吸できるように慣れた(´∀`)
そしてロープを伝って、潜っていく。
ダイビングで一番重要なのは、耳抜き。
深度が深くなると、水圧で耳が痛くなるので、鼻をつまんでフンって耳から空気を出します。
これでビックリしたのが
ピブーーーー(・∀・)ーーーーー
って、耳から音がするのね。
ケンシロウに秘孔でも打たれたのかよ(´∀`;)
それとも、ぼくの耳がほんとに変だったり・・・

そして無事潜ることができて、インストラクターさんにいろいろ連れてってもらいました。
熱帯魚が目の前を生で泳いでますよー
もちろんニモがいそぎんちゃくに住んでるのも見れた(≧∀≦)
ニモを触ろうとしたら、攻撃された・・・
ぼくも水中を自在に魚になったようだ。
沖縄の海は透き通ってキレイだし。
ダイビングって楽しい~。
でも、まだ呼吸も泳ぎも余裕がないので、疲れる・・・
ボンベが重いから、一人で泳ぐのも体制直すのもけっこう難しい。
15分か30分ぐらいで、ダイビング終了。
長いような短いような時間だった。

二本目のダイブは追加料金だけど、せっかくだから潜った。
一本目よりかは慣れたので、余裕ができてもっと楽しめた。

二本目も無事に終わって昼飯だけど、疲れと船酔いで半分しか食べれなかった・・・
クルーザーはけっこう揺れます・・・

場所を少し移動して、今度はシュノーケル。
ぼくは泳げないのでボンベがないと不安だったけど、ウェットスーツを着てるとほんとに浮く(≧∀≦)
これならへっちゃらだー。
それにボンベよりシュノーケルのほうが、普通に呼吸できるので楽だ。
プカプカ浮いてキレイな海の底を眺めて、こっちのほうが気楽で楽しいや(´∀`)

そして無事に体験ダイビングの一日は終了。
いやー、天気が良すぎて焼けた・・・
インストラクターの人達は、やはりギャル男ちっくな人が多いけど、みんな親切で楽しかったっす。

夜は、地元友達のすずきさんが今、沖縄に旅行に来てるようなので、名護のほうまで行った。
名護だと思ってたら、ぜんぜんそっちよりも手前で、バイクで20分も引き返すことに・・・
てか、ハネムーンだったなんて聞いてなかったよΣ(゚Д゚;)
夕飯もなんか高そうな沖縄料理をごちそうになりました。
CIMG4224.jpg


豚肉を蒸して食べた。
なかなか旨かった。
ひさびさに知ってる中の人と話せて楽しかったよ。
とにかく、ごちそうさま&おめでとう(・∀・)

明日は、石垣島のフェリーが予想外に混んでるので、名護に宿を移動して、沖縄北部へ。
沖縄滞在五日目
今日は朝は雨降ってないけど、天気は微妙・・・
でも、午後から天気は回復しそうなので、今日こそはと名護へ行った。

名護あたりまでは小雨で済んだが、
その先の水族館までいこうとしたら雨は激しくなってきた・・・
たまらず通りすがりのスーパーへ避難。
腹が減ったなと思ったら、もう昼だったので、雨宿りがて、
カップラーメンと惣菜の昼飯・・・
沖縄は観光費にお金がかかるので、飯を節約しないと・・・
しばらく待って小降りになってから、水族館へ向かった。

美ら海水族館は、けっこう有名らしい。
ぼくはこの前教えてもらうまでノーマークだったが・・・
北の旭川動物園、南の美ら海水族館ってとこか(・∀・)?

入館料はちょっと高いけど、せっかくだし。
入ると、ヒトデやなまこのふれあいコーナーはスルーして、ちょっと大きめな水槽へ。
IMG_8127.jpg

キレイなお魚や鮫、ウツボが一緒に泳いでる(´∀`)
IMG_8135.jpg

さすが沖縄って感じの豊富な魚の種類にキレイさに感激(≧∀≦)
先には小さい水槽が並んでる。
ウツボはキモイ・・・けど、ついつい見てしまう。
IMG_8137.jpg

すごい大きいエビとかもいた。
みんなおいしそうな目で見てた・・・

そしてこれがメインの大型水槽。
IMG_8141.jpg

一番大きいなんとかクジラは体調8mぐらいあるんだってー。
ちなみに、ダイバーは手を振ってるじゃなくて、窓を拭いてるだけです・・・
いろんな角度から水槽を眺める。
IMG_8159.jpg

あと、サメコーナーが見て、
最後に深海ゾーンだけど、暗くてあまりわかりません・・・

水族館を2時間ぐらいで出たら、外は一気に晴れていた(・∀・)
沖縄の日差しは暑い!

イルカコーナー。
IMG_8177.jpg

イルカってなんがあんなに賢いんだろう(´ー`)?

水族館を出るときに見たレンタカーの光景。
IMG_8182.jpg

沖縄の観光地は9割がレンタカーだ・・・
街中で最新のコンパクトカーを見ると、ほとんどレンタカー。
あと、沖縄ではミニどころか外車を滅多に見ない。
いや、ここまで来るときに、他の場所で気にしてなかったからかな。

水族館を後にして、近くの城跡に行った。
今帰仁城跡。
IMG_8183.jpg

沖縄にはこういう城壁だけのこった城跡がたくさんあります。
その中でもこの城跡は世界遺産らしい。
がっ、廃墟マニアのぼくがみても、城壁があるだけでつまらん・・・
しかも、入場料400円もかかるし・・・
どうみてもこれに400円って、世界遺産っていうネームバリューだな・・・(´~`)
空中から見ると良いかもね。

さらにこの前教えてもらった古宇利島に行ってみた。
ここはつい数年前に橋でつながったばかりで、車で簡単にいけtr、離島の雰囲気が味わえるようだ。
古宇利島に行く途中に雨に降られたけど、島についたらまだ雨は降ってなかった。
古宇利島の大橋は長い長い直線。
IMG_8198.jpg

島は一周2kmほどなので、あっという間に一周だ。
たしかに、離島って感じで雰囲気が違う。
IMG_8197.jpg

ほんとトトロでメイが引っ越した家みたいー(´ー`)

そして7時すぎて、暗くなって帰宅。
また雨に降られるし・・・
明日からはいよいよ梅雨明けっぽいぞ(・∀・)

沖縄滞在四日目
今日の朝は雨は降ってなかったので、バイクで出かけることにした。
天気予報は降水確立50%で降るだろうけど、そんな激しくは降らないだろうと高をくくった。
だって、一昨日も昨日もゲストハウスでジメジメゴロゴロだったので、たまにはバイクで走りたいなーと(・∀・)

いざ、バイクにまたがってエンジンをかけようとしたら、セルがキュルキュルなるだけで、ぜんぜん爆発音がしないぞ・・・
二日も雨に打たれっぱなしだから、バイク調子が悪くなっちゃったーヽ('A`;)ノ
今まで雨に打たれてもこんなことはなかったが・・・

とりあえず、エアクリ拭いて、フロートのガソリン抜いて、プラグ点検して、セルをキュルキュル回したら、
わずかに爆発しだしたので、
キュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュルキュル
で、なんとかかかった(`・ω・´)
旅先でトラブルになるのは怖いなー。

で、今日は沖縄の中部あたりを周ろうかと名護を目指した。
那覇から名護は50kmぐらいあって、意外と沖縄も広いよなー。

30kmほど走って、道沿いに万座毛という岩場みないなのがあるから、ちょっと寄った。
CIMG4211.jpg

雨は小ぶりだった。
カップルにカメラを頼まれたので撮った。
そして先に進もうとバイクに乗ろうとしたら、いきなり雨は大降りになった・・・
あわてて、売店の軒先に避難ヽ(´Д`;)ノ
CIMG4213.jpg

すぐに止むかなーと30分待ったけど、小降りにもならない・・・
うーん、こんな売店の軒先にずっといるのもつまらないしなー。
雨でも水族館なら関係ないだろうと、雨のなか走り出した・・・
が、なかなか激しい雨で、ものの5分で雨具も台無しだ・・・
なんかバイクも雨のせいか、信号待ちでエンストするし、タコメーターも動きが変だし・・・
もう限界だ(>_<)
こんな雨じゃ観光する気が起きない・・・
Uターンして引き返した・・・
那覇のほうまで戻ってきたら、雨は止んだ!
止んだというか、こっちはまだ降ってなかったって感じだ。

それじゃあ、ちょっと買い物でもして帰るかーと、イオンタウンがあったので入った。
ダイビングするときにウェットスーツ借りても、そのしたに水着かなんかがいるらしく、それを買わないといけない。
で、駐輪場で降りたら、昼からワンカップを飲んでるおじさんに捕まってしまった・・・
さらにその知り合いなのか、おじさんもう一人追加(´Д`;)
まあ、天気悪くてどうせヒマだったから、30分ぐらい話に付き合ってました・・・

で、雨が降ったり止んだり、止んだ隙に他の店に移動して、
結局スポーツ洋品店で水着ゲット!
4000円の出費は痛いが・・・
ダイビング趣味はお金がかかりそうだねー(´~`)

なんだかんだ5時ころ宿に戻った。
部屋には一人増えて、三人になった。
茨城から来たライダーのおじさんです。
なかなか話しやすそうでよかった(・∀・)

しっかし、5時ころ帰ってきてから、晴れ間も見えていい天気・・・
悔しいから自転車でちょっと港を探検してたら、虹が見えた。
CIMG4215.jpg

虹を見るなんて、何年ぶりだろうか。
背景がいまいちだが、虹はキレイだ(´ー`)

明日こそ、名護に行けるかな。
沖縄滞在三日目
今日は朝から雨。
雨が降ってなければ、バイクで出かけようと思ってたけど、宿でゴロゴロすることになった。
まあ、ネットとするか漫画読むぐらい。
CIMG4206.jpg

そういや、窓の格子の模様が凝ってるなーと思ってたら、
一部屋にトイレ、シャワー付きのこの建物は、ラブホテルを改築したんだな・・・

昼前に一時雨は止んだので、スーパーに買い出しにいって、そんな感じで夕方までゴロゴロ・・・

夜も雨が降ってたけど、小降りだったので、歩いて街にでた。
沖縄民謡のライブハウスに行ってみたかったんですよー(・∀・)
本によると、もーあしびチャクラってとこが人気らしい。
喜納昌吉って方とチャンプルーズの本拠地のライブハウスみたい。
てか、ぼく沖縄民謡の知識はまったくなくて、ぜんぜんわかりません・・・(@×@;)
でも、チャンプルーロックのIndean-Hiってバンドは昔から好きでかなり聴いてたので、
沖縄民謡には興味があるんですよ。
ちなみに、花って歌で、「泣きなさ~い、笑いなさ~い♪」という有名な曲は喜納昌吉さんが原曲らしいよ。

ということで、一人ライブハウスに乗り込んだ。
ライブハウスというか、ライブ居酒屋で、席で飲みながら、ライブを鑑賞。
沖縄にはこういうスタイルの店がけっこうあるらしい。

入ったらチャンプルーズの演奏が始まっていた。
CIMG4207.jpg

三線の音は好きだな~。
ぼくの席は最前線なのでちょっと恥ずかしい・・・

一バンドで20分ぐらいで、間に演舞を挟んでく。
演舞はぼくにはまったくわからん・・・
一バンドっていうか、チャンプルーズと喜納昌永民謡グループが交互にって感じ・・・
今日は昌吉さんは来てないらしい。

そして演奏が終盤。
大太鼓を目の前で打つパフォーマンスは、正直かっこよかった(・∀・)
そして客も踊りのエイサーに巻き込まれていく・・・
お客は3,40人だけど、みんなエイサーに巻き込まれて、ぼくもエイサーエイサーヽ(´∀`)ノ
CIMG4210.jpg

楽しいんだか、恥ずかしいんだか、歌って踊って大混乱。
最後はみんなステージで花を合唱(´Д`)
この客も巻き込む一体感がこのライブハウスの売りらしい。

ライブは23時に終わって、ぼくは撤収。
楽しかったけど、一人客はぼくだけで、そこは寂しかった・・・
あー、ひさびさにモッシュなライブに行きたくなっちまうっすよ(`・ω・´)

明日は雨どうかなー。
沖縄滞在二日目
朝、どこからか沖縄民謡が聴こえる。
沖縄民謡はけっこう好きです。
どうやら隣のほうもマンションがラジオを流しているおようだ。

今日の天気は雨が降るような降らないような予報だ。
朝は晴れてるけど、雲の流れが早くてほんと沖縄の天気は変わりやすい。
なので今日は自転車で市街を散策することにした。
泊まってる宿でタダで自転車借りれるし(´∀`)

朝飯食べて、出発。
そうだ、まず近所のスーパーを探しに行こう。
自転車で路地裏をさまよってたら、宿の近所はホテル街だけど、少し先に行くとソープ街だった(`・ω・´;)
CIMG4195.jpg


スーパー発見(・∀・)
売ってるものも、沖縄って感じだ。

市街地の国際通りに行った。
ここは昨日も沖縄そば博物館を探しに来たあたり。
商店街のアーケードがあるので、そこに行ってみよう。
商店街は地域の生活が感じられるので、好きなんですね。
CIMG4201.jpg


そんな商店街の迷路をほっつき歩いて、そうだ!家にお土産でも送るかと、
沖縄そばとソーキのレトルトを買った。
そうそう、さすがに革靴は暑いので、100円のサンダルを買った。

昼飯どこで食べようか迷ってたら、やっと沖縄そば博物館が見つかったので、入った。
8軒の店があるけど、どの店が人気あるかわからない。
とりあえず元祖ソーキそばってのを食べた。
やわらかい豚肉がうまい(・∀・)

昼頃に雨が降ってきたので雨宿り。
15分ほどで止んだ。

商店街はもう歩きつくしたので、ちょっと図書館に行ったり、港まで自転車を走らしたり。
途中にちょっと変わった造りのマンション発見。
2,3階の渡り廊下がなにやらおもしろい。
CIMG4204.jpg


3時ころ宿に戻ってきたら、ぼくの部屋に新しい人が来てる。
沖縄は長いみたいで、いい体験ダイビングのところも教えてもらった(´∀`)
ダイビングいつ行こうかなー。

で、宿で漫画読んでダラダラして、7時ころ、夜の街に行こうと思って外に出たら、雨が降ってきた(>_<)
しかも、激しくてなかなか止まない・・・
しかたないから街は諦めて、自炊して夕飯を食べたのだった・・・

明日は雨どうなるのかなー。
沖縄滞在一日目
沖縄はまだ梅雨だけど、今日は天気がいい(・∀・)
雨は夕方からのようなので、バイクででかけた。

まずは沖縄といえばという観光地、首里城へ。
IMG_8101.jpg

城は沖縄独特で珍しいけど、とっても観光地って感じ・・・
お客もかなりいた・・・
あれで入場料800円は高いと思った・・・

昼にちょっと早いけど、沖縄そばを食べにいった。
市街に沖縄そば博物館があるようなので、探したんだけど、
市街道は車通りも人通りもお店も多くて、なかなか博物館の場所がわからない・・・
もう市街の道なんて嫌いだ・・・(ノд`)
どうにもこうにも見つからないので、適当なお店で沖縄そばを食べた。
CIMG4192.jpg


沖縄そばはあっさりなので、あきなそうですねー。

市街はまっぴらごめんなので、今日はバイクで沖縄南部を周ることにした。
市街を抜けて、やっと走りやすい道に出てきた。
IMG_8104.jpg


那覇から東に向かって海に出た。
ビーチがあったので寄ってみた。
IMG_8107.jpg

やっぱり沖縄といえば海だ(≧∀≦)
空のように青い海。白い砂浜。
さすが本州で見てきたどんな海岸よりもキレイだ。
こりゃー、ひと泳ぎしたいもんだ。

斉場御獄に寄った。
ここの岩場の霊地だったらしいけど、うーん・・・

平和祈念公園。
ここの資料館は世界大戦で沖縄上陸されたときの住民の被害を伝えるところ。
戦争の一番の被害は、広島で忘れがちだけど、
沖縄上陸されたとき、戦場から逃げる場所がなく、大勢の住民が戦争に巻き込まれた。
罪無き物を巻き込むなんて、ほんと酷いもんだ・・・(ノд`)
インタビュー映像で、今では緑に地の下にも大勢の血が流れている、という言葉が忘れられない・・・
IMG_8119.jpg


ひめゆりの塔にも寄った。
こっちは、沖縄上陸のときに、主に看護にあたっていた女生徒たちの話。
看護するにしても、前線も後線もなく、多くの女生徒が被害にあったという。
戦争は地獄だ・・・

宿に戻って、夕飯を食べにいった。
教えてもらった沖縄料理の定食屋。
野菜嫌いのぼくはゴーヤチャンプルーは食べれないけど、豆腐ちゃんぷるーを食べた。
CIMG4193.jpg

なかなかうまいじゃないっすか(・∀・)
ちなみに、ちゃんぷるーとは炒め物って意味らしい。
ここの定食屋は行きつけになりそうだ。

そしてスーパーに行こうと、教えてもらった場所を探したけど、ぜんぜん見つからない・・・
宿の周りは飯屋とラブホテルはたくさんあるけど、スーパーがぜんぜんない・・・
そんなグルグル探してたら、予報通り雨が降ってきた。
しかも、土砂降り・・・
これが沖縄の雨か・・・(´ー`)
折りたたみ傘をさしてたけど、数分でTシャツ以下はビショビショ・・・
でも、夕立だったみたいで、宿に戻る途中に止んだ・・・
なんだ、雨宿りしてればよかった・・・

宿に戻った。
昨日一緒の部屋だった人は、帰り道だったようで、もう居なくなっちゃった。
去年はぼくと同じくバイクで日本一周して、ここに来たらしい。
今日は部屋に一人なので悠々だ(´ー`)
宿には漫画がたくさんあるので、漫画に没頭してしまう・・・

沖縄(到着)へ
鹿児島から沖縄まではフェリーでちょうど24時間。
いちおうレストランはあるので、フェリーの中で夕食を食べたけど、
まだコンビニ弁当のほうがいいだろうなという、値段と質・・・

2等の部屋はそれなりにお客がいて、ぼくの両サイドにも人がいて、寝返り打つスペースもない・・・
その割にはグッスリ寝た・・・
ぼくはけっこうどこでも寝れるタイプなのだろうか(´ー`)

朝4時に奄美に到着。
IMG_8082.jpg

奄美を出航するころには、明るくなってきた。

フェリーの中でやることは、本を読むか、音楽を聴くか、寝るか、日本一周チャリダーさんと話すかぐらいだ。

徳之島に到着。
IMG_8084.jpg


小学生とか中学生の軍団とかで入れ替わりがけっこうある。
出航するまでは、働くリフトカーを眺めたり。

沖永良部に到着。
IMG_8085.jpg


与論に到着。
IMG_8087.jpg

島っぽくなってきた。

そして沖縄北部にとまって、やっと那覇に到着(´∀`)
IMG_8092.jpg

一時間遅れて、到着したのは夜の7時半。

沖縄はやっぱり暑い
というかジメジメしまくり・・・
梅雨だからかな。
幸い雨は降ってなくて助かった。

とりあえず、もう今日は宿に行くだけだ。
沖縄には安宿がたくさんあります。
今まで情報収集したかぎりだと、BASE OKINAWAというところがまずまずらしいので、そこに行った。
港から5分ぐらいの距離なんだけど、住宅街のなかにあって、場所がよくわからない・・・
電話しても、いまいち目印がなくてわからない・・・
30分ぐらいさまよってやっと見つかった(・∀・)
ここはドミトリーで一泊1000円です。
IMG_8095.jpg

まずまずな評判なだけあって、ぜんぜん汚くないし、いいとこだ(・∀・)

ぼくが部屋に入ったときは誰もいなかったけど、このあと一人来るらしい(´ー`)ドキドキ

とりあえず腹が減ったので夜飯食べに出た。
宿に人に教えてもらった店がよくわからないけど、タコライスがある安い店があったので入ったけど、
いまいちでした・・・(´~`)

さて、明日から何しようかな。
沖縄(フェリー)へ
昨日の夜、漫画喫茶では三国志を読んで夜ふかししてたら、
隣の隣が変な奇声をあげて、イライラした(´・ω・`)

(´~`)ハニャホニャハニャホニャエロBC

ネットゲームかチャットしてるんだか知らないけど、何を言ってるんだ・・・

結局2時ころに寝て、7時ころに起きた。
フラットシートなので、寝心地は悪くなかった。
朝飯に食い放題のカレーを食べて、漫画喫茶を出た。

外は予報通り雨が降っている。
バイクで10分ぐらいの距離に図書館があるのでそこに行くことにした。
まてよ、時間もあるし、バイクでビショビショになるなら歩くかー(´ー`)
バイクも屋根つきの駐車場に止めれたので。
と、一時間ほど歩いて図書館に行ったら、風が強くて結局下半身はビショビショ・・・(@×@;)
これなら雨具着てさっさとバイクで行った方がよかったや・・・
CIMG4191.jpg

図書館では、産業物、人体物、紀行物の本を読んだり過ごして、
昼飯に中華屋にでも入って、銭湯に入って、
雨は止んだので街をちょっとぶらついて、バイクを止めてる漫画喫茶のとこに戻ってきた。

そしてフェリー乗り場でチケット買って乗船したら、自転車の日本一周さんがいました(´∀`)
これまでの旅話に華をさかせてて、ブログの名刺を渡したら、ぼくの名刺を知ってるってΣ(゚Д゚;)
なんと紀伊半島の最南端のキャンプ場、潮岬で会った彼でした(´ー`;)
お互いまったく気づきませんでした(・∀・;)
まさか自転車の彼と同じ方向で再開するとはね~
ほんとぼくはゆっくりペースのようだ・・・

そしてフェリーは出航し、一路沖縄へ向かった。
IMG_8081.jpg


鹿児島へ戻る
昨日の夜に聞いたんだけど、天気予報が午後から雨の予報になった。
しかも、その先も数日は雨でいよいよ鹿児島も梅雨の天気のようだ・・・
昨日までは、あと何日かは晴れの予報だったのに・・・(ノд`)

一晩考えたけど、先に進むことにした。
今はライダーハウスながらテント生活だから、雨はつらいし、
屋久島の雨もスコールみたいにすごいみたい・・・
きっとコールマン程度のテントでは浸水してくるだろう・・・
といっても、大雨のなか撤収になるのも嫌だし、
連泊するにしても、屋久島に数日閉じこまれるなら、沖縄のゲストハウスで引き篭ったほうが楽しいかなと(´ー`)
沖縄のゲストハウスは一泊1000円とかたくさんあって、安いしねー
今出ればとりあえず沖縄に降りるまで雨には濡れなそうだ。

最後に白谷雲水峡に行くつもりだったけど、諦めるか・・・

さて、沖縄だけど、いったんフェリーで鹿児島に戻らないと行けない。
沖縄行きのフェリーに電話したら、夜8時の便があって2等は空いてるみたい(´∀`)
でも、なんか5時までに来てくださいって言われた(?~?)
なんで3時間も前に行かないといけないか不思議だった。
とりあえず、わかりましたと言っといたけど、屋久島から帰るフェリーが昼発で鹿児島に着くのが5時半だから、どうかんがえても無理なんだよな。
まあ、出航一時間前には着くから大丈夫だろうとぼくは思っていた。
しかし、懸命な読者ならお気づきだろう。
すでにぼくは言葉の罠に見事にハマってしまっていたのだった・・・

さて、とりあえずテントを撤収して、ライダーハウスを出発。
けっきょく常連の方たちとほとんど話さないで終わったけど、
最後にお別れのあいさつしにいったら、みんなで見送ってもらいました(´∀`)
ライダーハウスのおねえさんは、親切でおもしろい人です(・∀・)
みんなもとまり木に来て見てください。
IMG_8072.jpg


さて、フェリー乗り場にいって鹿児島行きのフェリーのチケットを買ったけど、まだ時間がある。
せっかくだから行きそびれた白谷雲水峡の登山口まで行ってみるか。
と、フェリー乗り場から30分バイクを走らせて、登山口へ。
白谷雲水峡は川がキレイで、奥にはもののけの森と称される場所があるんですよね。
もののけ姫が公開されていらい、屋久島の第二の観光スポットになったみたい。
あー、見たかったなー(´ー`)
IMG_8078.jpg


まあ、次来たときの来る楽しみだな。

そしてフェリーは出航した。
IMG_8080.jpg

さらば、屋久島(´・ω・`)/
どんな短い間でも、フェリーで帰るときは感慨深いもんだ。

5時半に予定通り鹿児島に着いた。
ダッシュで沖縄行きのフェリーに乗りたいところだけど、郵便局に家から荷物を送ってもらってるので行かないとヽ(´Д`)ノアセアセ
紐がちぎれた鞄の修理とかユースの会員証を送ってもらった。
エスト鞄や暑くて必要なくなった長袖とか家に送って、フェリー乗り場へ。
6時ころに乗り場に着いたけど、なんか人気ないなー?(゚Д゚≡゚Д゚)?
チケット売り場に入ろうとしたら、たぶんフェリー会社の人たちが揃ってでてきた。
そして、何の御用ですかって聞かれるじゃない?(゚Д゚≡゚Д゚)?
沖縄行きのフェリーに乗りたいんですけどって行ったら、さっき出航しましたって言うじゃない
なんですとーΣ(゚Д゚;)
なんと出航の時間は6時だったみたい・・・
6時というか18時・・・
ぼくはそれを夜の8時と勘違いしてたみたい・・・ヽ('A`;)ノ
見事に罠にハマってしまった・・・
いやー、先日沖縄のフェリーの時間を調べてたら、違う日は7時半とかだったから、今日はてっきり近い8時かと思ってた・・・
まあ、鹿児島に来たフェリーが5時半だから、自分でどうしようもなかったが・・・

うーん、じゃあ鹿児島で一日過ごさないと・・・
宿どうしよう。
駐輪所で調べごとしてたら、おじさん達に話し掛けられたりしながら考えた。
んー、やっぱ安さから屋久島行く前にも泊まった健康ランドだな。
風呂つきで2000円は安い。
ということで健康ランドに行ったら、なんと翌日が休みだから今日は宿泊できないと。
なんですとーΣ(゚Д゚;)

うーん、宿どうしようか。
近くにユースもあるけど、こんな7時に行くのも気が引けるしなー。
今日の夜から雨だから、とりあえず東屋のある公園でも探してみるかと、夜の街をさまよってると、ショッピングモールは発見(・∀・)
もしやと思って入ってみると、漫画喫茶もあります。
ナイトパック9時間1500円となかなか安いし、いいんじゃない。
ということで、ナイトパックの23時まで本屋で立ち読みして、夜飯食べて、時間を潰して、漫画喫茶へ。
なんとしかもここは飲み放題どころかカレー食べ放題(・∀・)
夜食と朝飯はカレーだな。
そしてどうせ明日は夜にフェリーに乗るだけだし、徹夜で三国志の続きでも読もうか・・・




屋久島(宮之浦岳)へ
今日こそ宮之浦岳に向かった。
ここは九州最高峰の標高1936米の山(・∀・)
まあ、バイクで行ける登山口もだいぶ標高は高そうだ。

7時に登山口について、いざ入山。
宮之浦岳までは、いくつかの山を通り過ぎるのでアップダウン。
CIMG4166.jpg


道もけっこう険しい。

ここの山は、今まで登った屋久島っぽい大きい杉の神秘的な雰囲気はなくて、
普通に細い木が生い茂ってるだけなので、それほど見どころもない。
見どころというと、大きい岩と湿原か。
向うの山には、スライス状の岩がドーンとある。
CIMG4167.jpg

通称豆腐岩。
なんであんなところに・・・(?∀?)
この先も大岩がたくさんあった。
この山もカルストみたいに石灰岩の山なのかな。

湿原に入ってからは岩山で水気がある道。
道というか、もう川原じゃん。
CIMG4170.jpg

道もいっそう険しくなっていく。
岩場あり、水場あり、ロープで登るとこあり。
こっちの道でいいのかも、看板だけがたより。
あと、蚊みたいな虫がブンブン飛んでてうざかった・・・(´ヘ`;)
でも、休みもそこそこにどんどん進む

ゴールの山はまだかー(´~`)
あの山か~、あの山~と期待を裏切られながら進む。
そして、500mの看板をすぎて、なぜか30mの看板まできた。
あれだ(・∀・)
CIMG4178.jpg


登頂(´∀`)
CIMG4185.jpg

九州制覇だ!
ガスってて海まで見えないけど、周りの山々をいちぼう。
CIMG4184.jpg

正直見どころは少ない道だけど、九州最高峰を登ったことに満足。
片道3時間半の道のりでした。

ここでおにぎり食べて、本読んで30分ほどまったり。

さあ、元来た道を戻ろう。
しかし、アップダウンの道だったので帰りも登りあり。
さすがに3日間歩きっぱなしなので、いい加減足も疲れてきたなー(´~`)
なんか行きよりも帰りのほうが長く感じた・・・

ところで帰りにガソリンを入れたら1000円分って頼んだら、5.4Lしか入らなかった・・・
鹿児島で最高152円だったけど、島国はそれを凌駕する・・・

明日は最後の登山の予定だったが、九州も本格的に梅雨入り予報になってきた・・・
屋久島(太忠岳)へ
今日は宮之浦岳に行こうと思ってたけど、ちょっと寝坊してしまったので、太忠岳に行った。
ここの頂上には大岩があるらしい。

バイクで登山口に向かったら、一台も駐車場にいない?(゚Д゚≡゚Д゚)?
昨日の縄文杉と偉い違いだ・・・

いざ登山開始。
道は山の中って感じの自然の中の道って感じ。
昨日のトロッコ道よりも、やっぱりこういう山道のほうが楽しい(´∀`)
IMG_8033.jpg

ちなみに、昨日の疲れは体にはないけど、足はちょっと疲れてる・・・
今回の道は、人がほんといないのでじっくり観察しながら、写真撮りながら登った。

昨日の縄文杉のコースもそうだけど、途中にいろいろ見どころの木はあります。
IMG_8039.jpg


多少のアップダウンを1kmぐらい歩いて、いよいよ太忠岳の別れ道へ。
ここから、さらに進むにつれて道が険しくなってきたΣ(゚Д゚;)
崖の上を板一枚で渡ったり、
IMG_8044.jpg

ロープにつかまって登ったり・・・
IMG_8047.jpg

平地も一部あるから、体は大丈夫だけど、険しさにヒーヒーです(´~`)

あの岩かー!と思って近づいてもまだ1kmしか進んでなかったり、さすがに険しいだけあって距離のわりになかなか時間がかかる。

何度も期待を裏切られながら、とうとう巨大な岩が見えた。
IMG_8049.jpg


なんでこんな頂上に巨大な岩がー(・∀・)
まあ、そんな巨大なことよりも、苦労して登った達成感が気持ちいいっすね\(´∀`)/
その巨大な岩の隣には、平たい岩が隣り合っていて、そこまで登れます。
IMG_8055.jpg

落ちたら岩場に打ちつけられるので、足がすくみます・・・
ここでおにぎり頬張ってひと休み(´ー`)

それにしても、ここに来るまで一人もみなかったな。

しばらく頂上を満喫して下山。
登りって行きは疲れるけど、怖くはない。
下りは、疲れにくいけど、高いとこから降りるときなんて怖いですよね((;゚Д゚))
必至にロープをつかみながら恐る恐る降りたり・・・

途中の東屋で休憩してたら、眠くなってきたので、横になってたら本当に寝てしまった(´ー`)zzz
1時間ほどしたところで、人の声で目覚めて、寝ぼけまなこのまま先に進んだ。

そして出口に到着(´∀`)
6時間ぐらいの登山でした。
時間こそ短いけど、昨日より大変だった。
登山は苦労するに限るね。

明日も登山。

屋久島(縄文杉)へ
朝5時前に自然と目が覚めた。
朝食にお茶漬けを食べて、5時半にライダーハウスを出た。

屋久島にきたからには、まず縄文杉は見ないとね。
縄文杉の登山は往復10時間はかかるようなので、7時には登山口に行くのが掟らしい。
バイクで走って6時半ころに登山口についたら、駐車スペースは車でいっぱいで、なんとかバイクをおくスペースがあった。
バイクはぼく以外にレンタルバイクが一台だけだ。

さて、駐車場にいっぱい人はいるけど、朝食なのかみんな飯を食べている。
入り口はたしか遊歩道じゃなくて、トロッコの線路を歩くんですよね。
でも、誰も入り口に入ってかないから、入っていいのかよくわからない・・・
だって、間違っててトロッコに轢かれたら嫌じゃん・・・
んー、でも、時間がもったいないからトロッコ道に足を進めた。
ちなみに、片道10キロ程です。

線路の道は枕木と歩幅がまったく合わないので歩き辛いヽ('A`;)ノ
CIMG4086.jpg

少し歩くと前のグループに追いついてしまった。
大名行列状態だヽ(´Д`;)ノ
どうやら、ほとんどのグループはガイドつきで、道で止まっては説明をしている。
その隙にぼくは追い抜いて、どんどん進む。
ところで、このグループの最後尾のおじさんは手ぶら。
CIMG4090.jpg


ぼくもモロ私服で人のこと言えないけど、自分の昼飯ぐらい持とうよ・・・
そう、やっぱりほとんどの人は登山の格好しています。
ぼくみたいにジーパンに革靴、ショルダーバックなんて、山をなめてるのかよって・・・
結婚式に私服できたって感じ・・・

そして線路の道は長々と続く・・・
ここなら好きなだけスタンドバイミーができます・・・
線路道だけあって、坂もずっと緩やかでぜんぜん楽勝(・∀・)

ところで、屋久島の森の特徴は太い杉があるのと、その太い杉が倒れた切り株にさらに木が生えるところだ。
CIMG4109.jpg


木の上に木が伸びて、すごい(´∀`)
普通の長さの杉がスラっと伸びてるところは樹海と同じような感じ。
屋久島も木々に囲まれて、昼でも薄暗いけど、樹海のように怖くはない。
やっぱりイメージと人がたくさんいるからかな(´ヘ`?)
まあ、樹海はほんとに居るからね・・・

途中に小学校跡がある。
CIMG4153.jpg


こんなトロッコの線路しかつながってないとこに集落があったらしいΣ(゚Д゚;)
なにやら林業のために集落を作ったらしい。
鉱山集落ならよく知ってるけど、林業で集落作るとは初耳だ!
残念ながら、建物はなにもなくて、コンクリートの土台だけ何かありました。

そして線路道を歩くこと2時間、8kmぐらいで線路道は終点で、ここからが本当の登山。
岩道あり。
CIMG4113.jpg


根っこ道あり。
CIMG4115.jpg


ここから登りになってて執念場だ(・∀・)
さすがに階段の長いところは息は切れるけど、グロッキーまではいきません。
坂もあるけど、少し降りたり、平地もまだ多いので、思ったより楽だ。
これに比べたら、お遍路で登った山のほうが大変だったさ。

少ししてウィルソン切り株という、縄文杉に次ぐ観光ポイントがある。
これは一番古い切り株で、中に人がたくさん入れるぐらいでかい。
中から見上げた画像。
CIMG4136.jpg

写真じゃ伝えられないけど、ここの中は神秘的だった(´ー`)
でも、周りに観光客はいっぱい。

そしてさらにゼーゼーと道を進むこと2時間。
CIMG4124.jpg

とうとう縄文杉についたー。
人いっぱいいるんだろうなー、と思ってたら、誰もいない(・∀・)
どうやらぼくは抜いて抜いて抜きまくって、観光軍団を全部抜き去ったようだ(≧∀≦)
ソロ登山家はまったくみなくて、しかもほとんどがガイドつきのグループだった。
道も迷うはずもないとこなのに、なんでそんなにガイドが流行ってるんだ・・・?
ま、他の人が来るまで5分ぐらい縄文杉を一人締めしました。
丈々しく、荒々しく、そびえ立つ縄文杉。
ここまで他にも太い木はあったけど、縄文杉はケタが違う。
太いというかなんか筋肉モリモリな感じ。
でも、ぼくは意外にもウィルソン切り株の中のほうがよかったかな。

そしてもうちょっと先の山小屋まで行って、昼飯におにぎりを頬張って、本と読みながら休憩。

さあ、元来た道を戻ろう。
下りだから楽だろうと思ったけど、やっぱり長い・・・
おっ、野鹿ちゃんが近づいてくる(・∀・)
CIMG4146.jpg

ここまで野鹿は何匹か見たけど、近づこうとするとすぐに白いおしりをフリフリして逃げていく。
しかし、こいつは木の上にいるサルが落とした実を食べに近づいてくる。
ここが限界の近さだった。
野鹿ちゃんかわいい(*´Д`*)

あと、やっぱり森に蛇がいた・・・Σ(゚Д゚;)
危うく踏みそうになってびびった・・・

もうちょっとでゴールだーって辺りで、後ろから足音が近づいてきた。
まさか獣!って思ったけど、ソロ登山家だった!
ぼくよりもハイペースとは、さてはかなりの手馴れだな(・∀・)
ぼくは車も歩きも煽られるのは嫌いなので道をゆずった。
グングン離されていったけど、その手馴れのおじさんは橋で写真を撮っていたので追いついた。
話してみるとやっぱりよく来てるみたいで、今日は他の登山口にレンタカーできて、こっちからタクシーで戻るみたい。
そっか、それなら元来た道に戻らなくてもいいんだなー。

そしてゴール(≧∀≦)
往復、休憩込みで8時間かかりました。
でも、平地も多くて楽だったので、ちょっと物足りなかった・・・

バイクで帰る途中に、道端でサルがたくさん毛繕いをしているΣ(゚Д゚;)
しかも近寄っても逃げない。
CIMG4165.jpg

君はなんて目でこっちを見てるんだ!
でも、サルはあまりかわいくないな・・・

スーパーで買いだししてライダーハウスに戻った。

明日はもっときつい山に登ろうかな。
屋久島へ
健康ランドの仮眠室で目覚ましよりも早く5時に目が覚めてしまったので、
そのまま起きて7時に出発。

屋久島行きのフェリー受付場所はわかりずらくて、一般者侵入禁止って書いてる先の倉庫の中ってどういうことよヽ(´Д`;)ノ
二等で片道5000円ぐらいと、バイクが2700円。
そして出航した。
二等の部屋には女子高生の軍団がいた(*´Д`*)
屋久島に何しに行くんだろう。
ちなみに、バイクはぼく以外に小型スクーターのおじさんだけだった。

船の中では、海を見るか、本を読むか、寝るかって感じだ。
航海すること4時間、屋久島が見えた!
IMG_7977.jpg


南国って雰囲気ではないけど、鹿児島より暖かい。
IMG_7979.jpg

フェリーでついたのはお昼なので、とりあえず昼飯を食べて、バイクで一周することにした。

島を一周するメイン道路には滝が二つある。
トローキの滝を見に行くとき、なぜか遊歩道にカニが歩いていた。
陸カニなんていたっけな(´ヘ`?)
トローキの滝は遠くからしか見えなくて、小さめだけど、なかなか良かったと思った。
今まで滝見て、いまいちが多かったけど、何か良かった。
大川の滝はでかくて、ほんとにいいかもね。
IMG_7987.jpg

観光バスと一緒になってしまって、滝の周りは人だらけだったが・・・

屋久島の一周道路は3/4が片側1車線で走りやすい道だけど、西側の区間が林道並みにクネクネだ。
ぼくは60kmぐらいでトロトロ走ってても、後ろから車が迫ってくるどころか、前の車に追いついてしまう。
さすが島国はスローライフなのかな~(´∀`)
いつもは後ろから車がきたら、せっかくマッタリ走ってたのにコンチクショーってちぎりにかかります(´ー`;)

おっと、丘の上に廃墟のような建物がある。
道を曲がって近づいてみると、廃墟だ(´∀`)
屋久島に来ても、廃墟巡りかよって・・・(´ー`;)
外側は黒ずんだコンクリートだけど、中は改装の工事の跡が。
IMG_8018.jpg

どうやら改装工事が中止になって、そのまま廃墟になったようだ。
IMG_8017.jpg

なんの建物だったんだろう。
それにしても真っ先に便器だけ設置してるのはなぜだ・・・
IMG_8012.jpg

天井も床もロクに整備してないのに、いたるところに便器だけは設置している・・・
現場監督はトイレマニアだったのか。

そして今日の宿、ライダーハウスとまり木に来た。
ライダーが屋久島に来たら、みんなここに泊まるらしい。
ベットかテント泊か選べるので、ぼくは安いテント泊。
しかも、風呂無料、洗濯無料はいいですね。
今日はぼくの他にテントが三つ。
みんなテントをブルーシートで補強して、ここの常連のようだ・・・
なんか常連の人っていうのは、話かけづらいんだよね・・・(´ヘ`;)
それに人の輪に入ってくってのは苦手だな~

あっ、エストレヤに乗ってる子がいます(´∀`)
話す機会があったので、ちょっと話した。
やっぱりぼくのはWに思われていたようだ・・・
エスト乗りにエストに思われないのは、ちょっと残念・・・

明日は縄文杉トレッキング。

鹿児島(鹿児島市)へ
国分キャンプ場というか、第二駐車場のところで寝てたんだけど、
夜の9時ころに眠くてダウンして、11時ころ目が覚めたら、ポコポコ音がるす?(゚Д゚≡゚Д゚)?
はじめは何か機械の音かなと思ってたけど、どうも人が太鼓を叩いてる音のような気がする?
こんな真夜中に?
音は100mほど向うの第一駐車場のほうからするけど、よくわからない。
しかし、機械の音なら、しょうがないと思うけど、わざと人が出してる音だと思うと気になってくるヽ('A`;)ノ
原住民でも住んでるのかよっ
ぼくはその後ブログ更新作業で起きてたんだけど、1時ころまでは続いていた・・・
それにこの公園キャンプ場は、ある程度、街と近いので人の出入りもあるし・・・
朝も出発するときに、道端に珍走団が少し溜まってたり、やはりここの国分キャンプ場は・・・
ネットでもこの前キャンプで一緒だった方の情報でも、夜に騒がしかったという情報があったけど、ほんとだった・・・
広くて設備もあっていいんだけどね~

今日は鹿児島の左下の岬、開聞岳のほうに行きます。
桜島を海越しに進む国道を進む。
鹿児島の道は、山がドーンとあって、海がダーとあって、道がズーンとあるって感じ。
IMG_7949.jpg

山々っていうか、単独で山がある。

知覧に行った。
知覧には終戦まじかのときに特攻の基地があったので、その記念館があります。
こういう建物に各地からパイロットが集まって、最後の夜を過ごして、特攻に発ったという・・・
IMG_7954.jpg

記念館には遺書や遺詠や遺言がたくさん展示されている。
みんな若いのに達筆で言葉も深い。
死にに飛び立つなんて、すごい時代だ・・・
お国にために偉いもんだ(´ヘ`)

でもね、思った。
これって今で言えば、イスラムの爆破テロとやってることは変わらない。
爆破テロなんて、とても残忍な行為で、ゆるせないことだと思ってるけど、
かたや、祖国のことになれば、栄誉ある行為だと思ってしまう・・・
たしかに、イスラムでも爆破テロは栄誉のある行為として称えられているらしい。
戦争当時も、アメリカ側からすれば、特攻なんて残忍な行為だと思われていたのだろうか。
まあ、所詮戦争は両方とも正義で、両方とも悪なのだろう・・・

知覧には薩摩英国館というのもある。
IMG_7957.jpg

イギリス好きっ子には見逃せない。
ここは薩摩藩でもあって、江戸時代に薩摩藩の数人がイギリス留学したことがあって、イギリスと接点があるみたい。
せっかくなので、お昼にフィッシュ&チップスを食べた(サラダ抜き)
CIMG4074.jpg

茶色の液体はハチミツかと思ってパンにかけたら、ドレッシングだった・・・ヽ(´Д`;)ノ

開聞岳に行った。
開聞岳の周遊道路でトンネルがある。
少しだけ光が差し込む、神秘的な雰囲気。
IMG_7966.jpg

自分のバイクの排気音はすさまじく反響していた。

長崎鼻の岬から見る開聞岳はほんとに富士山みたい。
IMG_7972.jpg



地熱発電所の展示室に行った。
無料で、発電の仕組みの映画があって、ボールペンも記念であって、見学も案内してくれる。
しかも、客はぼくだけでガイドのお姉さんと二人っきりで工場案内(*´Д`*)ハアハア
ここは冷却水の部屋でございま~す
CIMG4079.jpg

お姉さんの説明口調は、ちょっと意識しすぎだと思われ・・・(・∀・;)
地熱って、マグマ手前まで数千メートル掘って熱を使ってたんだ・・・すごいかも(・∀・)

そして鹿児島市街に戻って明日のフェリー乗り場をチェック。
明日は朝早く起きて、いよいよ屋久島です(・∀・)
屋久島の便は一日一便で鹿児島から8:30しかないなんて・・・
なので今日は朝早く遅刻しないように、市街の健康ランドに泊まることにした。
健康ランドというかここ太陽ヘルスセンターは、温泉+仮眠室のところ。

入るときに自転車に荷物をたくさん積んだ子がいて、その子も泊まるみたい。
話してみたかったけど、タイミングがなかった・・・(´ヘ`;)
日本一周なのかなー。

明日は屋久島入りです。
鹿児島へ
廃校を出発。
畳で寝るのは硬かった。

近くの人吉駅の裏に横穴古墳があるのでちょっと見て、ブログ更新作業。

そして、えびの高原へ向かった。
クネクネした快走路を昇っていくと、高原に出た。
岩がゴロゴロしてて、湖がある。
IMG_7913.jpg

ちょっと丘の上まで歩いて登って、プチハイキング。
というか、平日なのに路肩にバイク停めるところがないぐらい車がいっぱい・・・
IMG_7914.jpg


繁栄期だと、いったいどうなるんだ・・・
それにしても人が多いけど天気がいい(・∀・)
梅雨はいったいどうしたのだろうか。

レストハウスで足湯に浸かって、昼飯も。

霧島スカイラインを通ったら、途中にひっそりと団地がΣ(゚Д゚;)
IMG_7922.jpg

森の中にひっそりとあって、不気味だった・・・
IMG_7935.jpg


その後、森林の中の道を通ったり。
IMG_7943.jpg

過ぎ去っていく木々。
放物線を描くセンターライン。
隙間から差し込む光。
そんな感じだった。

そして鹿児島の海岸に出た。
桜島が見えるけど、まだそっちには行かない。
時間があったので、南海に行ってオイル交換。
エストは2500kmぐらいで交換と早いよな・・・
CIMG4068.jpg

初めてバイクをオイル交換に出したんだけど、5000円もしたΣ(゚Д゚;)
オイルも高いし、フィルターも高いのしかなかったし、ショップなのにポイパック代もかかるし・・・
自分でやれば3000円でできるのにな・・・(ノд`)
あと、先日からヘッドライトが切れてて、バルブを買った。
新品に交換して出発したのに、8000kmぐらいしか持たなかったな・・・

その後、ホームセンター、スーパー、ビレッジバンガードに行ったりして、国分海水キャンプ場へ行った。
なんと5時でキャンプ場へ入るゲートは厚く閉ざされている・・・
しかも、つい昨日から海岸を工事中で、キャンプ場のある海岸への道は一般車両侵入禁止と看板がある・・・
一般車っぽいのけっこう走ってるけど・・・
でも、手前の公園にも駐車場があって、その横のグランドの駐車場があったので、そこにテントを張ることにした。
ところで、テントのポールが一本割れました・・・
ガムテープで補強したけど、もつかな・・・
CIMG4071.jpg

ガムテープはいろいろ大活躍だな・・・
コールマンはポールだけ買えるのかなー。

明日は鹿児島の佐多岬のほうへ。



熊本(人吉)へ
一緒にキャンプしたVTRさんは、ぼくとは逆方向でこれから雲仙にフェリーで渡るようだ。
旅はハローグッバイ(´ー`)/

ぼくは天草の島を抜けて本島へ。
天草パールラインは、シーサイドでほどほどの道でした。

おおっと、橋からホテルが見える。
どうみても廃墟ですから~(´∀`)
正面に行ってみたら、入り口ガラ開きだったので、お邪魔してみました。
IMG_7866.jpg

かなりの荒れ模様で、足場は瓦礫やガラスの破片が散乱。
暗くてよくわからないけど、なんか黒焦げてるような気が・・・
木の破片が炭のようになってるし、火事があったようだ。
火事になって廃墟になったのか、廃墟になって火事になったか不明。
二階に緑の部屋がよかった(´ー`)
IMG_7882.jpg


熊本近くだったので、市街に行って熊本ラーメンを食べにいった。
駅近くに黒亭ってラーメン屋が0円マップに載ってるけど、黒龍ラーメンってのはある・・・?(゚Д゚≡゚Д゚)?
よくわからんがとりあえず熊本ラーメンみたいだから、そこでいいや。
CIMG4062.jpg

クセのある味付けだけど、まあまあでした。
珍しく若い女の子がラーメンを作ってました(*´Д`*)

熊本に道を南下して、人吉へ。
途中に球線洞という洞窟があります。
他に見るものもたいしてなかったので1000円払って入ってみた。
IMG_7892.jpg

とても長く広い洞窟で、いろんな鐘乳石がいっぱいで神秘の世界・・・みたい。
しかし、通り道は整備されて、ライトが照らされ、貴重なところには網の柵があって、
手の行き届いた感は、洞窟よいうワイルド感が台無しだ・・・
まあ、+600円で探検コースをいうとこにも行けるらしいが・・・
これなら廃墟を探検したほうが楽しいな(・∀・;)

スーパーに寄ったあと、人吉の温泉街に行こうと駐輪場で地図を見てたら、
ちょうど自転車のおじさんが会釈してきたので、温泉街の場所を聞いた。
ちなみに、おじさんはチャリでお遍路したチャリダーのようだ。
そしたらぼくが行くキャンプ場のほうに、出来たばかりでキレイでいいとこがあるというのでそこにした。
たしかに、温泉街の古びた格安のとこだと、シャワーもドライヤーもなくて、昨日の二の舞になりそうだからな・・・
ヘルメット被るので、髪は十分乾かしたいんですよねー。
じゃないと、めちぇめちゃペッチャンコになってしまうんです・・・(ノд`)

ということで、山江温泉健康センターに行った。
設備はキレイで、露天もあって400円と、なかなかよかった(・∀・)

そして今日は廃校に泊まります。
なんと廃校になった小学校に泊まれるようなんです。
廃校ということは廃墟か!?
どういうところかよくわからないけど、予約して行ってみた。
かなりの山奥でこんな奥に学校があるのかってとこまで入っていくと、
学校だけが突然建っている。
IMG_7901.jpg

うーん、期待していたよりも学校っぽくない(´ヘ`)
学校って言われなきゃわからないかな。
というか、人が泊まるだけあって、廃墟ではないです。
IMG_7902.jpg

部屋はベットの洋室と畳の大部屋があって、ベットに素泊まりで900円ぐらいです。
いちおう校庭でキャンプもできるけど、せっかく来たのでベットに泊まります。

今日はぼくの他に、若夫婦ぐらいの8人グループがBBQをしてます。
ぼくは隅っこで一人で自炊・・・



(・∀・)おーい、君も一緒に食べないか?
(`・ω・´)えっ、いいんですか?
(・∀・)こういうのは人が多い方がいいからね
(`・ω・´)では、お邪魔します
BBQで盛り上がって、その内のカワイイ子と仲よくなって・・・



なーんて、小説のような展開はあるわけなく、ぼくは一人で晩ご飯・・・
誰もいないところで一人ならいいけど、目の前にグループでワイワイやってると一人は寂しく感じる・・・
管理人さんと少し話したら、管理人さんは昔ここの生徒だったようで、思い出の場所のようです。

明日はえびの高原へ。
熊本へ
朝テントを開けると軍艦島(・∀・)
IMG_7841.jpg

素晴らしい野宿場所だ。
ちなみに、海の家の廃墟はちゃんと戸締まりされていて、入る余地はなかった・・・

いよいよ軍艦島ともお別れ(ノд`)/
さらば、軍艦島。

そうそう、無くしたウインカーレンズの変わりに適当に買ったレンズをガムテープで止めてみた。
CIMG4050.jpg

ポンコツ度に磨きがかかってかっこいいぜ(≧∀≦)

軍艦島の南の野母崎岬の展望公園にいった。
IMG_7844.jpg

おっと、この角度の軍艦島もいいっすね。
ほんとにこれで見納めっす。

海沿いの森林の道を抜けて、雲仙に向かった。
雲仙グリーンロードで周回して、島原まゆばらロードへ。
雲仙普賢岳を望みながら、いい道だ。
IMG_7856.jpg

山の前の斜面と岩のあとは、昔の噴火の後だろう。
普賢岳が、およそ15年前、ぼくは中学生ぐらいのときニュースで聞いていた覚えがある。
ダムみたいなのがたくさんあると思ってたら、火砕流や土石流のダムのようだ。
IMG_7855.jpg


災害記念館に入った。
入場料が1000円と高いけど、興味があったのだ。
さすが高いだけあって、お姉さんが説明してくれるし、体験型シアターや紙芝居型シアターと、とっても凝っている。
1000円の価値はあるな(・∀・)
CIMG4054.jpg

15年前の災害だけど、自然の恐ろしさをまざまざと感じる。
火砕流に巻き込まれた街は、まるで原爆の被害にあったようだ・・・
でも、規模で考えると原爆のほうが圧倒的にすさまじい・・・
人類は大自然よりも強力な力を手にしたんだなと思うと、なんて恐ろしい世の中なのだろう。
アーメン(´ヘ`)

仁田峠循環道路の有料道路にいったら、ちょうど今一カ月間だけ無料解放でラッキーだった('-'*)

普賢岳には温泉街もあります。
地獄温泉。
0円マップには100円の温泉があるというので行ったのでよくわからない・・・
歩いて探したら、100円の共同浴場みたいなのがあったので入った。
蛇口からは水しかでない・・・
シャンプーもドライヤーもなし・・・
まあ100円だからしょうがないか・・・
でも、火山の街だけあって、お湯はよかった。

そしてフェリーで雲仙から天草にわたって熊本入り。
30分の船旅だけど、バイクをロープで固定しないので、倒れないか不安だった・・・((;゚Д゚))
CIMG4060.jpg


フェリーで降りてすぐのところの公園のキャンプ場へ。
若宮公園キャンプ場。
今回も無料キャンプだけどライダーがいたー(・∀・)
新潟から40日日本一周をしているVTRさん。
IMG_7862.jpg

いろいろ旅話をして、楽しいキャンプでした(´∀`)
VTRさんはとっても装備が充実している。
ACコンバーターにTVとすごいな~(´ー`)
ぼくは荷物ってやっぱり最低限しかないのかなー。
テントのグラントシートになるようなものぐらい用意しよう。

明日は熊本を南下。

長崎周辺
昨日は朝早くてあまり寝てなかったので、ライダーハウスで熟睡した(´ー`)
一緒に泊まったK君は先に発っていった。

ぼくもそろそろと9時に出発!
ハウステンボスに行ってみた。
しかし、なんと入場料が3200円もするのΣ(゚Д゚;)
しかも、入ってからアトラクション代も別なんでしょー。
すでに駐車代で400円も取られたし・・・
やってられっかーヽ(´Д`;)ノ
でも、思ったより客は来ているようだ。
ぼくはオランダの街並みを見てみたかったというか、経営破綻したっていうハウステンボスはどんなもんか見てみたかっただけだからいいや。
手前から見えるとこだけでいいや。
IMG_7712.jpg


佐世保に行った。
佐世保では佐世保バーガーが有名。
ハンバーガー好きっ子としては、押さえておきたいので、マップルに載ってるお店にいった。
ちょうどお店の近くに海上自衛隊の資料館があるのでついでに寄ってみよう(・∀・)
おっ、駐車場に一緒に泊まってたK君のシャドーがあるよ!
佐世保バーガー食べに行くって言ってたけど、同じお店を狙ってたか(´∀`)
とりあえず、ぼくは自衛隊の資料館を見学しにいった。
ふむふむ、日本の戦艦は一時は強かったんだね~。
横須賀の三笠でも勉強したから、戦艦の歴史に詳しくなってきたぞ。

そしてハンバーガー屋に行ってみると、人は並んでないものの、注文してから40分待ちだってΣ(゚Д゚;)
そんなことなら資料館行く前に注文しておけばよかった・・・
ハンバーガー食べてすご他に移動する予定だったので、40分も待っていられず諦めた・・・(ノд`)
これから長崎方面に戻るんだけど、そういや来る途中にも佐世保バーガーのお店があったなと、そっちに行くことにした。
あったあった。らりるれろとかって名前のハンバーガー屋。
エッグバーガー(トマト抜き)を食べました。
うーん、特別うまい・・・かな・・・(´ー`;)
これならモスでもいいな・・・
駐車場に戻ったらすでにK君のシャドーはいなかった。
挨拶ぐらいしたかったね

長崎方面に戻って、情報提供のあった旧長崎刑務所跡を探しにいった。
ぼくはてっきり長崎市にあると思ってたら、昨日平和公園にいたタクシーの運ちゃんに聞いたら、
隣街の諫早市だったみたい。
正確な場所はわからないけど、町までわかったので、その中心部まで行ってみた。
そしたら端っこが崩れてる高い壁あるじゃない(・∀・)
きっとこれだ!
バイクを停めて、歩いて一周することにした。
高い塀なので、まったく中が見えない。
ドアノブの穴から覗いたり、工事現場の山の上から覗いたり。
IMG_7720.jpg

おっ、正門まで来ました。
IMG_7726.jpg

そしたら中に人が居るじゃない。
聞いてみると、なんとなんと見学できるんだって(`・ω・´)
今は土日に一般公開してるみたい。
なんとラッキー(´∀`)

案内の方もいて、他の見学者一人と計3人で刑務所に入っていった。
IMG_7749.jpg

面会室やら作業室、風呂場に食堂。
そして、なんと言っても囚人部屋に独房。
IMG_7757.jpg

こんな超ド級の廃墟に入れるなんて感激(ノд`)
ただ、残留物がないのは、惜しいね。
案内の方はパパっと説明して、もう一人も見学の方はカメラを使ってないので、ぼくはなかなかカメラを撮る時間がありません・・・

30分ぐらいだろうか、一周りして案内は終わったけど、まだカメラに撮り足らなかったので、一人で入らせてもらった(・∀・)
さっき三人で周ってるときはまったく怖くはなかったけど、やっぱり一人だと怖いね。
とくに独房なんて一人で覗いてると、閉じ込められそうで怖いっす((;゚Д゚))
これは病棟の二階からの風景。
IMG_7784.jpg

煉瓦作りがとてもいい。

これは離れの囚人室。
IMG_7813.jpg

ここの天井はキレイに抜け落ちて、日差しが入ってるので撮影ポイントらしい。
これはいつのカレンダーなんだろう。
IMG_7821.jpg

カレンダーの一日一日がとても長かったんだろうね・・・

正門に戻って、少し話を聞くと、先週から公開してからすでに1000人以上が見学しにきたらしい。
ぼくが見学してるときも、チラホラ来てました。
女の子二人組とかもいたよ(`・ω・´)
ほんと意外に女の子も廃墟好きらしいよね。
もう取り壊しが決まってしまったのは、ほんとに無念だ。
ぼくはお化け屋敷にすれば、ブレイク間違いなしだと思いますよ(*´Д`*)

こんな素晴らしい廃墟が見れて、情報をくれた('w')さん、ほんとにサンクス(≧∀≦)

そういや、刑務所の裏に廃団地みたいなのがあったけど、時間がなくて調査できなかった。

そして長崎市に戻った。

途中で気づいたんだけど、ウインカーレンズが一個ないΣ(゚Д゚;)
振動でネジが緩んで取れたのか・・・
ちなみに、エストレヤじゃなくてビラーゴのウインカーに変えてます。
走行に支障はないけど、ずっとむき出しはあまりよくないな・・・
通りかかった南海にもレッドバロンにもない。
純正品ってあまり置いてないよな・・・
これはいつ手に入るかわからないので、とにあえず適当なレンズを買った。
あとでガムテープで無理やりつけておこう・・・

気を取り直して長崎。
ライダーハウスにあったルルブで調べたら、長崎にも中華街があって、そこでちゃんぽんが食べれるようだ。
CIMG4048.jpg

あったあった、中華街(・∀・)
ルルブに載っていたお店の名前は忘れたけど、どの店に入ろうかな~。
と、歩いてたら、店の前でお姉ちゃんが笑顔で
(´∀`)いらっしゃいませ~
と、誘われてしまったので、そこにしました('-'*)
いや、客もけっこう入ってて、入りやすかったからっすよ。
でも、中華なのになんで和服なんだろ~、
ちゃんぽん食べました。
野菜は半分ぐらい残しちゃったけど、うまかったっす(・∀・)

そして軍艦島を見に行った。
昨日は天気悪かったけど、今日は天気がいい。
実は軍艦島が見える海岸で野宿したかったんですよ~(*´Д`*)
昨日、軍艦島に行ったとき、野宿できそな感じだったし。
海岸に到着したら、ちょうどサンセットタイムですよ(*´Д`*)
IMG_7835.jpg

すげえ、夕日に軍艦島。
酒飲みながら、暗くなるまで眺めてました(´ー`)ウットリ
今日はド級の廃墟は見れるし、夕日に染まる軍艦島を拝めたし、もうぼくの人生一生の悔いなしっす。

しかも、テントを張った海岸前の空き地の隣は海の家の廃墟のようだ・・・
朝だな('-'*)

明日は熊本へ。


長崎へ
カエルの合唱がうるさくて、深夜3時に目が覚めた(´~`)
雨はポツポツと小降りだ。
なんか目が覚めてしまって、寝付けない。
まあ、できるだけ早く長崎の軍艦島へのフェリーに行きたいから出発するか。
IMG_7656.jpg

真っ暗な中、撤収作業をして、ちょうど明るくなりはじめる5時頃にバイクのエンジンをかけた。

しばらくは田舎道で朝ということもあり、空いていて快適だ。
天気予報では午後から雨は降る予定だけど、今降っている。
いったいどうなってるんだ!
てか、軍艦島のフェリーも出航するかもわからないが、とにかく行ってみよう。

長崎の市街には目もくれず、とにかくフェリー乗り場を目指した。
途中ガソリンを入れたら、お釣りがプリカってどういうことヽ('A`;)ノ
残りの800円分は使う機会があるのか~!?

フェリー乗り場に着くあたりでは雨も強くなってきた。
がっ、とうとう見えた端島、通称軍艦島(・∀・)
CIMG4033.jpg

画像じゃ見にくいけど、肉眼では確認可能。
あれが、今まで幾度となく写真で見た軍艦島か。
目の前にあるなんてちょっと感動('-'*)

軍艦島を周遊するフェリーはどうやら二つあって、
一つは軍艦島近くから出るのと、
一つは長崎港から出るようだ。

軍艦島近くのは、定期便で予約なしで大丈夫なので、9時発のを目指して軍艦島まで来ました。
8時頃にフェリー乗り場についても、受付がどこかわからない?(゚Д゚≡゚Д゚)?
とりあえず、電話してみたらおじさんが眠たそうな声で、
今日は雨も降ってるし、潮も高そうだから欠航かなー
ヽ(´Д`;)ノ
まあ、けっこう雨降ってきたから、そんな感じがしたけど・・・

念の為、もう一つのフェリー会社に聞いてみたら、1:30から出航予定とのこと(≧∀≦)
こっちの長崎港からでるのは15人以上集まらないとでないようだけど、昼の一便だけ出るみたい。
フェリーはある程度大きくて屋根もあるから、雨でも大丈夫みたい。
なので、昼から軍艦島クルーズ決定。

時間はあるので、平和公園に行った。
CIMG4038.jpg

こっちには原爆ドームのようなインパクトのあるのはないっす。
しかも、記念館に入場料は有料。
広島は無料だったのになー。
入ってみたら、こっちは当時の空爆にあった資材がたくさん展示されてました。
鉄骨とか壁とかコンクリートとか。
し、か、も、黒焦げの写真とかも遠慮なりに展示されてるΣ(゚Д゚;)
これはR12指定にしたほうがいいよな・・・
最後に映画もあるんだけど、被災時の様子のアニメとかすさまじいっす((;゚Д゚))

み、水をください・・・

昼飯は、適当な名物の店が見つからなかったのでジョイフルへ。
日替りランチとドリンクバーとドリンクバー割引券で480円とリーズナブル。
もうジョイフルに住みたいぜ(・∀・)

そしてフェリー出航。
これは長崎港から出るクルージング。
思ったよりも人が多くて、50人ぐらいいるんじゃ。
天気は少しパラついてるだけで、思ったよりマシだ。

クルージングは軍艦島の前に軽いジャブで造船ドックを通過(・∀・)
IMG_7663.jpg

工場マニアや船マニアにもおいしいクルージングとなっております。
こんなとこでイージス艦の修理してるのか。
大丈夫かな、三菱で(・∀・;)

あと、長崎の街並みも見どころっすね。
IMG_7658.jpg

坂の上に密集しているのが長崎の特徴。
Dポータルの記事でもあったけど、たしかにすごい密集具合だ。
あと、街中を走ってるときは、たしかに西洋の雰囲気が残っている街並みで、なんかオサレなとこです。

そしていよいよ軍艦島が近づいてきました(≧∀≦)
IMG_7673.jpg

周りの島とはまったく違うオーラを放ってます。
あれが、学校とか住宅マンションらしい。
IMG_7676.jpg

すごい、やはりすごすぎるぞ、軍艦島(・∀・)
IMG_7684.jpg

コンクリートがここまで風化している物件はないだろうな。
あの地に立てたら、どれほど感動することか。
望遠レンズを持ってこれなかったのが悔やまれる。
この小さな島に当時は5000人が暮らしていたなんて、その時代も見てみたいもんだ。
今では無言のこの島に、当時は東京以上の賑わいがあったのかもね。
人口密集度は、東京の9倍だったらしい。
シルエットはほんとに軍艦だ。
IMG_7694.jpg

ゆっくりと島を一周してクルージングは長崎港へ引き返す。
さらば、軍艦島(ノд`)/
IMG_7704.jpg


軍艦島、ここまで見に来た甲斐はあったなと思った。
ぼくにとって、西日本のいわばハイライトと言っても過言ではなかったからね。

これにて日本一周、完




じゃないよ、まだまだ続くよ。

今日は夜は雨の予報で、近くにライダーハウスがあるので、そこに行くことにした。
佐世保ライダーハウス。
ここはキャンピングカーを宿泊用に改造してて、そこに泊まるんですね。
布団、テレビ、冷暖房に風呂にも入れて1500円は安い!と評判。
ということで、今日はライダーハウス泊まりです。
夜飯は近くで食べようと思ってたらちょうどいいとこがなかったので、コンビニ弁当になってしまった。

今日はどうやらもう一人と相部屋のようだけど、相手はなかなか来ない。
キャンセルしたのかなーと思ってたら、9時頃に到着。
19歳K君は、初めてのロングツーリングみたい(´ー`)
ふふ、先輩風吹かしちゃうぞー
って、ぼくも九州初めてだし・・・
ぼくは25歳ってことになりました(・∀・;)
およそ一回りも違うなんて言えない・・・

明日はまだ長崎を観光かな。









佐賀へ
三連泊したキャンプの撤収作業をしていたら、おじさんが、大丈夫か?
と聞いてきた。
なんのことかと思ったら、三日もテント張りっぱなしだから、ずっと中で寝込んでるのかと思ってたみたい(´ー`;)
滅多にキャンプする人いないとこで三泊もしてたから、やっぱり目立ってたか・・・
心配ありがとう(・∀・)
さらにバイクで出発しようしたときに、パトロール係の人が来て、気をつけてな~
という感じでうれしかったです(´ー`)

九州なんですけど、ぼくは逆時計回りに周ろうと思います。
なぜなら一番見たい軍艦島が長崎だから、早くみたいんです(≧∀≦)
そういや、軍艦島クルーズのことを調べてなかったな~と、ちょっとネットカフェに寄った。
で調べてみると、クルーズは15人集まらないと出向しないようだ。
んー、人気あるんじゃないかなーと思って、電話してみると、明日の土日は一便でるけど、月曜からは未定Σ(゚Д゚;)
ゲゲッ、毎日出てるかなと思ってたけど、土日に行ったほうがいいかも!
しかし、日曜は雨の予報なので、行くなら明日の土曜か。
でも、けっこう距離があるんだよな・・・
とりあえず、考えておこう(´ヘ`)

博多のほうへ向かった。
途中に廃スケート場の情報をもらったので、ちょっと寄って見ることに。
しかし、なんか県道はアッチコッチに曲がってるんで、迷ったヽ(´Д`;)ノ
なんか最近よく道に迷う。
旅で一番のストレスは迷うことじゃないかな(@×@;)

そして、廃スケート場っぽいとこが見つかりました。
IMG_7644.jpg

周りにはゴミとか廃物が散乱していてちょっと不気味だ。
それよりも入り口の敷地内に車が三台も停まっているΣ(゚Д゚;)
うーむ、正面に堂々と停めるとは関係者なのだろうか・・・
しかも、入り口のドアの南京錠も外れてるので、見つかるとやばいかもな・・・
なので撤収しました(´・ω・`)

さらに途中に変な旅館みたいなものもあったけど、様子を見ようとしたら駐車場に人がΣ(゚Д゚;)
なんかどっかの工場の資材置き場になってるのかな・・・
とにかくやめておいた。

まあ、気を取り直して志免に行った。
志免には有名な鉱山遺産があるんですよ。
IMG_7650.jpg


立抗のエレベーター跡っす(≧∀≦)
これが街中にドーンとあって、街のシンボルで、市民に親しまれてる(?)ようです。
立抗の周りには、今は公園で子供の遊び場です。
IMG_7654.jpg

廃墟をバックに遊ぶ子供達という、とっても不思議な場所なんです。

博多へラーメンを食べに目指した。
だが、博多の市内は想像以上に交通量が多いし、道がわからない。
看板も国道じゃなくて、ナントカ通りとかって書かれてもわからないよー(ノд`)
ラーメン屋が載ってる0円マップもアバウトな地図だし、
なによりもバイクを停めれそうなところがなかなか無い(@×@;)
うーむ、博多ってこんなに都会だったとは・・・
ヽ('A`;)ノオラ山に帰りたいっす
今まで来た地方都市は、バイクを停めれそうなところぐらいはあったんだけどな・・・
グルグル走って、なんとかバイクを停めるところが見るかったら、向かいにラーメン屋があったのでそこに入ってみた。
もう、0円マップのラーメン屋を探す気力はなかった・・・
CIMG4030.jpg

んー、まあこんなもんかな・・・
博多ラーメンなのかどうなのかよくわからなかったけど・・・

さらに久留米にも行ってラーメンを食べようと思った。
博多を出るのも道に迷って大変だったけど、なんとか脱出。
0円マップを頼りに探したけど、やっぱ地図がアバウトだな・・・
なんとか見つかったけど、夕方前の時間は閉店してました・・・(ノд`)
うーん、マップルに載ってるラーメン屋に行ってみた。
CIMG4031.jpg

これ久留米ラーメンじゃないよな・・・
てか、昨日の夜から三連続でトンコツラーメンです・・・

そんでもう5時ですよ。
宿どうしよう。
てかね、明日から雨の予報に変わってて、軍艦島どうしよう(´・ω・`)
クルーズできなきゃ先に進めないし、この先ずっと天気も悪そうだし、なんか何も決めれないっす。
もう九州も梅雨に入ったのかなー。
とにかく今日はどうしよう。
明日軍艦島に行くなら少しでも長崎のほうへ行かないと間に合わないから、とにかく長崎の方へ行こうか。
行ったからといって、クルーズは欠航になるかもしれないし、出向しても雨で見晴らし悪いけど・・・
でも、この先の天気もずっと悪いからな・・・(´・ω・`)
でもでも、とにかく土日を逃すと平日は人数集まるかわからないからな・・・
なんか今まで天気良かったのに、いきなり最悪っす・・・・
寝床も決まらない、予定も決まらない・・・

とにかく、佐賀のほうへ進んだ。
もう暗くなっちゃうけど、宿どうしようかなー。
今日は暗くなるまでトコトン走ってみようかなー。
と走ってたら、雨が降ってきた・・・Σ(゚Д゚;)
予報だと明日の昼からだったのにー。
最悪の場合、ネットカフェや健康ランドとして、東屋があるとこを探そう。
マップル見るとちょっと街を外れた位置に公園が載ってたので、目指してみるとうまい具合に東屋がある(・∀・)
バイクを乗り入れたらいけなそうだけど、誰もいないからいっか・・・
ということで、今日は佐賀で雨の東屋野宿になりました。
そろそろ暖かくなってきたから、初テントなしで過ごしてみっか。
うむ、雨の日はカエルの合唱がうるさい・・・(・◇・)ゲコゲコ

明日は・・・とりあえず長崎へ。
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。